カテゴリ:最近の1枚( 280 )
横浜で No finder、東京で No AC adapter...(9月18日更新分)
Yokohama Bay Bridge (view from the ship)
(GXR + A12 28mm F2.5 / 横浜港クルーズ「マリンシャトル」)

色々ありまして、毎日更新のはずのこの写真雑記ブログを3日間お休みしていましたが、3日前の内容から補完しつつ再開したいと思います。
昨日までの3日間は公私絡めて東京・横浜へ行っていたわけですが、まぁ凹むことが多くて大変でした。
と言っても、がん告知というものがあって以来、いくら凹んでも(前向きか逃避は別にして)立ち直れるようになっていますが…

ともあれ3日前の日曜日、3連休の中日に羽田へ。
リムジンバスで横浜へ入って、みなとみらい在住の超ジモティーな友達と合流して、まずは昼飯(もちろん中華)。
と、そこまでは良かったのですが…

何もしてない、ぶつけてないのに、いきなり GXR の液晶が割れた。

何を言ってるのか、わからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった…(AA略)
いや、マジで…
俺自身、訳がわからなかった。

昼飯を食ってから友達と超久しぶりに山下公園へ行ってみると(東京在住時は1回くらいしか来なかった気が…)、
トライアスロンの大会が開かれていて海側は通れなくなっていたが、
走り終えた選手が休憩したり、自転車のメンテナンスしているエリアを時々写真を撮りつつ、大桟橋の方へ歩いていた。
GXR はストラップを肩から掛けていたが、基本的に手で持っていた。

そして、ある場所で1枚撮って、そのまま十数m 移動して、また一枚。
…と思ったら、背面液晶の画面が乱れていて「あーなんか暑すぎて暴走したかなー」とか思って、電源を ON/OFF。
でも直らない。
んで、よーく液晶を見たら少し割れている加減!?

は?まさか!?ですよ。
ぶつけても当ててもない(人にも物にも接触ないし、アクセサリー類も付けてない)
まさに

「わけがわからないよ」~`( ◕‿‿◕ )´~

きゅうべえじゃなくても言いたくなる。
自分の過失なら自分の責任だから諦めもつくし、何か不可抗力で割れたなら、それも仕方ないと思える。
でも、全く訳がわからない 30秒か1分の間に割れてしまったのでは、どうしようもない。

(リコー銀座へ持ち込んだ際に技術者の人とお話ししたところ、ぶつけたのではなく、面圧力がかかって割れたとしか考えられない、とのことでした。暑さとかは関係なく、あり得るのは自分の身体と液晶面が接触した際に割れたと…)

この GXR の背面液晶破損の件については、GXR が戻ってきてから改めてメインブログかココかに書こうと思っています。
リコーの対応は親切なものでしたが、原因については判らないので、今後気をつける方法も判らないので困っています。
(リコーの方に気をつける点を聞いても、困っていたくらい)

どんなによく写るカメラであっても、どんなに操作性の良いカメラであっても、突然壊れてるようでは…
というのは、リコーに最大限親切な対応をしてもらっても(無償修理を求めてないけど無償修理になった)あります。不安です。

というか、横浜についてすぐに背面液晶が壊れて、あっという間に8割以上が視認不能になってしまったので、
GXR で撮影しようにも困難を極めることになってしまいました。

一眼レフなら光学ファインダーと上面の設定パネルがあるので一定の撮影は可能ですが、
コンパクトデジカメ同様 GXR も背面液晶がないと、構図も設定もできない状況になります。
外付け EVF があれば良いのでしょうが、そんなものは持っていませんしね…

ということで、その後初めて横浜港クルーズを体験したのですが、GXR での写真撮影はノーファインダー状態。
それでも 28mm や 50mm という画角は、それなりに使ってきて身体にある程度は染み付いているせいか、大きな破綻なく撮れていた気はします。

とはいえ、ちゃんと合焦しているかどうかはイマイチ判らず、
構図やタイミングは殆ど判らないので、上記の写真も太陽がベイブリッジの橋脚にかかる瞬間からズレているし、
水平が狂っていたりなんてのもありました(下記写真はまだマシな方)。

そして、何よりも露出ミスが多かった。
一応アンダー目に撮ったつもりだったのですが、それでもシーンによってはダメダメ。
とにかく設定関係は全然確認できず、適当に撮るしかなかったですからね…

Yokohama City view through Bay Bridge
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 横浜港クルーズ「マリンシャトル」)

とにかく、旅の出鼻でこうなってはガックリもいいところ。
今まで数多くのデジタルカメラを使ってきましたが、こんなことは初めてでした。
否が応でも GXR に対する信頼感は失墜です。
少し前に、やはり別の原因で背面液晶が見づらくなって修理したばかりですからね。
写真なんて、まず撮れてナンボです。
それ以外は二の次ですから。
カメラヲタなら触ってるだけ見てるだけでも良いのでしょうが、私にそんな趣味はないですし。

後日のリコーの対応もあって、GXR はしばらく維持する方向で思い直していますが、この時は「窓から投げ捨てろ」な気分でした。
もっとも GXR に対する信頼感は今でも落ちたままですから、今後使う機会は減っていくような気はします。

というわけで、横浜港クルーズのあとは、日産スタジアムへ移動してガンバ vs 横浜Fマリノスの試合を観戦。
今日の横浜行きの主目的はコレ、首位決戦。
横浜の友人がサッカーを観戦してみたいけど一人では…というので、アウェイ横浜戦へ行くことにして誘った次第。

結果は 1-1 の引き分けだったけれども、内容はそこそこ濃かったので、結果以外は満足。
サッカー初観戦の友人も満足してくれたようで何より。

特にマリノスが毎度の引きこもりカウンターワンパターンな糞サッカーだったのでガンバのパスサッカー、攻撃サッカーが際立っていた。
特に後半はガンバらしい華麗なサッカーだったので、友人にもガンバ大阪の魅力が存分に伝わっただろう。
だからこそ、勝てる試合を勝てなかったのは痛いけれど、マリノスも守備だけは素晴らしいから仕方ないし、2位クラブ相手のアウェイで勝ち点1なら文句は言えない。

そんなこんなで東京へ戻ってきて、ホテルにチェックイン。
そして MacBook Air を取り出して… AC アダプターを忘れた! orz

さすがにコレは自分の落ち度。だけど、GXR のこともあって凹みまくり。
メールやウェブなどは iPad 2 があれば、ある程度のことはこなせるので問題ない。
有線→無線LAN コンバーターも持って来てなかったが、iPad 2 は 3G モデルだから問題なかった。

なので、4時間ほど稼働できる MacBook Air のバッテリーは、仕事でどうしても必要になった時のために待機させることになった。
ただ、有線→無線LAN コンバーターだけではなく、iPad 用カメラコネクションキットも持ってきてなかったので、
この日撮った写真を取り込んでブログ更新はできなかったので、帰ってきた翌日の今、こうやって更新しているのでした…
[PR]
by dbl-h | 2011-09-18 23:59 | 最近の1枚
no look, no finder
one shot at Oharai-machi street
(GXR + A12 28mm F2.5 / おはらい町通り@伊勢神宮(内宮)前)

数日前に伊勢神宮へ行った際、おはらい町通りを歩きながら、首からぶらさげた GXR をノーファインダーで何枚かパチリ。
ただ、それだけの写真だけれども、たまにやると構図が新鮮だったりして、普通に撮るより気に入ったりする。

とはいえ、いつも思うんだけど、ノーファインダー撮影ってのは、どこかしら盗撮っぽい感じがある。
公序良俗に反する写真を撮ってるわけでもないし、犯罪および類する行為をしているわけでもないが、
決して公序良俗に反しない写真を意図して撮ってないだけに、逆に微妙である。

などと書くと、スナップ撮影をする方々などから文句を言われそうだけれども、
本人がどう思ってるかの問題じゃなくて、傍から見た場合の問題だからね。
ノーファインダーで撮る、というのがカメラ好きの常識としてあっても、一般世間的にどうか?という問題はある。

そして、何が写ってるか撮影者本人がしっかりと把握できないということは
被写体となってしまった人・物の所有者から糾弾を受ける可能性は常にあるとも言える。
知らないで撮ってしまっていた、などというのは、この場合通用しない可能性もある。

それと似たようなことで、もう一つ。

カメラ関係の雑誌やウェブ媒体、さらには個人ブログの記事などを読んでいると、
角度変更可能な外付けファインダーを付けて、ローライやアングルファインダーのように
上から覗き込む形で撮影すると目立たないだの、さりげないだのと書かれてる記事を見ることがあるが、
それを見るたび、どんだけ自分基準なんだよ…と失笑したりする。

この日もオリンパス PEN に VF-2 らしきファインダーを付けて、上から覗いて撮っていた人がいたけれど、
普通の写真の撮り方と違う分、逆に目立ってたように思う。

まぁ上から除いて撮るってのは、意外と楽な条件も多いというのは、私も感じているけど、
目立たないとか、さりげないというのは有り得んだろ〜と、いつも思う。
[PR]
by dbl-h | 2011-09-16 23:52 | 最近の1枚
牛肉サミット2011 PR トレイン
Keihan Gyuniku Summit Train
(GXR + A12 28mm F2.5 / 唐橋前)

けいおん!ラッピング電車が話題になっている京阪石山坂本線であるが、
以前も書いたようにこの路線では数多くのラッピング電車が走っている。

今日、友達から「牛肉サミット 2011 PR トレイン」の写真が送られてきたけれど、
私も撮っていたのを思い出して、他にネタもないので、その「牛肉サミット 2011 PR トレイン」で一枚。
まぁこの写真は速攻ボツ写真だったんですけどね(^_^;)

あ、メインブログに他愛もない雑文記事を載っけてます。
当初、別記事の枕のするつもりの話だったんですが、全く関係ない話を記事の枕に持ってくるのもどうかと思って独立記事にしましたが…

Jobs 氏、Apple CEO 退任について徒然

メインブログの方は毎回ある種の経験記事レビュー記事で長々と書いているけれど、
本当はもうちょっと短めの記事で雑文でも何でも更新頻度を上げたほうがいいのかな?
と思ったりするけど、まぁ無理かな。
文才もないし、ネタもないしね…
[PR]
by dbl-h | 2011-08-25 23:45 | 最近の1枚
日の丸構図でゴメンナサイ
the road sign of the old Tokaido street
(GXR + A12 28mm F2.5 / 唐橋前)

う〜む、酷い日の丸構図。
と思ったので、反省のために晒しておく。

なんで、こんな写真になっちゃたのか。
たぶん何も考えてなくて、面倒くさくてパッと撮っただけだから以外にない。
最近、そういう写真ばかり…

機材が勿体ないよね。
そう思う。
写真にも人生にも覇気というものがないな、最近。
困ったもんだ…(´・ω・`)
[PR]
by dbl-h | 2011-08-23 23:33 | 最近の1枚
太陽の塔と大阪モノレール
Tower of the Sun and Osaka Monorail
(PowerShot S90 / 85mm 相当 / 大阪大学医学部附属病院)

今日は家族が退院したのだが、今朝の退院時は小雨模様だったので、一昨日の写真をまた一枚。
自分が入院・手術した時も含めて見慣れた景色だが、また見たい景色ではないなぁ。

冬場の澄んだ日は、左手には生駒山や東大阪の街並みが一望できるし、
正面は梅田その他の大阪市内の高層ビル群と、その先には和歌山県境の和泉山脈がハッキリ見える。
右手には六甲山が見え、その先には淡路島や明石海峡大橋すら見える。

万博丘陵の上に立つ高いビルから見える景色だから、非常に眺めが良いけれど、
やっぱり自分にしろ家族にしろ、ここからの景色を毎日見る羽目にはなりたくなりもんだ…

昨晩は Google がモトローラの携帯電話部門を買収するというビックリ仰天な話があった。
訴訟合戦に対抗するための特許保有が目的だろうとしても、5年後に Google がどういう施策を取っているかなんて誰にも判らない。
オープンを標榜する Google だけど、Google の根本を成すのは PageRank と Adwords という特許であって
結局“都合の良い部分だけオープン”であるのは他企業と大差ない。

盛者必衰の理が常に働く業界だけに 5年後10年後には、どう様変わりしているか。
今をときめく Apple、Facebook、Google がどうなっているか。
Don't be evil を標榜していた Google がどう変節しているか。
いや、世界が、日本がどう変わってしまっているのか。

そういうのを見たいと思うだけでも、少しでも長生きしたいと思うし、
病院の窓から景色を眺めているよりも、世の中をきっちり見ていたいと思う。
[PR]
by dbl-h | 2011-08-16 23:16 | 最近の1枚
軒先を掠めて
the train passing over front of the house
(GXR + A12 28mm F2.5 / 京阪石山坂本線 唐橋前駅近く)

先日、大津は瀬田の唐橋へ諸々食べに行った時の一枚。
正直なんかちょっと違うんだよね…撮りたいイメージと。

そう思うけど、通りがかりに上下線1本ずつ撮っただけでは全く満足したものが撮れなかった。
単に、電車を撮る、だけならともかく、そうじゃないんだよね…
う〜ん、このあたりの引っ掛かりを超えられないと、ダメ写真連発のまま、写真がまた嫌いになりそうだ。

同じことはヒコーキでもサッカーでもそう。
ヒコーキの場合は、イメージはいくつもできているのだが、それをちゃんとした写真にするためにどう撮っていくか。
ロケハンして色々思い描くことはあるが結論は出ないし、むしろダメもとで足を踏み出していくしかないのかもしれない。

サッカーの場合は、もう普通に撮るだけなら誰しもやってる状況になったので、全く撮る気はなくなってる。
単なる素人記録写真じゃなく、きちんとしたスポーツ写真として自分なりにどう撮っていくか、撮れるのか。
それに対する方向性や撮り方が見えて、モチベーションがまた上がればいいなぁ…と思って入るのだけど、さて…
[PR]
by dbl-h | 2011-08-15 22:57 | 最近の1枚
特に何事もない夏の日の空
blue summer sky
(PowerShot S90 / 35mm 相当)

全くもって最近は、腑抜けた意味のない写真の連続で申し訳ない。
今日もまた適当に撮った1枚でしかない。

で、相変わらず XPERIA Mini Pro を可愛がり(環境構築)しているわけですが、
Mini Pro は基本的に「iPhone と同じ使い方」をすることを念頭に構築しています。
iPhone が壊れた時というか、iPhone の代替機としての役割を担わせようと。

もっとも国際版の端末ですので、FOMA プラスエリアに対応していないという大きな欠点があるため、
SIM ロックフリーの iPad 2 みたいに「ソフトバンクが圏外になる場所での代替端末」的な使い方は、ほぼできません。
ソフトバンクが繋がらないような場所でドコモが繋がる場合の多くは、プラスエリアですからね…

iPhone でも自分なりの環境構築には悩みますが、Android の場合には更に幾つかの点で悩む点が増えます。
1つ目は、ウィジェットがあるので、それをどう活かすか。
2つ目は、iPhone に比べて内蔵ストレージ容量が極端に少ない分、アプリサイズも気になります。
3つ目は、何でもかんでもバックグラウンドで動かすアプリが多いので、ウィジェットも含めて負荷も考えなきゃなりません。
(バッテリー消費の問題にも大きく響いてくるので)

そういう意味では、環境構築が大好きな人、それ自体が目的な人には堪らない Android ですが、
つくづく iPhone のシンプルな設計や制限付きのマルチタスクは楽だな〜と思います。

まぁ「Android は使うのが楽しいのではなく、使えるようにするのが楽しい」なんて言葉もありますから、
ちまちまとやっていきますかね。

というか、8割方は終わってるのですが、イマイチ Twitter クライアントがしっくり来ないんですよね…
[PR]
by dbl-h | 2011-08-09 23:59 | 最近の1枚
夏空というよりは…
the sky at the northgate of Osaka Station
(GXR + A12 28mm F2.5 / 大阪駅)

8月に入ったばかりといえば、真夏も真夏。
盛夏お見舞い申し上げます、である。

だが、確かに昼下がりはウンザリする暑さではあるけれども、
朝晩の涼しさを思うと、どこか真夏というよりは残暑の季節を思わせる。
8月というよりは9月。
少なくとも8月上旬ではなく、9月上旬のような気候だ。

空もどことなく、夏の空というよりは初秋の空を思わせることが多い。
ピーカン夏空に入道雲もくもく、という感じがあまりない。

ま、個人的には「冷夏万歳!」「暑い夏なんてイラネ!」であるから、歓迎であるけれども、
それとともに、やはり微妙にどこか物足りない気はする。
いや、別に暑いのは全くなくても結構だし、朝晩くらいは多少涼しさがないと辛いのだが、
なんていうのかな、“夏空に入道雲”っていう空はキライじゃないからさ…見るだけなら :-D

さて、今朝メインブログの方でローソンの iTunes Card 割引の話を記事にしておいた。

ローソンで iTunesCard 取り扱い開始&ポイント20%還元中!

今ひとつメジャーではない Ponta カードでのポイント還元というせいか、あまり話題にもなってないし、ブログ記事へのアクセス数も少ない。
私自身、6月のキャンペーンでたんまり仕入れてチャージしてあるし、
その後 MacBook Air を買ったときにも2割引で更に買ってあるので、当面は要らないんだよね…
[PR]
by dbl-h | 2011-08-02 23:30 | 最近の1枚
アストラムライン
Hiroshima Astram Line
(PowerShot S90 / 85mm 相当 / アストラムライン)

先日書いたように、愛用の PowerShot S90 も、もうすぐ買ってから2年になる。
これだけ長く愛用し続けたコンパクトデジカメは久しぶりであると同時に、
いささかガタが来てるのでは?と思うこともある。

私のカメラの中では(コンパクトということもあって)一番粗雑な使われ方をされているのだが、
メカ部分も含めて大きな問題は起きていない。
のだけれども、やっぱりちょっとピントがズレてきてるかな?と最近は感じる。

と同時に、一番感じるのは、どうもレンズのコーティングがダメになってきたのかな?と。
撮る写真がフレアっぽくなることがかなり増えている。
以前はこれほどフレアっぽくなることもなかったから、やっぱりコーティングが…なんて思ったりする昨今だ。

今年の秋には PowerShot S95 の後継機が発売されるだろうから、
一応それを次期主力コンパクトデジカメの第一候補にしているのだが、
S95 の完成度が非常に高かった分、次はどうなるんだろう?とは思う。

オリンパスやリコーのようなマニア受けする機種ではないけれど、高い次元でバランスが取れた S9x。
亀ヲタが絶賛するようなカメラじゃないからこそ、気に入ってた部分もあった(笑)
後継機はどうなるのか想像がつかないだけに、楽しみでもあるし、不安でもある…
[PR]
by dbl-h | 2011-07-26 23:34 | 最近の1枚
鄙びた郊外を行くアストラムライン
Astram Line at the suburb of Hiroshima
(PowerShot S90 / 85mm 相当 / アストラムライン)

一昨日の広島での一風景。
アストラムラインをちょっと撮りたい気持ちはあって、ある場所でのイメージも、撮るポイントも、
ほぼ固まってはいるのだけど、一眼+超望遠レンズを持ちだしていくようなことではないので、なかなか撮る機会に恵まれない。
というか、広島は3〜4回に1回くらいしか晴れてない気がするんだよね…
[PR]
by dbl-h | 2011-07-25 23:39 | 最近の1枚