<   2009年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧
伊勢湾グルッと旅 by iPhone 3GS (4)
今日は青春18切符の消化が目的の旅。最終目的地の常滑は友達の希望だったが、単に行くのは芸がないからと伊勢湾を一周しつつ、また盛り沢山すぎてしまった。かなり金も使って、何のための青春18旅か判らなくなってしまった。反省。
(iPhone 3GS + TiltShift Generator アプリで加工)

iPhone 3GS で旅写真シリーズ最後は、TiltShift Generator アプリで加工した写真にしてみた。
ミニチュア模型的な写真が撮れる&写真を加工するティルトシフト系のアプリやオールドカメラ風な写真にするアプリはいくつもあって人気だが、確かにそういったアーティスティックな加工をすれば、ケータイカメラとしての性能の悪さは(多少)隠すことができる。
個人的にその系統の加工は決して好みではないのだが(だから E-P1 のアートフィルターは全く使ったことがない)、iPhone のようなケータイカメラなら時々はアリかな?なんて思ったりする。
何よりこういったことをパソコン要らずでiPhone 内でウェブへのアップロード掲載も含めて完結できてしまうのだが、iPhone の魅力だ。
以前にも書いたが、(設定で切らない限り)写真を撮れば GPS 位置が EXIF に記録されるし、それを後からパソコンでも iPhone 内でも見ることが可能であるから(iPhone 内で見るにはアプリが必要)、撮影メモとしては抜群に便利である。
そして何度も書くが、撮影した写真を加工し、写真共有サイトなどへのアップロードまでこなす。
iPod 由来の写真ライブラリ機能もあるし、それについて不満があれば解消するアプリも存在する。
写真を撮る人、写真が好きな人にこそ便利だと思える携帯が iPhone 3GS だと、今は思う。
近年ケータイカメラを全く使わなかった私が、すっかり変わってしまったのは自分でも驚きだ。

疲れ切りますた。帰る。 北風が心地良い涼やかな黄昏。中部空港でヒコーキ撮りたかったな~
帰りの常滑駅にて。友達が行きたいと言う常滑へ行くのに、東海道線&名鉄往復で今イチ面白くないと思って、鳥羽からフェリー×2、バス、名鉄乗り継ぎでやってきたわけだが、ちょっとやりすぎだった。
盛りだくさんすぎて余裕がなかったし(当然!)、何より青春18きっぷでのマッタリ節約旅のはずが、結構な出費になってしまった…反省である。

やきもの散歩道を散策していたら、こんな飲み物発見。ダメもとで飲んでみたら、単なる甘い飲み物だった。もっと濃厚なキャラメル味かと思った。
旅とは関係ないが、常滑で発見して飲んでみたジュース。濃厚どろりキャラメル味を想像していたが、あっさり飲みやすい甘さだった。
[PR]
by dbl-h | 2009-09-29 10:15 | 最近の1枚
伊勢湾グルッと旅 by iPhone 3GS (3)
伊良湖岬灯台。暑い…朝方は半袖では寒すぎたくらいなのに。
(iPhone 3GS@伊良湖岬灯台)

引き続き、青春18きっぷ消化のための伊勢湾一周日帰り旅での iPhone 3GS 写真の続き。
DMC-G1 と E-P1 を持って行って、G1 には標準ズーム 14-45mm、E-P1 には超広角ズーム 7-14mm を付けていたのだが、今回は超広角を使いたいと思う場面が少なかったせいもあって、E-P1 はほとんど使わずじまいだった。
DMC-G1 ではそれなりに枚数を撮影したのだが、後から見てみると、当然だが旅の記念スナップ程度でしかなく、なんかわざわざ手間暇かける気力も出てこなかったり。
画質は今イチ以下だが、こんな iPhone 3GS の写真で十分かもなぁ…なんて思ったりする。
おまけに旅先から twitter 投稿がてら既に flickr へアップロードしてあるので、自宅に戻ってからアレコレと作業しなくても済むからラクチンでもあるしね。
少し前までは、こんな画質では許せもしなかったし、家できっちり整理、レタッチしないと気が済まなかったが、最近はもうこだわらなくなったというか…

また、フェリーに乗った。 暑いけど、昼前から良い天気になって、ご機嫌な船旅日和。しかし、ずっとiPhoneを使ってるので、ちょくちょく eneloop L2S で充電していても、どんどんバッテリーが減りまくってヤバい。
伊良湖岬で1時間ほど散策して(もっとゆっくりしたかったが…)、再びフェリーに乗る。

フェリー降りてすぐ、ローカルなバスに乗って移動。 河和から名鉄特急で移動。まだまだ終わらんよ。つーか、名鉄特急もどんだけぶりかな~
渥美半島の先端から知多半島の先へ船で渡り、師崎港からバス、河和から名鉄特急を乗り継いで…

最終目的地、常滑到着。 さすが常滑。急傾斜危険地域の傾斜を焼物ギャラリーにしとる。
旅の最後は、友達が行ってみたいと言っていた常滑、焼き物の町である。
[PR]
by dbl-h | 2009-09-28 15:57 | 最近の1枚
伊勢湾グルッと旅 by iPhone 3GS (2)
鳥羽から伊良湖岬の間、伊勢湾のちょうど湾口部を結ぶ伊勢湾フェリーは、リーズナブルな料金で楽しめる、ちょっとした船旅。昔はよく来ていた。
(iPhone 3GS + Photogene アプリで水平補正)

青春18きっぷで鳥羽に着いて小1時間散策した後は、伊勢湾フェリーへ。
右に太平洋、左に伊勢湾を眺めながら、鳥羽から伊良湖岬まで1時間の船旅。
このフェリーは結構お気に入りで、昔は東京大阪を車で移動する時にも、たまに使ってみたりしたものだった。

15年ぶりくらいに乗るのだ(^o^) 出港でごんす
鳥羽港の桟橋、そして出航直後の鳥羽湾内にて。
こういうシーンだと 1024pixels で見ても、そこそこまともに見えるのだが…

伊勢湾フェリーの船内アナウンス、めっちゃアニメ声でワロス。萌え声を狙って採用したのか?とりあえず、ほのぼのするのは事実だw もうすぐ伊良湖岬。フェリーにアンテナがついてるのか、ソフトバンクでも伊勢湾フェリーの船内は、ずっとバリ3でした。
途中、右手に見える菅島と近づく伊良湖岬(ボケてるが正面に小さく海沿いに建つのが灯台)
[PR]
by dbl-h | 2009-09-27 10:46 | 最近の1枚
伊勢湾グルッと旅 by iPhone 3GS (1)
鳥羽で小一時間ぶらぶら
(iPhone 3GS 撮って出し)

もう少し iPhone 3GS の写真でお茶を濁してみる(^_^;)
北海道から帰ってきて1週間も経たないうちに出かけた日帰り旅は、青春18きっぷの残りを消化する旅。
夏の青春18きっぷの有効期限が迫ってきた日に、友達と軽く日帰り旅として向かったのは伊勢方面。
当初は全く別方向(大阪より西)を考えていたのだけど、家を出て駅まで向かう間に心変わり。
草津から草津線、関西本線の単線・非電化の超ローカル区間、紀勢本線から参宮線とローカル電車の旅をして鳥羽へ向かった。
久々に乗ってみたが、なかなか雰囲気のある良い路線だ。
こういう雰囲気のある路線は関西の周囲にはあまりないしねぇ…(関東には意外と残ってるんだけど)

柘植〜亀山の関西本線超ローカル区間なんて、ほんと久しぶり!電車は新しかったが、こんなローカル線用の電車もロングシートになっていて、ちょっと興醒め。 亀山から紀勢本線。この路線に乗るのは関西本線以上に久しぶり。1両ワンマンカーだもんな~
関西本線柘植〜亀山間の2両編成ディーゼルカーに、亀山〜鳥羽間を走る1両のみのディーゼルカー

単線ローカル線をマッタリ乗り継いで鳥羽へ。鉄写真では有名な参宮線池の浦シーサイド付近を車内からiPhoneで一枚
鉄道写真では有名なスポット、参宮線池の浦シーサイド付近を車内から。
iPhone 3GS 内でレタッチして彩度を上げたら変な写真になってしまった…orz
[PR]
by dbl-h | 2009-09-26 12:31 | 最近の1枚
晩夏・道北 by iPhone 3GS (4)
リス人慣れすぎ
(iPhone 3GS + Photogene アプリでトリミング)

北海道4日目、ドライブ3日目。
摩周温泉に泊まって、15時には旭川空港へ戻らないといけない行程だが(関西から北海道は千歳と旭川にしか直行便がなく、今月末をもって愛用してきた旭川便も廃止)、ギリギリまで摩周湖、屈斜路湖、美幌峠と立ち寄った。
北海道各地のドライブを幾度となくこなし、いつも時間ギリギリでレンタカー屋に帰ってくるのに慣れてしまってるせいか、これだけ距離が離れていてもギリギリまで観光して、計算通りに空港へ到着する自分が怖い(?)
写真は、摩周湖の展望台横に生息するリス。
餌台があるくらいなので人に慣れまくってるわけだが、とにかく種をほおばる様子は愛らしいとしかいいようがない。
細々と動くリスを iPhone 3GS で撮ってトリミングしているので、さすがに画質は厳しいものがあるが…

ずっと摩周湖のターン 屈斜路湖@美幌峠なう。今から16時のヒコーキで帰るべく、空港までダッシュ!旭川空港だけど(爆)
展望台からの摩周湖、美幌峠からの屈斜路湖

美幌峠でソフト食って、旭川空港へ!美幌町からR39で行くか、R333で行くかは悩むな… 美幌町からR333経由で約3時間。ほぼ想定通りで旭川着。空港に行く前に旭川ラーメンを食す。前に、旭川で知り合った人に連れて行ってもらった橙屋へ。
美幌峠で食ったソフトクリームと、今回の旅の〆で食った旭川ラーメン(橙屋)
美幌からR39で戻ってくるつもりだったが、友人が最後にラーメンを食いたいというので R333 経由で少しでも早く戻ってきてラーメンタイムを捻出。

レンタカー返して空港へ。チェックインして鬼門の旭川空港手荷物検査も、超久しぶりに一発OK。2月も4月もほとんど同じ機材なのにね!?(むしろ今日が一番多いかも?) 帰りまで良い天気でした。ヒコーキ撮りのタイミングだけ天気悪かったのが返す返すも残念。帰りもいつもの1Aだけど、本州は天気悪いから下界の景色は期待できないよなー。
最後は時間に余裕を持って出発50分前には旭川空港のレンタカー屋へ。次はいつ来れるか…関西〜旭川便廃止で、旭川空港で乗り降りするのは当分ないだろうな…
[PR]
by dbl-h | 2009-09-25 11:10 | ちょっと前の1枚
晩夏・道北 by iPhone 3GS (3)
オシンコシンの滝@知床。5時頃
(iPhone 3GS。たぶん無修正)

北海道旅3日目、友人と合流してドライブ2日目。
この日も絶好の天気で、恐ろしい勢いで道北から道東へ移動(でも最低限の風景スポットはきちんと立ち寄ったし、個人的に寄りたかった紋別空港にも寄った)。
じっくり写真撮りなら稚内に連泊してサロベツ原野に撮りに行ったり、個人的には稚内空港でヒコーキ撮りをしたかったのだけど、友人に希望を聞いたら、どんどんイケイケということになった。
学生時代から道北も道東も幾度となく来ている私と違って、友人は意外にも道北も道東も初めてだというので、今回は駆け足ながらも「道北道東紹介」的な旅でもいいかな、と。
良すぎるくらい良い天気なんてことは、滅多にないしね。
とはいえ、さすがにこの日の行程は疲れ気味だった…(と思ったけど、3年前はほとんど変わらない行程を一人でドライブ&写真撮影していたのだった)

ノシャップ岬なう。夕陽がキレイなノシャップ岬に朝に来るのもアレだが(笑) ノシャップ岬のあと、稚内公園へ。稚内湾を見渡してから、日本最北のファストフード?すき家で朝飯食って、宗谷岬へ向かいちう。
稚内市街に泊まり、朝イチですぐ近くのノシャップ岬、そして稚内公園へ。
(稚内公園からは稚内湾を一望できるのだが、逆光で iPhone ではまともな写真にならなかった)

日本最北なう@宗谷岬 宗谷岬から先、オホーツクラインは圏外まくり。
稚内に来たのだから、とりあえず宗谷岬。私はもう飽き飽きしてるけど。

能取湖。まだサンゴソウは赤くない。わかっていたけど。 網走天都山なう。知床連山もしっかり見える。でも、風がきつくて寒い。
サンゴソウの季節には少し早い能取湖と、天都山から網走市街と遠く知床連山を望む

今日は、8時前に稚内のホテル発→ノシャップ岬→稚内公園→稚内すき家(笑)→宗谷岬→オホーツクライン南下→紋別空港ロケハン→能取湖→網走天都山→知床オシンコシンの滝→知床峠→弟子屈・摩周温泉泊、のロングドライブ盛り沢山だった… 知床峠から羅臼岳@6時。
ハァ?稚内から1日でどこまで行くんや!?という感じで知床峠へ

日本の固有領土を望む@知床峠 本日の夕暮れ@ウトロ。まだまだドライブちう~
知床峠から見る日本の固有領土・国後島。日本で国境を意識できる数少ない場所。
(知床や野付半島に来れば、二島返還なんて有り得ないことが判る)
ウトロからの夕暮れは、ピンぼけ。ちなみに、この日の宿は摩周温泉。
[PR]
by dbl-h | 2009-09-24 12:02 | ちょっと前の1枚
晩夏・道北 by iPhone 3GS (2)
本日の夕暮れ
(iPhone 3GS + Photogene アプリでトリミング、傾きなど補正)

北海道旅2日目、道内には素晴らしいドライブロードがあるが、その中でも一、二を争う道道106号線から、日没直後の利尻島を望んだところ。
台風通過後で素晴らしく視程の良い、何度も来ている私も久しぶりにこんな綺麗な利尻と夕暮れを見ることができた。
1D MarkIII でも撮影していたが、そちらでは思っていたような写真が撮れなかったこともあり、撮影データーは放置プレイになっているし、今後も放置したままになりそう(もしくは全捨てかな…)。
この日は昼すぎまで旭川空港周辺でヒコーキ撮りの予定だったが、朝からどんより曇り空だったので、午前中2時間ほどは旭山動物園で気分転換、昼から1時間ほどヒコーキ撮りのロケハンをして、この日旭川入りにした友達と合流して一路北へ。
昼すぎまでの旭川はどんより曇り空だったが、夕方にかけて急速に天候回復し、さらに北へ行けば行くほど真っ青な空が広がっていた。
2時頃に旭川を出て、道央道→ R40 → r119 でオロロンラインへ出て、なんとか利尻島を目の前にする位置での夕暮れに間に合った。

夏休みが終わったこともあって、入園前の行列も大したことない。でも半袖は俺だけ(爆)。か~な~り、寒い! 気温15.7℃。半袖で寒いのも当然!
開園前に旭山動物園へ到着。半袖は俺だけ…寒いと思ったら15℃とか!9月1日なのに!?

冬だけでなく夏もペンギンは大人気だな~ とりあえずヒコーキ撮りに戻るべく、そろそろ旭山撤退。新設の、エゾシカの森は微妙だった…
ペンギンは夏でも人気だったが、さすがに夏休み終了直後なので人はさほど多くなかった。

iPhoneにて、その1@道道106号線。有名な風車の列 iPhoneにて、その2@道道106号線。どこまでも真っ直ぐな道。
道道106号線。まさに北海道!最果て!を感じさせてくれる道路。

iPhoneにて、その3@道道106号線。利尻富士に沈む夕陽。
利尻へ沈み行く夕陽
[PR]
by dbl-h | 2009-09-23 11:44 | ちょっと前の1枚
晩夏・道北 by iPhone 3GS (1)
東側の大雪山も日没後に紅く染まってくれた。空の焼けはイマイチだったり、今日のヒコーキ撮りは収穫なしだったが、最後に美瑛の丘が暮れ赤く染まった景色を見て、来て良かった、と。
(iPhone 3GS。Photogene アプリでトリミング&色調整)

昨日、livedoor Blog の方に書いた「個人的な興味で iPhone 3GS と F100fd と E-P1 を比較撮影してみた」という記事でも述べたように、iPhone 3GS を購入してからスナップカメラ、メモカメラにおける iPhone 3GS の比率が半端なく高まっている。
近年ケータイカメラを全く使わなくなっていたから尚更であり、その変化には自分自身で驚くくらいだ。
その理由などについては livedoor Blog の記事の方に書いているので詳しく繰り返さないが、iPhone 3GS 購入したのをキッカケに休止状態から復活した twitter へ写真とともに投稿するのが本当に楽であるし、様々なアプリを使うことでパソコンなしに iPhone 内で完結できる、ということが大きい。
といっても、やはり画質的には所詮ケータイカメラ、それも日本のケータイからすると、ちょっと遅れてるレベルのカメラだから、写真を撮るカメラとしてはなかなか厳しい。
例えば上で載せている写真、多少トリミングしたのちに加工してから 1024pixels サイズに縮小しているのだが、元が解像感ゼロの甘甘写真だから、縮小しても厳しい(ので、iPhone 3GS のアプリでちょっと絵画調な色彩に変えてアップロードした)。
livedoor Blog の記事で書いたように、普通のブログ用写真として 500pixels ほどに縮小して見せるならほとんど問題ないが、XGA サイズ(1024x768pixels)になると、いささか厳しい(特に上記写真のように照度が低いシーンでは無理がある)。
そのため、一応写真ブログ的にしているこちらのブログに iPhone 3GS の写真は掲載しないつもりだったが、画質が悪くても twitter で流されてしまうだけの写真を少し載せておいても良いかと思ったので、少し掲載してみる。
もちろん、まともなカメラで撮った写真の整理が一向に捗らず、ネタ切れの苦し紛れということは否定しない(^_^;)
いつもは1日1枚だが、iPhone 3GS シリーズに関しては、後半に 500pixels サイズでの写真を何枚かまとめて載せてみる。
今回は、月初めの北海道行き初日のメモ写真である。

関空連絡橋なう。どんより曇り空。視程は悪くない。ま、関空で取る訳じゃなあから関係ないけど。 関空なう。関空のJAL国内線カウンターはJGCカウンターがあるのに、預け入れ荷物のチェックレーンが合同だから意味ないわ〜と毎度思う。今日も団体さんにハマる…orz
関空へ向かうはるかの車窓(りんくうJCT)と、関空搭乗口付近

今から搭乗なう。全機退役が決まってるMD-81に乗るのも、数えるくらいかな。 旭川空港ビル対面ポイントなう。10早着、優先で預け入れ荷物取って、一番でレンタカー借りて、一番近い定番ポイントで、離陸2便、着陸1便。元々ない腕が鈍りすぎ。天気もどんより曇り空。テンション上がらんわー
搭乗した JAL MD-81、旭川空港の飛行機撮りで最も有名なポイント

定番ポイントで離着陸2便ずつ撮ってから、就実の丘周辺でロケハン。その後また定番ポイントに戻って離着陸1便ずつ。他のポイントでテストしたかったが、色々あっていつもの所に来てしまったが反省材料。 日が暮れる前の最後のチャンスは、離陸2便捨てて、北瑛で着陸機狙い。相変らず、頭の中のイメージと実際の構図がマッチせず敗退(>_<)。曇り空だから試し撃ちではあるが、凹む。便数が少ないし、頻繁に来れる所でもないし…orz
ヒコーキ写真が撮れる天候でもないので、主にロケハン
(最近有名になってきた?就実の丘と、北瑛かしわ園近く)

今日のヒコーキ撮りは終了。美瑛をつらつらとドライブしてたら、一瞬日射しが。でもまた曇り。空も焼けそうにないし、もう撤退。西の方は晴れてるんだけどなぁ。丘の上から見る旭川市内は陽が照ってるし。もう少し青空に頑張って欲しかった。 西の方の空以外は一面雲のままだったので、ホテルへ撤退しようと思いつつ粘っていたら、少し焼けた。いかんせん雲が多すぎだが、台風云々で天気が微妙な日和の最後にしては良かったかも。
さすがに、こういうシーンはケータイカメラではお手上げ…
[PR]
by dbl-h | 2009-09-22 12:01 | ちょっと前の1枚
つらつらと伊勢湾一周 by E-P1 (2)
the lighthouse of Cape Irago-misaki
(E-P1 + LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0)

購入からずっと批判的に書いているような気がする E-P1 だが、ちゃんと良いところも書いておきたい。
先日 DMC-GF1 がリリースされて唯一ではなくなったとはいえ、コンパクトスタイルのレンズ交換式デジタルカメラとしては初物だったことは、今なお大いに評価されるべきだ。
私も購入前に触って山ほど不満点はあったし、正直未完成品を出してきた嫌いはある上、イベントでの質疑応答でオリンパスの企業姿勢にも疑問を感じたが、結局“初の”“(当時)唯一の”という点だけをとっても買ってしまった。
今は“唯一”という点はなくなったし、“初の”という点ももはや何の優位点にもなりはしないけれど、だからといって価値がそう落ちたわけでもない。
このサイズのレンズ交換式カメラなのに、ボディ内手ぶれ補正内蔵という点は高く評価されるべきだろう。
DMC-GF1 は手ぶれ補正はレンズ側ということもあってフラッシュを内蔵してきたが、この点においては、基本的にレンズ内手ぶれ補正を支持する私も手ぶれ補正を内蔵した E-P1 の方を高く評価している。
また、デジタル水平器を内蔵し、変則的ではあるが2ダイアルを小さなボディに入れ込んだことも高く評価されるべきだろう(デフォルト設定における2ダイアルの操作方法は、2ダイアルを入れたことを意味を無にするアホ設定になってるが、自分で変更すれば有効に使える)。
デザインは個人的には全く好きになれないが、世の中にはこのデザインを支持する人もいるし、質感という点ではコンパクトデジカメの延長である GF1 などパナソニックのマイクロフォーサーズ機よりずっと良い。
(個人的にはシルバー一択と思って買ったのに、あとからホワイトにしておけば良かった…と思うこと 64回だったりしますけどね…シルバーはやっぱり爺臭い)
その中身はともかく、手に取った際に“機械を持った感”があるのは確実に E-P1 である。
とにかくカメラバックへの収まりはいいし、撮っていても一眼のような圧迫感を周囲に与えないのは事実。
とまぁ、良い点も色々ある。
というか、なければ不満たらたら書きつつも、2ヶ月半も使ってきていない。
悪い点もあるけれど良い点もあるよ、ということはちゃんと表明しておかないと…と思う昨今だった(本音を言えば、良い点もあるけど悪い点はずーーーっと多いよ、だけど :-)
写真は、伊良湖岬灯台。
[PR]
by dbl-h | 2009-09-21 11:26 | 最近の1枚
つらつらと伊勢湾一周 by E-P1 (1)
Toba Port and Sakatejima Island
(E-P1 + LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0)

このところ全く写真の整理ができていない。
月初めの北海道行きの写真はほとんど手つかずのままだし、先日青春18きっぷの期限切れ直前に消化しに行った旅で撮った写真も大半が未整理。
唯一、その青春18きっぷ旅の E-P1 で撮った写真は十数枚しかなかったので、サクッと整理してしまえた。
というか、ショボいながらも何とかまだまともに撮れてるのが2〜3枚くらいだったので、整理も糞もなかったわけだが。
写真はそんな中の1枚。
どうってことのない、鳥羽湾の写真。
鳥羽駅すぐ近くの海べりで何となく撮っただけの1枚なので、特に何も言うことはない…
[PR]
by dbl-h | 2009-09-20 11:50 | 最近の1枚