<   2009年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧
瀬戸大橋線車中から (2)
Seto Inland Sea (Seto-Naikai) view from Great Seto Bridge

瀬戸大橋の上からの車窓。
冬晴れではあったものの、海上はそれなりに霞があり、また電車の窓を通してだったので、元画像からはそれなりに手を入れている。
DMC-G1 の画質は、フルサイズや APS-H のデジタル一眼レフの画質に慣れていると決して満足できるものではないが、元々高画質を望めない車窓機窓にはピッタリな感じだ。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-09 12:48 | ちょっと前の1枚
瀬戸大橋線車中から与島
Yoshima Island view from train window

ちょっと前の1枚、というには古すぎる今年初めの写真だが、冬晴れの日に日帰りで金比羅山へ行った時の一枚。
この頃はまだ DMC-G1 を使い始めて1〜2ヶ月といったところで、まだまだ使いこなせていなかったが、それでもかなりお気に入りになっていた。
飛行機からでも列車からでも、車窓機窓を撮るのが大好きな私だが、その時に使うのにピッタリなカメラが今までなかった。
車窓機窓を撮る場合には被写体ブレが起きやすいので、シャッター速度優先AE を使うことも多々あるのだが、コンパクトデジカメだとシャッター速度優先AE が使えるモノが少ない。
それにコンパクトデジカメだと、シャッター速度を稼ぐために少しでも感度を上げると画質が非常に悪くなる。
かといって、大きなデジタル一眼を常に座席に出しておくと、仕事その他でノートパソコンの一つも広げられず、そもそも出張などでデジタル一眼を持って行くのは微妙すぎる。
そんなエアポケットなところに上手くハマったのが DMC-G1。
デジタル一眼ほど大きくなく、標準ズームだけなら割と気軽に持ち出せるサイズと重量。
けれど、コンパクトデジカメとは違って撮影自由度はデジタル一眼並み。
動体相手は難しくとも、車窓機窓の撮影は被写体を追いかけるようなことはないから、まさに具合がいい。
今に至るまで、この半年、機窓車窓を撮るたびに DMC-G1 を買って良かったと思っている。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-08 12:46 | ちょっと前の1枚
DMC-G1 × 飛行機@千里川 (13)
Test of DMC-G1 shooting the airplane (13) with sunset

動体相手では思ったようにコントロールできない DMC-G1。
それが判っていても何とかしたくなる DMC-G1。
世間(ネット)で必要以上に持ち上げられていれば否定したくなり、使ったこともないヤツ、使いこなそうともしないヤツが貶していれば、やっぱり否定したくなる。
決してダメなカメラではなく、目をつぶるところはあっても良いカメラ。
でも、自分のメインの被写体には合わないカメラ。
そんな、自分にとって矛盾に満ちた DMC-G1 を買ったことは、本当に良かった。
それだけは言える。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-07 18:06 | 最近の1枚
DMC-G1 × 飛行機@千里川 (12)
Test of DMC-G1 shooting the airplane (12) JAL's B767-300

DMC-G1 +望遠ズームでは AF-C が話にならないので、再び LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0 にレンズを変えて撮影。
DMC-G1 である限り、こういう条件下で AF-C がまともに機能するわけがないが、縮小すれば見られるくらいには AF が合った一枚。
望遠ズームよりは広角側の方が、まだ AF が迅速に合いやすいし、被写界深度が深い分だけ写真になる(当たり前のことだが)。
AF だけでなく、ファインダーやシャッターのこともあって、思うようなタイミングでシャッターで切れないのは凄くストレスが溜まることだし、撮ってみなきゃ判らないと言うのは辛すぎるが、それでもどこか DMC-G1 に期待してしまう。
一部の人間がこのカメラで動体撮りも問題ないとか言ってるのを見るとアホかと思うくらい(どんだけ低レベルな話なのかとも思う)、自分の中では動体撮りには全く不向きのカメラと断定しているけれど、それでも何とかできるのではないかと未だに思ってしまう。
無駄な労力と判っていても、やっぱり頑張ってしまう、それくらいの魅力はあるカメラだ…
[PR]
by dbl-h | 2009-06-06 11:48 | 最近の1枚
DMC-G1 × 飛行機@千里川 (11)
Test of DMC-G1 shooting the airplane (10) ANA's B767-300

望遠ズームで夕暮れの着陸機を狙ったシーンをもう1枚。
前回の写真ほど完全ピンぼけではないが(といっても、このサイズではあまり差が判らないけれど)、それなりの一眼レフならジャスピンが(100%ではなくても)普通に来るシーンなので、なんとなくピントが来てるレベルでもあったらラッキー、な DMC-G1 は辛い。
伊丹のように近場の空港なら、重量級一眼&レンズを持ってくることに問題はないし、旅でも飛行機撮りを目的としたなら躊躇いはない。
けれど、別の目的で旅に出たり、出張に出かけている時に、そういったカメラ&レンズを持ち出すのは無理だ。
その時に DMC-G1 のコンパクトさ、軽量さは本当に魅力になる。
画質を考えなければ、旅先スナップとして DMC-G1 は素晴らしい相棒になる。
だからこそ、もう少し動体相手でも撮れてくれたらなぁ…と思って、厳しいことを言ってしまう。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-05 14:39 | 最近の1枚
DMC-G1 × 飛行機@千里川 (10)
Test of DMC-G1 shooting the airplane (11) ANA's B777-300

千里川での定番ショットと言えば、超広角で着陸機を狙う構図が有名だが、もう1つ定番と言えば夕陽を絡めたショット。
陽の短い季節以外は、角度は変わるものの、だいたい狙える(千里川以外でも展望デッキなど、夕陽絡みを狙える場所は伊丹空港には多い)。
というわけで、望遠ズームで狙ってみたものの、悉くピンぼけのミスショット。
完全逆光での超望遠、そして動体撮影というのは、一眼レフでも厳しい条件。
それでなくとも夕暮れ近くなって照度が落ちてくると、AFが途端に怪しくなってくる DMC-G1 では、ほとんど諦めるしかない被写体になる。
この写真も実は、完全にピンボケしている。
速攻没カットものだが、このサイズまでリサイズするとピンぼけが目立たなくなるので、とりあえず掲載してみた。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-04 15:55 | 最近の1枚
DMC-G1 × 飛行機@千里川 (9)
Test of DMC-G1 shooting the airplane (8) ANA's B777-200

千里川定番の、頭上通過直後の着陸機を広角で撮る構図をもう一枚。
マイクロフォーサーズ初号機の、そして初の本格的コントラスト式AF 採用一眼(もどき)である DMC-G1 に多くを望んではいけないと判っていつつも、静止体相手の AF が予想以上に素晴らしかっただけに、動体に対する戦闘力の無さは残念でもある。
AF-C だけでなく、動体追従のためにカメラを振っている時のファインダーの問題、シャッタータイムラグ、ファインダー消失時間、連写モード時にファインダーが見えなくなる…など、動体撮影には非常に問題は多い。
それらの多くは、これからの技術の進歩を待たなければならないが、だからこそ今後に期待はしている。
数年後には、ナイトゲームのサッカーみたいな条件は無理にしても、せめて昼間の旅客機くらいは問題なく撮れるくらいにはなってくれると、信じている。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-03 12:11 | 最近の1枚
DMC-G1 × 飛行機@千里川 (8)
Test of DMC-G1 shooting the airplane (7) ANA's A320-200

千里川@伊丹空港での広角ショットと言えば、最も有名なのがこのアングル。
直陸寸前の飛行機が頭上すぐ上を通過した直後を、広角で大きく飛行機を入れて撮影…
のはずなのだが、DMC-G1 の AF-C 追従能力では、ここまで離れたところで合焦すれば何とか、という状況。
それゆえに、千里川×超広角レンズで撮るような、目一杯飛行機を入れて撮るというわけにはいかない。
滑走路中央線延長線上に立って反り返るように着陸してくる飛行機を待ち、ファインダー内に飛行機を捉えると同時に、飛行機を追いかけつつ AF-C を追従させて合焦したと同時にシャッターを切るのだけれども…
一瞬で合焦してくれる(それなりのお値段な)一眼レフとは違って DMC-G1 では、ここまで離れてから合焦する確率が2分の1〜3分の1。
すぐ頭上を高速で移動し、なおかつ飛行機底面は暗いために合焦はしにくい。
コントラスト式AF には、まだまだ厳しすぎる条件。
そんなことは判ってはいるけれど、DMC-G1(そしてミラーレス機)のコンパクトさは何にも得難いものなので、将来の技術進歩には期待してしまう。
だから、ついついチャレンジしてしまう。
少しでも何とかならないものだろうか?と。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-02 12:11 | 最近の1枚
DMC-G1 × 飛行機@千里川 (7)
Test of DMC-G1 shooting the airplane (9) ANA's A320-200

せっかくの、バリアングル液晶搭載 (DMC-G1) +超広角 (LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0) という組み合わせなので、それにふさわしいアングルを探してみたのだが…今ひとつ?
バリアングル液晶+超広角という組み合わせは、結構面白い使い方があると思うのだが、それを生かせるだけのセンスを持ち合わせてないのが悔しい。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-01 11:03 | 最近の1枚