<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
特別塗装機記録三題
ANA's GUNDAM JET at RJOO 1

今日は久しぶりに、空港で打ち合わせ。
打ち合わせ直前に、ANA ガンダムジェットが伊丹空港に少々遅れて着陸。
天気が悪かったのでメインマウントの EF システムは持って出ず(一応仕事だし)、GXR 一式のみ。
水蒸気多めの条件では GXR + P10 では昼間でも歯が立たず、置きピンだの何だのしても無意味。
だけど、ブログサイズくらいなら何とか。

JAL's ARASHI JET (view from the restaurant)

滑走路の見えるレストラン「収穫祭」に入って、昼飯を食べながら打ち合わせ。
ANA ガンダムジェットに続き、JAL 嵐ジェットもやってきて 17番スポットに入ったので、レストランの中から一枚。

JAL's WAKUWAKU ALOHA JET at dusk

日没前後に JAL アロハジェットが来るのは判っていたが、GXR しか持ってこなかったので、打ち合わせが終わったら帰る…
つもりだったが、空港内のカフェで2時間弱ほど仕事してから到着を待って撮影。
このくらいの暗さになると、GXR + P10 での滑走路撮影は“飛行機が写ってる”程度になるので、スポットに入ってから A12 50mm で撮影。
17番スポットに入ってくれれば良かったが、18番だったので 50mm では少々トリミング。

記録写真ばかりだが、1日で特別塗装機3機まとめて見られたということで。
特に珍しいわけではないが…記録写真でも何でも撮れる時に撮っておかないとねぇ。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-11 22:34 | 昨日今日の1枚
晩秋清水寺散歩 #6 穏やかなる日和の中に
the distant view of Kiyomizu-dera temple

奥の院から下っていく帰り道から、ほんの少し離れたところから。ちょうど本堂の向かいあたりになる。
清水の舞台(本堂)は隠れているが、三重塔、経堂、田村堂などが見え、左手に京都市街も少し。
ほんの少し入ったところだけど、人はあまり来ない場所。
一番良いと思われたポジションは、ずっと一人のオッサンが占拠したままで動かなかったので、少し違うところから一枚。
写真を撮りに行ったわけではないので、五条坂から20カット前後しか撮らなかったが、自分的に気に入ったのは、この写真くらいだった。
縮小してると判らないが、もうちょっとシャキッと写ってるかな…と思ったのだが、腕が悪いのか、仕方ないのか。

今これを書く前に、久しぶりに GXR スレを見たら、リコーからアンケートが来ていたみたいですね。
私はまだユーザー登録してなかったので、答えることができず、残念。
ひと通り使って良し悪しまとめてから、ユーザー登録しようと思っていたので…

というのも、ユーザー登録時のコメントに書く内容は少し使ってからにしたかったことと、
GXR の場合は速攻売り飛ばす可能性も込みで購入したので…

さすがにもう、速攻売り飛ばしはなくなりました(笑)
どれだけ長く使うかは、まだ疑問ですが。
そのことについては、また稿を改めて。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-10 23:41 | 最近の1枚
晩秋清水寺散歩 #5 紅葉写真っぽい何か2
yellow leaves

昨日にも増して酷い“紅葉写真っぽい何か”

とりあえず何枚か紅葉写真でも撮っとくか〜と思ったら、一応こんな感じで背景ボケな色づいた葉っぱ写真は、定番。
ありきたりで、どうしようもないけど、せっかく A12 50mm MACRO を持ってるんだし、マクロなレンジは使うことも滅多にないし…
ということで撮ろうと思うが、少し風があって、収まるのを待ってるけどピント合わねー。

しばらく風止み待ちはしていたけれど、写真撮りに来てる訳でもないし!ということで適当に撮って、当然ピンぼけ気味。
機械に頼れるものは頼る私としては、「A12 系ユニットでも、遅くて良いからフォーカスブラケット欲しいね!」なんて思ったり。
(あ、一昨日メインブログに書いた記事に抜けてたことの一つでした。後日追記するか…)

なんてヘボ写真を「記録写真、記録写真」とか言い訳しながら、ブログにアップしてる進歩のない私ですが、
写真家・塙真一氏のブログの昨日の記事を読んで、色々と考えさせられたり。

記録写真と記憶写真 | 塙 真一のBlog

なるほどなぁ…と思ったり。
そして、自分の写真は記憶写真か?記録写真か?と思ったり。

色々思うことはあるけれど、長くなりそうなので、またいずれの機会にでもグダグダと。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-09 22:52 | 最近の1枚
晩秋清水寺散歩 #4 紅葉写真っぽい何か
colored leaves at Kiyomizu-dera temple

今日は午後から大阪に所用を一つこなしたあと、友達に連行されて神戸ルミナリエへ。
ルミナリエでは iPhone 4 以外に GXR + A12 28mm で多少写真は撮ったものの、何の芸もない記録写真のみ。
というか、それ以外に撮れる要素がないと思う。まだ、取り込んで見てないけど。

そんな単なる記録写真は、気が向けば(ネタが切れれば)掲載することもあるかもしれないが、とりあえず割愛。
けれど、これまた載せる写真は1週間前の記録写真。
清水寺散歩時に撮った、紅葉写真…みたいな何か。

この時、「紅葉は見るだけにしよう」、そう思いつつも、紅葉がそれっぽく撮れるところがあるなら撮るか…
と思って、撮った数枚のうちの一枚。

正直、紅葉写真って、もう、よく判らない。
デジタル一眼レフを購入して1〜2年の頃はメチャクチャ撮りました。その頃は撮るだけで楽しかった。
元々、秋はドライブばかりしていたし、あの頃は Z3 でオープン紅葉ドライブを毎週どこかで楽しんでいたから、
林道で車を止め、屋根のない運転席から紅葉を撮ったりもしていたし、三脚据えて撮ったりもしていた。

でも、今は自分が撮った拙い紅葉写真を見るくらいなら、Flickr で contact した人たちの素晴らしい写真を見てれば十分では…なんて思う。
毎日毎日、素晴らしい写真、味のある写真、自分では到底撮れないような写真がアップされてくる。
翻って、自分の写真を見れば、紅葉写真のような何か、でしかない。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-08 23:36 | 最近の1枚
晩秋清水寺散歩 #3 記念撮影
taking the souvenir photo

デジタル一眼レフユーザーが増えたとはいえ、こういった状況ではケータイとコンパクトカメラがほとんどで、それぞれ半々くらいか。
こういった状況で GXR やミラーレス機は、一眼レフの空気読めない感を出さずに、一眼レフ同様に撮れるのが有り難い。
日頃、縦グリップ付きボディ+白Lレンズが基本の私でもそう思う。できるだけ、空気は読みたい(笑)

前回記事から半月ほど間をあけたが、GXR に対する購入当初の総括記事・第2回目をメインブログの方に載せた。
10月に購入以降、断続的に幾つも書いてきた GXR 記事も、多分あともう1回で区切りを一旦付けることになる予定だ。

今回の記事は、敢えて GXR やリコーに対する不満点列挙の記事になっている。
私自身としては「GXR も、リコーも、やれば出来る子のはずなのに…なぜ?もどかしいっ!」という思いで書いたのだが、どう受け取られるかは人それぞれだろう。
人によっては、何をイチャモンばっかりつけてるねん!と感じる人がいてもおかしくない。
カメラに、GXR というものに求めるものは人それぞれだから、その立場によって見方も異なるだろうし、別に賛同を求めたいとは露にも思っていない。

もっと言えば、リコーが GXR に対してどう舵を取るのかは静観するしかない。
ただ、場末ブログでも言える場を持っているのだから、言いたいことを内に秘めていてもどうにもならないから、それを表に出し、
もう少しまとまった時点で、ユーザー登録とともにリコーに述べるだけである。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-07 23:34 | 最近の1枚
晩秋清水寺散歩 #2 清水の舞台・秋
A lot of tourists and students at Kiyomizu-dera main stage

もう少し、ごった返しているかと思った清水寺本殿舞台、いわゆる「清水の舞台」。
背景の木々を見て判るように紅葉のピークは過ぎてるし、平日ということもあり、普通に混んでる程度。

さて、昨日 GXR のマイクロフォーサーズ・マウントユニットの情報・写真が再度、噂サイトに取り上げられていた
写真自体はフェイクっぽいが、twitter でも書いたように、個人的にはオールドレンズやMマウント用のユニットなんか出すより
マイクロフォーサーズ用マウントユニットを出してもらった方がずっと好ましいし、GXR の未来が広がると思っている。

マニア向け、雰囲気買い向けの GR Digital と、値下がりだけが取り柄の R (現 CX )シリーズを中心に細々とやってるリコーだから
今後も細々と最低限生き長らえる状況で GXR もやっていくのかもしれない。
が、少なくとも、いま示されてるロードマップを見る限り、他社マウントユニットで、Mだの、Kだの、Cだの、M42だの
そんなマニア向けマウントを出したところで、GXR ユーザーが大きく増えることがないのは明白。

反面マイクロフォーサーズなら、マイクロフォーサーズにおける主流のカメラになることはまず不可能でも
一定のシェアを持ち始めているマイクロフォーサーズにおける選択肢の一つには成り得るし、そこでのサブカメラとしての需要も生まれる。
それに GR LENS ユニットという武器を持ってるのだから、マイクロフォーサーズの中での差別化はアピールできる。

既存ユーザーからしてみれば、リコーが開発でき得ないレンズをマイクロフォーサーズ用で代用することが可能になるだけでなく、
ユーザーが広がれば、その分開発リソースに余裕が生まれるというものだ。

もちろん、マイクロフォーサーズ用マウントユニットが出るとは限らないし、大きな期待はしていないが、そうあればいいな、と思っている。
レンズと素子が一体化したマウントユニットの意義だの何だのと言ってる、視野狭窄なユーザーの目を覚ますためにもね。

【追記】万が一、マイクロフォーサーズ用マウントユニットが来るとすれば、来年出ると言ってる新ボディと同時じゃないかと思っている。
マイクロフォーサーズ用でなくても、他社マウントユニットとの組み合わせを考慮して新ボディを開発しているように感じるのだ。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-06 23:13 | 最近の1枚
晩秋清水寺散歩 #1 人溢るる坂
the way to Kiyomizu-dera temple, Kyoto

数日前、所用ついでに寄り道をして、どれだけぶりかも思い出せないくらいの清水寺へ行ってみた。
視覚的には、終わりかけでも遠目には見られなくもない紅葉に期待し、写真的には(撮るとしたら)人混みを撮ってみるか、なんて思いつつ、まず一枚。

随分昔になってしまった学生時代は京都の大学に通い、京都駅から三十三間堂、清水寺、八坂神社などを通るルートのバスに乗って通学していた。
だから、「この時期近づくべからず」は身を持って、それこそ嫌悪感が身体に染み付いていた。
その後も東京在住時代を含め、ちょくちょく母校へ仕事で行っていたから、紅葉時期にこのあたりに来ようとは露にも思わなかった。

けれども、数年前に所用のある学部が京都市内でも極めて僻地へ移転し、東山の観光地付近を通ることもなくなった。
喉元過ぎれば熱さを忘れる、ということなのか、ふと「久しぶりに京都の紅葉でも見とくか」と思った。
別に懐かしさとかは全くないが、日頃見ているブログのオーナーが何人も、わざわざ京都へ来て紅葉観光してるのを見たり、
twitter で鎌倉へ毎週のように行っていたりしている人を見て刺激されたのかもしれない。

ま、それでも所用ついででもないと、わざわざ近づきたいとは思わないのだけどね…
[PR]
by dbl-h | 2010-12-05 21:51 | 最近の1枚
戦いの前の静けさ
the lull before the game

今日はJリーグ最終節。J2 は12時半から、J1 は15時半から、全試合一斉のキックオフ。
今年の優勝は既に名古屋が決めているが、J1 残留争い残り一枠を神戸と FC東京が争うとともに、ACL 出場権残り二枠を3クラブが争う展開。

その ACL 出場権を争う3クラブの一つが、我らがガンバ大阪。
前節、横浜に完敗して3位。来期 ACL に出場し、再びアジア No.1 を狙うには是非とも勝たねばならない最終節だった。
自宅観戦するつもりだったが、友達とともに梅田のサッカーバー「サポーターズ・フィールド」へ。
キックオフ1時間前の開店直後に入った時は写真のようにガラガラではあったが、30分するとどんどん人が集まり、満員の中で、皆でガンバ大阪を応援した。

現地には行けなかったけれど、友達や見ず知らずのサポーターとともに応援し、快勝!
今年は「ここで勝てば…!」という試合で、ことごとく負けてきたが、最後の最後に勝ってくれた。
Jリーグ2位。そして ACL 出場権確保。
もう ACL のないシーズンなんて考えられない。

戦力補強が上手くいかないうえに、けが人ばかりのシーズンだったが、よくここまでやってくれた。
というか、一つ間違えれば、降格争いをしていてもおかしくなかったのに、2位なんてホント不思議な気分。

残すは天皇杯。
次はクリスマス決戦だ!
[PR]
by dbl-h | 2010-12-04 23:26 | 昨日今日の1枚
晩秋燃ゆる恵山
Mt. Esan with scarlet-tinged leaves

先日、ふと気づいたのだが、このブログの更新を再開してからアップしている写真は、かなりの比率で縦構図になっている。
もちろん、特に意識して選んでいるわけではなく、多少なりとも人に見せられなくもないかな?という写真を選んでいる過程で、結果的にそうなっている。

今日含めて5枚、連続して掲載している EOS 7D の写真は全て縦構図であり、
気になって1ヶ月前の北海道行きで 7D で撮影している写真を見たら縦構図がかなりの比率を占めていた。
普段、縦構図で撮ることの多いサッカーのせいかもしれない(飛行機は横が多いけれども)。
EOS 7D は購入以降、縦グリップを外して撮ったことは数えるほどしかなく、普段もまず外さない。
EOS 1D Mark III でフルサイズボディに慣れてからは、完全に縦グリップがあって初めて自分のカメラになっている。

しかし縦グリップのない GXR でも縦構図写真を、それなりの比率で撮っている。
小さなボディでもグリップが良いせいでもあるし、撮り方として一眼と変わらない感覚で撮っているせいでもあるかもしれない。

いずれにせよ、初心者の頃のように横でしか撮れない、縦はどこかしら苦手、と感じていた頃からすると、今は「初心者に毛くらいは生えたかな?」と思うのである。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-03 22:12 | ちょっと前の1枚
晩秋を走る単行列車
JR Hokkaido's KiHa 40 diesel railcar

函館本線の絶景ルートの一つ、大沼公園の車窓を友達に見せてやりたくて、
紅葉ドライブの途中、池田園駅で友達を車から降ろして七飯駅まで列車に乗せた。
車で七飯へ向かう途中、友達を乗せた単行ディーゼルカーを橋梁の上から撮影。
何でもない一枚だが、思い出になる一枚。

本当は大沼と小沼の間を通る路線の、赤井川の方から乗せてやりたかったが、なにせ普通電車は1日数本のエリア。
思いついて調べたら、十数分後に列車が来ると判っただけでも超ラッキーであった。

11月の北海道とは思えない暖かさで、函館は霞みまくりで飛行機撮りには全く話にならない天候だったが、
そのために持って行ったレンズが役に立ったというものだ。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-02 23:10 | ちょっと前の1枚