<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
土砂降りの90分。その先に…
the victory in the heavy rain
(PowerShot S90 / 105mm 相当)

土砂降りの雨が試合中、間断なく降り続いていた。
ビニールの厚みだけはあるガンバのポンチョを叩く雨が、皮膚まで伝わってくる強い雨。
そんな雨に耐えるだけでなく、試合も忍耐を必要とする内容となった。

勝てば天国、負ければ地獄。
ACL 2011 グループリーグ突破は、この一戦の勝敗次第。
今季も日本から ACL へは4クラブ出場しているが、既に他の3クラブはグループリーグ突破、Round 16 への出場権を得ていた。
だから、負けられない。ガンバだけグループリーグ敗退なんて耐えられない。

試合はキックオフ直後から、ガンバが押しに押していた。
何度も何度もチャンスを作り、それはもう比喩ではなく二十回、三十回と数えるくらい。

なんで入らないの?なんで入れられないの?なんでだよ…
そういう思いで前半が終わり、
そして後半に入っても状況は変わることがなかった。

既にグループリーグ突破を決めている相手の天津(中国)は、試合開始直後から時間稼ぎが酷くてイライラさせられた。
絶妙のスルーパスを受けたアドリーノが完全に DF を降りきって、GK と1対1になったのに外した時には頭を抱えた。
いや、頭を抱えたシーンはどれだけあっただろうか。

8千人弱ものガンバサポーターが土砂降りに耐えに耐えているなか、このまま攻めきれずに ACL の幕を閉じてしまうのか…

そう思いながら残り時間を気にし始めたときに、ガンバの、日本のヒーローが決めてくれた。遠藤保仁。
絶好の位置から放たれた矢のようなフリーキックは、狙いすましたであろうゴールの隅に刺さった。
長い、長い、74分の鬱屈が、雨に消えていった。

その後、ロスタイムには目をつぶりたくなるシーンが連続したが、直後にショーキ(平井)の独走から PK を得て、宇佐美が決めた。
いつも PK はヤットが蹴るのだが、今季まだ得点がない宇佐美に譲るという余裕のある終わり方だった。

激しい雨は、まだ降り続いていた。
けれど、希望は繋がった。
この先のアジアチャンピオンズリーグを勝ち抜き、クラブワールドカップでバルサと戦いたい。再びマンUと戦いたい。
3年前の、横浜の夜は忘れられない。もう一度、味わいたい。

土砂降りの 90分。
その先には、ACL Round 16 への道が続いていた。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-11 23:07 | 昨日今日の1枚
「おや、どうしたんだい?」「騙したら身ぐるみ剥がされて、神様たちに騙されて痛てーんだよ」
the stone statue of Inaba's white rabbit
(GXR + A12 28mm F2.5)

白兎神社の入り口にできていた道の駅「神話の里 白うさぎ」にある石像。
因幡の白兎と大国主大神が話している古事記(日本神話)の一シーンから取られたもの。
会話の内容は、概ねタイトル通り。

身ぐるみ剥がされた上に、そこへやってきた神々(八十神)に騙され、あとから来た大国主大神に助けてもらった…というシーンだが、
この物語、ちゃんと読めば判るが、元々騙したのは兎であって、身ぐるみ剥がされたのは、ある意味自業自得。
そんな自業自得な白兎にも優しくしてやった大国主大神は素晴らしい神であり…となるわけだが、
美談になって「因幡の白兎」の伝説になるような話かよっ!という気は、昔から思っていた。

おまけに、古事記の中での八十神というのはスーパー意地悪神であり、なんというか
「結局、神様と言っても人間が創作物だから、ドロドロしたのは人間世界と変わらんよな」
という思いを、小学生だったか中学生だったかに与える要因の一つだったりする。
この因幡の白兎あたりの話は、大国主大神の結婚話のストーリーの1節に過ぎないのだが、この先ええぇ?な展開だしな。

よく考えれば、古事記ってのは割と酷い話だったような…
ということを思い出させる、因幡の白兎であった。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-10 21:57 | 最近の1枚
陽炎、逆光…ええい、そこの VOR の丘、邪魔だ!(鳥取空港)
ANA's B737-800 @RJOR/TTJ
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM / 500mm 相当)

ま、判っていたけどね。ターミナルビルから RWY 10 着陸を撮影しようとすると、隣りの VOR の丘が邪魔だということは。
たぶん、ターミナルビルではベストポジションから狙ってもコレだから、VOR の丘の土手をクリアするのは難しい。

ターミナルビルからは夏場限定で別の狙いができそうなことは判ったし、全く別のポイントでのイメージもできたので、
それなりに収穫のあった鳥取空港ロケハンだった。
着陸機が20分ほど遅れたおかげで、とりスタへ行くのが予定より遅くなってしまったけど。

ちなみに鳥取空港は、零細地方空港なのに国内線ターミナルビルと国際線ターミナルが別れている、
思わず、生意気だなーとか思ってしまった(失礼!)。

実際には国際線ターミナルというのは、国際会館という扱いになっている。
でも、ちゃんと搭乗口もボーディングブリッジもあるのだから、気合入ってる。

もっとも、国際線はチャーター便しかないから(国内線も ANA の羽田便4往復のみだ)、普段は利用されていない。
それでも朝から夕方までは開いていて、送迎デッキにも行けるようになっている。
国内線側の送迎デッキは高いフェンスがあるが(撮影用の隙間はある)、国際線にはフェンスが殆どなく撮影しやすい(開放時間に注意)。

普段は何も利用されていない国際線ターミナル・国際会館は当然ガランとしているが、
微妙に蒸し暑い館内で何故か老夫婦がグルグルとウォーキングしていたり、
待合室的な場所のソファで本を呼んでいる人がいたり、なんとも微妙な空間を醸し出していた。

ともあれ、ガイナーレの応援にまた行くついでに、鳥取空港にも足を運んで撮影したいね。
といっても、飛行機の時間的になかなか難しいもんがあるのだけど…本気で撮るなら泊まりが必要だな。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-09 23:33 | 昨日今日の1枚
とりぎんバードスタジアム
Torigin Bird Stadium
(GXR + A12 28mm F2.5)

Twitter でも iPhone から散々載せた写真なので、改めてここに載せるかどうかは迷ったが、
やはり今日の一枚といえば、これになるかな、と。
ここへ行くために、今日は午後から軽く鳥取までドライブしてきたのだから。

あ、今日と言っても既に日付は変わっているので、例によって昨日付の今日です。
現地で試合が終わったのが 21時前、シャトルバスに乗って駐車場へ行って、駐車場から出られたのが21時35分、
そこから大阪へ戻ると2時間ほどかかるので、厳密に当日の間には投稿できなかった。

今日はノートPC(主にMacBook Air)を持って行ってなかったが、先日 Eye-Fi Pro X2 8GB という、無線LAN 内蔵の SDHC カードを手にいれたので、
それを使って GXR の写真を iPad 2 なり iPhone なりに転送し、そこから Flickr へアップロードして本ブログに投稿する、
ということはできるのだけれども(似たことはテスト済み)、とっとと帰るのが先で全くやる気も起こらなかった。

そもそも、iPhone への転送はともかく iPad への転送なら Camera Connection Kit で SDHC カードを読み込ませた方が簡単確実だし、速い。
判っていて手に入れた Eye-Fi だったが、いざ使ってみると、色々とややこしいかったり、面倒だったり、鬱陶しかったり
なんというか使いどころが難しいというか、
「どこにどう使うと(一番)便利になるのだろう?」
なんて思案投げ首な状況である。

悪い製品ではないのだが、なかなか最適解が見いだせない。
自宅で物撮りなどをした際に自動転送させるのが一番便利なのかも…と思ったりする。

などと書いていたら、すっかり、とリスタのことやガイナーレのことを書く余裕が無くなってしまった。
それらについては、色々(特にガンバを取り巻く現状やクラブ運営との対比も含め)思うことは多々あるのだが、
それはまた別の機会に…
[PR]
by dbl-h | 2011-05-08 23:59 | 昨日今日の1枚
久しぶりに、行きたい、が…
Hateno Beach (Sky Holiday Reef) from the air
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO)

かの有名な、はての浜。
関西→石垣行きの機窓から。
逆光気味で反射が強くて、あまり良い写真ではないが…

大昔に一度だけ久米島に行って、はての浜に行った時は天気があまり良くなくて(たしか薄曇りだったような…)
大して感動した印象はないのだけれども、関西発石垣行きの飛行機で上空を通るようになり、
上から見るようになってから、もう一度行っておきたいという気持ちが起きてきた。
(羽田発の便では久米島上空を通らなかったような…)

まぁやはり、ドピーカンの青い空に満潮でないと、いかにも「はての浜」でござい、という感じにはならず、感動も薄れてしまうので、
今度行く時は腰をすえて行かねばならない。
といっても、久米島なんか何もないので、結局リゾートでマッタリしつつ、天気の良い日にはての浜へ行くしかない気がする。

…のだけど、国内で残り少ない未踏の地となった小笠原が、とうとう世界遺産に指定されてしまうことになった。
別に世界遺産に指定されることには反対じゃないどころか賛成なのだけれども、
色々な観光地、特に知床の世界遺産指定前後の変りようを見てると、
ぜひとも本指定される前に行っておかねば!という気持ちが高まっている。

というか、昔から行こう行こうと思いつつも、費用も結構かかるし、まともにみようと思ったら最低1週間は必要。
そんなこともあって、「そのうち、いずれ…」と思っているうちに、20年以上が経ってしまった。
飛行機ないから、思い立ってサクっと行ってくる、とかできないしね。

いま思えば、東京在住の間に何故行っておかなかったのだろう…と思うけれど。
ともあれ、小笠原行きは真剣に考えなきゃならないので、はての浜は相変わらずウエイティングリストのままになりそうだ。


メインブログの方に iPad のスタンド、主に純正 iPad 2 Dock に関して、また適当な戯言を記した。bit の無駄をまき散らしたとも言う X-)

iPad 2 ケース&スタンド考 その2:スタンド編
[PR]
by dbl-h | 2011-05-07 23:19 | 最近の1枚
夏、始まる。
the beers
(GXR + A12 28mm F2.5)

今日は、二十四節気の立夏。
立夏に相応しい蒸し暑さだった。

だから、ジョッキの取っ手が私を待っている!

なんてね。

でも、ビールの美味しい季節になりました…
暑いの嫌い…
[PR]
by dbl-h | 2011-05-06 23:01 | 昨日今日の1枚
見れば行きたくなる海の色
Hateruma port
(GXR + A12 28mm F2.5)

八重山旅行から2週間経って、ようやく現地で SSD にバックアップをとっていた写真をコンピューターに取り込んだ。
今までは最終日の写真だけ取り込んであったが、残りは放置していた。

で、初日の写真だけ何となく見始めたが、石垣そして波照間の海の色をみて、思わず
「また行きたい、すぐにでも行きたい」
そう思ってしまった。本当に惹きつけてやまないエメラルドグリーン。

本当に何気ない波照間港に着いた時の旅記録写真。
写真としては箸にも棒にもかからない。
けれど、そこに写る海の色だけで、惹かれてしまう。思い出させてしまう。
ただの、何気ない写真なのに。


今日、メインブログの方に iPad 2 のケースについて雑感を記した。

iPad 2 ケース&スタンド考 その1:ケース編

iOS デバイスは他の多くの Apple 製品と同じくモデルチェンジが年イチ程度であり、
多種多様な Android とは違って単一デバイスでのユーザー数が段違いに多いゆえ、ケース類も豊富である。
それらを選ぶ楽しみ、迷う楽しみは、他のスマートフォン、タブレット、特にガラケロイド(国内限定向け Android)にはないものだ。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-05 23:41 | 最近の1枚
ワンワールド塗装 B777-300
JAL's B777-300 painted "one world"
(GXR + A12 28mm F2.5 / ミニチュアライズ)

とあるブログで one world 塗装の B777-300 の話を見て、那覇で見かけたのを思い出して取り出してきた一枚。
何枚か撮ったうちから、ミニチュアライズモードで撮ってみたものを載せてみた。
ミニチュアライズに相応しい場面で撮ることもあまりないせいか、このモードは背景ぼかしエフェクト的に撮ってることが多い。
エフェクトの掛かり具合を円指定することはできず、ライン幅の指定しかできないのが残念だが…

ゴールデンウィークも半分が過ぎた。
といっても、ゴールデンウィークも何も関係ない身ではあるが、一応区切りの良い期間であるから、
この間にアレとコレとソレを…と思っているのに、全然捗っていない orz

仕事の次の手を打つための準備や勉強もしたいし、
じっくりと本を読む時間、仕事の参考書籍から小説まで、読書する時間をとりたかったのだが…

軽くドライブもしたいところだが、天気もパッとしないし、
この混雑具合では行きたくても出ない方がいいかな…
[PR]
by dbl-h | 2011-05-04 23:57 | 最近の1枚
地図にない道
the end of the road
(GF2 + M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F4-5.6 / 207mm 相当)

2週間前の石垣島滞在の最後に、とある目的の撮影ポイントをロケハンしていた時に撮影。
地図には掲載されていない道で、以前来た時には舗装はされていなかったので、行き止まりまで舗装されていて驚いた。
ただ、公道かどうかも怪しく、もしかすると迷惑がかかる可能性もあるので場所は書けないし、場所が判るような写真にできないが…

今日は、もしかすると広島まで緊急ヘルプに…という可能性もあったが、それはなくなり、
代わりに朝イチで届いた Eye-Fi Pro X2 8GB の設定やら試行錯誤やらで、4〜5時間ほど時間を食われていた。

Eye-Fi については、いずれメインブログの記事として書くかもしれないが、記事にするのも鬱陶しく感じるくらい面倒な点がある。
登場からかなり時間が経ってる割には、未だに完成度が低いというか、色々と微妙だ。

新機能ダイレクトモードで再び注目を浴びているが、安易に手を出すのは避けたほうがいい、とだけは言える。
機能だけを見ると、えらく便利に感じるんだけどね…
ま、使ってみないと判らない、ということだ。

その他、夜になって新型 iMac が発表になった。
以前から噂されていた新型 CPU 「Sandy Bridge」と新インターフェイス「Thunderbolt」搭載の iMac だ。
それについては、過去4年半の iMac 使用経験を含めてメインブログの方に雑感を記した。

迷うなら買え。Sandy Bridge + Thunderbolt 搭載 iMac 発表→モデル選び雑感
[PR]
by dbl-h | 2011-05-03 23:50 | 最近の1枚
帰路
on my way home
(GXR + P10 / Photoshop にてトーン・彩度調整)

今日は何事もない、昨日故障が発覚した 2TB HDD を修理交換するためと雑務、少々の買い物のために梅田へ出かけただけの一日のはずだったが、
思わぬことからガンバサポな友人を始め、3人の友と楽しい歓談の時を過ごすことができた。
特に予定のないゴールデンウィークだから、こういうひと時が貴重だ。

…ええ、ゴールデンウィーク前にあちこち出かけましたから、ゴールデンウィークの予定はなくても不満はないですよ…
…ゴールデンウィーク直後の沖縄行きを諦めたけど、北海道行けば良かったかな…なんて思ってないですよ…
…今日、梅田で北海道の格安ツアーパンフを見ていて、見積もり出しましょうか?と声をかけられたなんてことはないですよ、ええ…

そんなこんなで、酒も飲まないのに長時間話し込んだあと、夜になって別れてから少々の買い物をしての帰り際に一枚。
なんてことのない、何百回と通ったヨドバシカメラ梅田前の横断歩道。

けれど、長年にわたって工事をしていた大阪駅のリニューアルがようやく終わる。
明後日5月4日に、大阪ステーションシティはグランドオープンする。

見た目も中身も、特に目新しい物はない、どこにでもあるターミナル駅である。
何よりも、歩行者の動線を極めて疎かにした駅になった。
21世紀も10年も経って、未だに20世紀的遺物ができようとは。
ほぼ同じデザインの京都駅の方が、まだマシだ。

大阪駅とその周辺再開発に関しては、今もう一つ醜悪な事例が進行中であるが、それについてはまたの機会に触れたいと思う。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-02 23:32 | 昨日今日の1枚