<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
3連勝(4連勝)の舞
Waninare Naniwa (like diorama effect)
(PowerShot S90 / 105mm 相当 / 万博記念競技場 / Photoshop CS4 にて加工)

ガンバ大阪、ホームスタジアムでの“勝利の舞”とも言える「ワニナレナニワ」
ホームスタジアムで勝利した場合は概ね試合後に、
「選手全員でのワニナレナニワ→半周してのサポーターへの挨拶→選手と一緒に万歳三唱」
が常になっている。至福のひとときである :-D

過去にも載せているので、今回は Photoshop でジオラマ風(ティルトシフト風)に適当加工してみた。
最近コンパクトデジカメでも一眼レフでも流行りのカメラ内エフェクトでは、必ず入っているモードの一つだが、
レタッチソフトを使っても割と簡単にできる(3〜4ステップでできる)。

とはいえ、カメラ内でできた方が簡単なことは言うまでもない。
ただ、こういったモードを用意していても、撮る時にしか選択できず、あとから撮影した写真に効果をかける、ということができるカメラは少ない。
どっちが良い、というわけではないが、個人的には後から効果をかける機能は欲しい。

その点、スマートフォンでは撮影する時にも撮影後にもかけられることが多く、アプリを変えれば、効果も多種彩々。
だいたい、この手のエフェクトをかけて撮る、もしくは後からエフェクトをかける、というような写真はプリントするよりも、
メールで送ったり、ブログに載せたり、というライトな使い方を想定した写真が殆どだろう。
となれば、デジカメよりスマートフォンなどのケータイカメラの方が親和性が良いのは間違いない。

もっと言えば、ケータイカメラの進歩によって、コンパクトデジカメが駆逐される、されないという議論は昔から喧々諤々交わされているが、
個人的な予測を言えば、コンパクトデジカメはなくならないものの、高倍率だったり、今のハイエンドコンパクトのような画質・使い勝手重視、
そういった特徴あるものだけが残り、現在主流の薄くて小さくて3〜4倍ズームなコンパクトは縮小化の一途を辿るように思う。

もちろん、今すぐそうならなくても10年先に、今主流のコンパクトデジカメが残っているかどうかは疑問だ。
薄くて小さくて3〜4倍ズームなコンパクトデジカメを持って撮っている層の需要を満たすだけの性能を
5年10年後のケータイカメラは備えていると私は思っている。

まぁ、10年前といったら、2代目 IXY DIGITAL 300 が出た頃。
コンパクトデジカメは 200〜300万画素の世界でしたからねぇ…
10年後はどうなっているやら。

ともあれ、ガンバ大阪はJリーグ3連勝。ACL も入れると4連勝になるのかな。
J再開の広島アウェイでは本当に酷い試合を見せられて、その後もヨタヨタしている感じはあるのだけど、3連勝(4連勝)。
ACL もあれだけボロボロな試合をしていて、1位通過しちゃったしねぇ…

来週の等々力アウェイは行けないものの、今季のJリーグはアウェイも含めて全戦見てきている中で、徐々によくなってきている感はある。
今日も色々と文句はあるけれど、良かった点の方が多い試合だった。

ただ今は、来週火曜日の ACL Round 16 に勝つのが全て!

アジアを制した後の2年簡は、このベスト 16 で敗れている。
一昨年の ACL Round 16 川崎戦では、前半 2-0 で完勝ペースだったのが後半大逆転くらって、あれから ACL には荷物を残している気がしてならない。
今年こそ、Round 16 を突破して再び ACL 制覇、CWC 出場を願いたい。

そのためには、とにかく火曜日だっ!!
[PR]
by dbl-h | 2011-05-21 23:57 | 昨日今日の1枚
暮れゆく空へ
takeoff in sunset (JAL's B767-300)
(DMC-GF2 + M.ZUIKO 40-150mm F4-5.6 / トリミング / 大阪空港)

EOS システムなら何てことなく撮れるショットだが、コントラスト式 AF のカメラゆえに
「頼むっ、なんとかピンぼけにならずに撮れてくれ!」
と祈りながらの一枚。運良く、ジャスピンで撮れてくれた。

まぁ、ピントが合うまで何度もレンズが行き来して時間はかかったが、合うだけマシだから文句は言えない。
ミラーレス機、コントラスト式AF カメラの中では、合焦速度がかなり速い&精度も高い部類の GF2 であっても、
高速動体相手では、夕暮れ時になるとジャスピン率はかなり低下するから、本当に運任せになってしまう。

そんな今日は、午後から空港で打ち合わせ。
となるとヒコーキ撮りにカメラを持って行こうと思うわけで、最初は EOS +長いレンズを2本ほどのつもりだったが、
いくら相手も私が飛行機好きだと知っていても、そんな荷物を担いでいっては主従が逆転してしまう。
それに、撮れても打ち合わせの前後30分〜1時間くらいだから、アホみたいに重い荷物を持って行っても無駄かもしれない。

そう思い直したが、GXR では空港に行きましたスナップしか撮れないし、だったら別にカメラ自体を持っていかなくても…
などと考えていたところに思い出したのが、GF2。
先月買って(GXR 同様すぐ出せるように)机の引き出しにいれてあるのに、忘れてた。
というか、八重山行き以来1ヶ月ぶり、実質2回目のご出勤。

まー、あまり使わないのは判っていて買ったから、別にそれ自体をどうこう思わないけれど、
それでもやはり先日書いたように、買って正解だったかなぁ?と思うこともある。
そして、今日みたいな日には「あぁ、これが有って良かったかも?」と思う。

十分照度のある状態でも、動体に対して十分ジャスピンにならないことはある。
ましてや暮れゆく状況では、かなり厳しい。
飛行機ならまだしも、スポーツ撮りは尚厳しい。

それでも一眼レフのシステムを持って行くのに相応しくない、躊躇う時に持って行ける。
コンパクトデジカメじゃ話にならない(GXR + P10 も同様)、同じマイクロフォーサーズでもオリンパスでも論外な条件で
なんとか持って行こうと思えるのは、パナのマイクロフォーサーズ(かソニー NEX)。
ソニー NEX は望遠ズームレンズがないから、パナ機を使っているし、その選択に間違いはないと思っている。

とはいえ、こういうシーン程度で、運を天に任せる気持ちになるのは、ちょっと辛いものがある。
技術はまだまだ進歩できるはず…頼むわー
[PR]
by dbl-h | 2011-05-20 23:54 | 昨日今日の1枚
河原に咲く
at the riverbank of Matsuura river, Karatsu
(GXR + A12 28mm F2.5)

唐津市街散歩から唐津城、そして虹ノ松原まで歩き続け、疲れて帰るべく東唐津駅へと戻る途中にて。
昨日も花で、今日も花。
花の写真を撮ってるつもりはなくて、単なる散歩スナップ、唐津の風景スナップ、旅記念写真。

というか、花を撮ると、花の名前が本当に判らなくて、というか自信ないんだよね。
マーガレット?と思うけど、なんか花びらの形が違う気もして、全く自信がなく、ネットで調べると、ジシバリ?という感じもするが、判らん。
早く iPhone で写真をとったら、花の名前が判定できるアプリが出てきて欲しい。
(北米の花の一部限定で登場しているけれど)

こういうのは花を見る経験によって培われるものだから、近所に万博記念公園という絶好の場所があるのだし
1年間、月に1〜2度通って、花をじっくり観察して名前を覚えるようにしようかな…
なんて思うこともあるが、実行に移されたことはない。

まぁぶっちゃけ、花を撮ってても面白いと思うことは全くない。
他人様の花マクロとか見ても、キレイだけどなんかよく見る写真だねぇ、としか思わないから、どうしようもない。
こればっかりは興味の対象が違うから仕方ない。
興味のないものを撮っていても絶対に上手くならないし、名前を覚えられるとも思えない。

ってか、花だけじゃなくて、生き物(人を含む)名前を覚えるのって苦手なんだよね…
地名とかはすぐ覚えられるのに。
なんでだろうねぇ…
[PR]
by dbl-h | 2011-05-19 23:43 | 最近の1枚
防波堤
the breakwater
(GXR + A12 28mm F2.5 / 彩度 -60)

唐津城の城壁の上から西を望む。

昨日は「GXR はコンパクトデジカメというには大きすぎて、軽装の旅カメラとしては向かない」と書いたけれども、
ただ、とにかく GXR + A12 ユニットを使っていて思うのは

「自宅に帰ってから画像(画質)を見て萎えなくて済む」

ということだ。はっきり言ってしまえば、カメラのせいにしなくて済む、ということでもある。

コンパクトデジカメで撮った場合、撮影した直後に背面液晶で見て「まずまず撮れたかな…」と思っても、
自宅に帰って取り込んで PC で表示すると「あぁぁぁ…」という時が多々ある。
2560x1440pixels の高解像度画面を使っていると、画面いっぱいに表示した時の縮小率も低いから、粗が本当に良く見えて、時には萎え萎えになる。

そして同じことはマイクロフォーサーズでもある。
高感度の時はもとより、通常感度でも風景の遠景などを撮ると、う〜む…と思う時がある。
たぶん、同じ APS-C の NEX でも、カメラのせいにしないレベルではないように思う。

GXR の A12 ユニットだと APS-C 素子というだけでなく、レンズも素晴らしいから
「これで撮ってダメなら、自分の腕がダメなだけ」
と諦められる。これは重要だ。

カメラに求めることは、やはり信頼。
そして、できるだけ諦めがつくこと。
これで撮ってダメなら、今の自分では仕方ない、と思えることは重要だと思っている。

GXR だけでなく、デジタル一眼でも初級機からドンドンとステップアップして行き着くところまで行ってしまったのは、結局そういうところにある。
レンズだって買えれば、そうなる。
そして、それで後悔することは、きっとない。


メインブログの方で、ここ数日と他愛もないことを更新しているので、ここでも紹介しておく。

iPhone / iPod 音質改善?アダプター SRS iWOW 3D 率直インプレッション
昨日はドコモ、今日はau。Android ケータイ花ざかり 自分用記事リンクまとめ
本日スタート、朝日新聞デジタル使用雑感
[PR]
by dbl-h | 2011-05-18 23:59 | 最近の1枚
浜辺に咲く花と城
the flower blooming on the beach (with Karatsu Castle)
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO)

自慢にもならないが、花の名前に関してはサッパリ判らない。とにかく覚えられない。
ので、まぁハマヒルガオ?とか思うが、全く自信がないので、はてなマークでお茶を濁す…

昨日は午前中、福岡空港近くで飛行機撮りをした後、午後は迷った挙句、唐津へ散歩にしいった。
唐津城を見てサクっと帰ってくるつもりでいたが、結局市内練り歩きのあとに虹ノ松原まで行って、電車3駅分を大迂回しながら歩いた。
街を知るには歩くのが一番…だけど、さすがに車で回るようなコースだった。
ヒキコモリには、なかなか頑張ってしまった1日となった。

大きなレンズ&カメラやノートPC などは空港のコインロッカーに入れ、薄いレザーバック一つで散歩にしいったのだが、そこで思ったのは
iPad2 はやっぱり 3G が必要ということと
軽装時の旅カメラに GXR はちょっと合わないなぁ…ということ。

先日も少し書いたけれど、一眼レフなどに比べれば遥かに小さな GXR であるが、コンパクトカメラ1つに比べると、やはり大きい。
写真を撮ることが目的ならともかく、旅をすること、散歩が目的だから、どれだけカメラを気軽に出し入れして撮れるかは、大きなポイント。
特に暑くなってくると、あらゆる面倒になってくるから、GXR でも大きいなぁ…と思うことが出てきた。
(GXR を買ったのは昨秋だから、初めての夏、である)

先日 GF2 + M.ZUIKO 40-150mm F4-5.6 を購入したけれど、当初は高倍率コンパクトデジカメを買おうとしていた。
GXR に APS-C 素子採用の望遠・中望遠ユニットがないため、望遠用にコンパクトデジカメ画質の P10 ユニットをを持ち歩くくらいなら、
いっそ単体の高倍率コンパクトデジカメを持っていった方が効率的じゃね?と思ったわけだ。

一般的なコンパクトデジカメより GXR + P10 の方がコントロールの自由度、操作性は上だが、画質は差がないし
動体相手などに関しては GXR + P10 の補完になる部分もあるはず、と考えたのだ。
ついでにいえば、GXR と一緒に持っていった場合に、P10 にユニット交換しなくて済むメリットもある。
(一眼レフの2台体制と同じ)

結局、「どうせコンパクトデジカメだと画質で嫌になって使わなくなるだろうなぁ」と思い直して、マイクロフォーサーズに出戻ったわけだが、
GXR でもデカいと感じているような時にマイクロフォーサーズの出番もない。

そう思って、再び高倍率コンパクトデジカメを物色しようかとも思っているのだが、理想に近いのは手持ちの PowerShot S90 / S95 である。
このサイズ、機能、画質で高倍率コンパクトデジカメがあれば…と思うのだが、当然無い。
というか、1/1.7インチ CCD の高級コンパクトカメラは何機種も出ているが、300mm クラスまでカバーした機種はない。
S90 / S95 は 28〜105mm。もうちょっと望遠側が欲しいんだよねぇ…

などと思いつつも、今日のような写真を小さなサイズで撮れるのは、やはり GXR。
コンパクトデジカメでは、こんなボケにはならない。
まぁ最近は色々とカメラ内加工できるし、写真を撮るのが目的じゃないから、カメラ内加工でも問題ないのだけど…

GXR が自分の中での基準になってしまっているのも、また事実。
(だからマイクロフォーサーズの画質には旧来以上に不満を感じる)
困ったもんだなーと思いつつ、夏の旅カメラに相応しいものを探したくなった昨日の唐津散歩だった。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-17 23:52 | 昨日今日の1枚
翌・青空だったらなぁ〜
ANA's B747-400D over Fukuoka City (Going around)
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM / 221mm 相当・若干トリミング済)

ゴーアラウンドで福岡市街地上空を南から北へ向かう ANA ジャンボジェット。
風が北向きの際には、サークリング・アプローチで福岡市街地上空を北から南へ飛ぶことはあるが、その逆は珍しい。
そして、そんな珍しい飛び方をしているのは、ANA ジャンボ。今日の狙い。

今日の行動は色々迷ったのだけれども、結局午前中2時間強は昨日と同じアクシオン福岡で飛行機撮り。
9時過ぎ到着、10時過ぎ離陸の ANA ジャンボを撮っておきたかった。
今春の JAL ジャンボ全機退役に続いて、ANA ジャンボももう長くはない。
撮れるときに撮っておかないと。そんな状態である。

そして、アクシオンにやってきて間もなく、ANA ジャンボはやってきた…が、いきなりゴーアラウンド。
アクシオンからは着陸機のアプローチが見えないため、山陰から滑走路上空にいきなり ANA ジャンボが出てきた時には驚いた。
(管制を聴くためのレシーバーは持ってこなかった)

驚いたけど、誠にラッキーだった。
迷っていたが、来てみるもんだ、と思った。
やはり行動を起こさないと、何も始まらない。

しかし、青空だったらなぁ…
薄曇りで霞んでいる状態では。証拠写真にしかならない。
残念すぎる…
[PR]
by dbl-h | 2011-05-16 23:42 | 昨日今日の1枚
青空だったらなぁ〜
ANA/ANK's B737-500 with Fukuoka City
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 460mm 相当)

今日は福岡に来ています。
朝イチの便で(というか JAL の伊丹〜福岡は朝晩1便ずつのみ…)福岡入りして、午前中はラウンジで仕事をして
昼に軽くヒコーキ撮りをした後、レベルファイブスタジアムでガンバ大阪 vs アビスパ福岡を観戦。
その後、日没前までまたヒコーキ撮りをしてから晩飯食ってホテル入り。

本当は日帰りしたかったのだけれども、一泊した方が6千円ほど安い!という事実があり、貧乏人はやむを得ず1泊2日のツアー2万円。
仕組みは判っていても、日帰りより一泊の方が断然安いなんて、まったく訳が分からないよ(by きゅうべえ)である。

そんなわけで、不本意ながら泊まっている博多の夜。
無闇に食い過ぎまして、胃が痛い博多の夜。
明日はどうしたものかと、悩む博多の夜。

本来なら、レベルファイブスタジアムの写真でも載せて、ガンバ大阪のことが中心になってもいい今日ですが、
まぁ色々ありましたので(ガンバは勝ったけど)そこらへんは、ほとぼりが冷めてからということで。

晴れ予報で、大阪出るときは良い天気、青空だったのに、こっち来たら薄曇りなんだもんなー。
がっかりだよ…
でも楽しい福岡空港ヒコーキ撮り :-D
[PR]
by dbl-h | 2011-05-15 23:59 | 昨日今日の1枚
ちょっと一息
at the cafe
(GXR + A12 28mm F2.5)

なんか最近寝不足気味で、お疲れモード。
明日から2日間、福岡。
色々考えていたけれど面倒になってきたので、食いにも遊びにも走らず、仕事しとくかな、な気分。

本当は日帰りしたかったのだけど、一泊した方が安いんだもんなぁ。
相変わらず、訳の解らん料金体系だ。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-14 23:48 | 最近の1枚
花と穴
one shot in Umeda, Osaka
(PowerShot S90 / 28mm 相当)

ヨドバシカメラ梅田脇にて。
無造作に咲き乱れる路傍の花々と、遠くから見ると結構間抜けな穴。

少し前に「MacCase Premium Leather Flight Jacket for MacBook 」なるバックを個人輸入したのだが、
これが思ってたとおりの素晴らしいバックで、かなり気に入っている。
MacBook Air / Pro と iPad を持ち運ぶために完璧に作られていて使い勝手はいいし、
これで $200 しないとは思えないくらい質感もいい(全オプションと送料込みで $270 くらいしたけれど)。

ただ、あくまで MacBook Air と iPad をスマートに持ち歩き、飛行機に持ち込むためのものだから、他に入れられるものは最小限。
前面にぶら下がっている四角いCDドライブ入れを除けば、本当に薄いポケットのみ。
そして四角いCDドライブ入れに入れられるカメラはといえば、やっぱりコンパクトデジカメのみ。

というわけで、最近は再び PowerShot S90 を持ち出す機会が多くなっている。
GXR を購入してからは、もっぱら自宅内での物撮り専用みたいになっていたが、気に入ったカバンによる制約で、再び陽の目を見た。

なんというか、コンパクトだの何だの言われても、GXR や GF2 はコンパクトサイズじゃない。
このカバン以外でも気に入ってるカバンはあるのだが、格好良いカバンってのは、基本的にシンプル&スリム。
そういった鞄とカメラとは絶対に相容れない、と思う。
カメラで鞄が膨らんだりしたら、なんのために選んだ鞄なのか判らなくなってしまうから避けたい。

とはいえ、ちゃんと写真を撮りたい、と思えば良いカメラ・レンズが欲しくなり、最低でもマイクロフォーサーズや GXR クラスになる。
そうなると鞄もそれなりに幅のある、ゆったりとした融通のきく…う〜む、仕方ないね。

実は先の鞄を買う時に、絶対気にいると思いつつも、GXR サイズが入らないのは明らかだったから正直迷った。
きっと、使わなくなるんじゃないかな、と。今でもその危惧はある。

でもまぁ iPad 2 も気に入ってるから当分は大丈夫、
そして、これまたずっとお気に入りの PowerShot S90 の出番も増えるはずだ。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-13 22:45 | 昨日今日の1枚
「ねぇ、どう?」「いいんじゃない?」
two girls in the beach
(DMC-GF2 + M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F4-5.6 / 83mm 相当)

日本最南のビーチ、波照間島ニシ浜での1シーン。
波照間に行ったのも、もう随分昔のような気がする。まだ一ヶ月も経ってないけれど…

GF2 で撮影した写真は色が転びがちなので RAW から現像しようと思ったら、うちの Photoshop はまだ CS4 だったので Adobe CameraRAW が非対応だった。
Photoshop 補助用 iPad アプリも出たことだし、やはり CS 5 にバージョンアップしようかと、重い腰をあげる時がきたようだ。
CS 5 へのバージョンアップは、そのバージョンアップ料だけでなくプラグインも更新しなきゃならないので、結構費用が嵩むんだよね…

それにしても、GXR が中望遠・望遠ユニットを全く出す気配がないので、仕方なく補完として手に入れた GF2 + M.ZUIKO 40-150mm F4-5.6、
何回か使ってみて思うのは、やはりマイクロフォーサーズの絵作りは好きになれない。

マイクロフォーサーズ自体には嫌いじゃないどころか、少なくともパナに関しては応援もしているのだが(DMC-G1 の衝撃は大きかった)、
出てくる画像に関してはパナにしても、オリンパスにしても好きになれない。
それが、去年マイクロフォーサーズ一式手放した大きな理由の一つだった。

今回 GF2 + M.ZUIKO 40-150mm F4-5.6 を買い戻す時も覚悟していたが、改めて今ひとつ好きになれないなー、と思う。
近接被写体なら悪くないのだけど、風景写真を撮るとどこか余裕が無く、レタッチでの許容量が低い。
もちろん、高感度の弱さもあるけれど、そこは目をつぶって買ったから言わない。

去年一式手放した際には、センサーと AF・EVF 周りに一段の進歩を見てからマイクロフォーサーズに戻ろうと思っていたのが、
予想より遥かに早く戻ってしまったために、なにも変わらない状況で、そういった不満も同じとなってしまった。
判っていたのだけれども…

今日海外で DMC-G3 が発表になったが、事前の情報通りであり、別段見るべき点もないので、特に興味もない。
パナソニックも DMC-G1 以降、マイナーチェンジの繰り返しで少々期待外れな状況が続いている。
DMC-G1 を使い始めた頃は、3年後はどうなってるんだろう!?と大いに期待したが、意外と変わらずに3年経とうとしている。

そんなこともあって、ソニーの NEX-C3(?)には強い関心を持っている。
NEX-5 は発売直後に10日ほど使う機会があった後も、友人が持っているのを何度となく使っていて、
カメラヲタには評判悪くても、私は良いカメラだと思っている。

NEX は全くレンズ群が揃わなくて、その点から問題外だったが、ようやく望遠ズームも出るようだし、
今度の NEX-C3 は素晴らしく評判の良い SONY 1600万画素 APS-C 素子採用というから、期待もしてしまう。
発売が延期になってしまって、思わず GF2 + M.ZUIKO 40-150mm F4-5.6 を買ってしまったが、やはり NEX-C3 は気にかかる。

NEXは、ある意味 GXR とバッティングするものだが、GXR は気に入ってるし、万が一 NEX-C3 を手に入れたところで手放す予定はない。
ただ、GXR というカメラは「俺はこういうカメラだから」みたいな高飛車な部分があって、俺のような人間にとっては、時々イラッとするカメラだ。
それはカメラだけでなく、作ってるメーカーに対しても、使ってるユーザー対しても、そう感じる部分はある。
ただ、メーカー(教祖)とカメラ(教義)とユーザー(信者)が同じ方向を向いて教団を形成しているだけに、三位一体で幸せなカメラとも言える。
俺自身はそのトリニティには、どうも合わないが。

なので、気楽にそれなりの画質が得られる NEX は、もっと自分に合ってるかもしれないな…とも思う。
買ったら買ったでレンズの差を実感して、嫌になるかもしれないが(笑)

あ、NEX-C3 を買うとは言ってませんよ…
手元の iPad 2 (Wi-Fi 16GB) を 3G版に買い換えたい!なんて思いの方が今は強いですしね…(^_^;)
[PR]
by dbl-h | 2011-05-12 22:48 | ちょっと前の1枚