<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
酷暑への飛行
flying over the side of the cumulonimbus
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 機窓@稚内→関空 / 兵庫県上空)

酷暑の大阪へ帰ってきた。
今日は夕方、祇園祭本番近し京都へ行ってきたが、京都はさらに蒸し暑い。
大学時代に通っていたから十分判っているが、夏の京都は地獄だ。

で、写真は昨日の帰りのフライト途中の機窓@兵庫県上空。
北海道から大阪への便は、伊丹行きだと北海道へ向かう過程と同じく北アルプスを越えるコースを取ることが多いが、
関空行きは日本海をずっと西へ行き、岡山県境に近い兵庫県西部を縦断して瀬戸内海へ出てから東へ向かう、そんな大回りコースを取る。

そして、夏の午後の兵庫県山中は積乱雲が多いエリアでもある。
ある程度の距離を飛ぶジェット機は成層圏に近い高度1万メートル付近を翔ぶが、積乱雲もまた成層圏あたりまで発達するので、
あちこちに沸き立つ入道雲を避けながらのフライトになる。
見てる方はちょっと楽しいが、パイロットは非常に気を使うフライトになる。

ちなみに、これがプロペラ機だとずっと高度が低くなるので、
積乱雲を避けて旋回を繰り返していくフライトの中、入道雲を上に見上げる形になる。
それはそれで結構楽しいフライトだ。

関西だと、伊丹〜但馬間の小型プロペラ機は、この積乱雲の巣の中を通って行くので、夏場はそういったフライトが楽しめることが多いが、
反面欠航することも間々あるので、軽々しくオススメはできなかったりする…
[PR]
by dbl-h | 2011-07-11 23:33 | 昨日今日の1枚
エブロ ノーザンロード・カー&おおなごフェスタ2011 @稚内北防波堤ドーム
EBURO Northern Road Car & Oonago Festa 2011 @Wakkanai
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 稚内・北防波堤ドーム)

昼過ぎの稚内空港発の飛行機で大阪へ戻ってきた。
ということで、今日は稚内のホテルをチェックアウト11時までいて、そのまま空港へ…のつもりだったけれど、
稚内港に面するホテルの部屋から眼下に見える北防波堤ドームを見ると、なにかイベントをやる雰囲気。

ググッてみると「エブロ ノーザンロード・カー&おおなごフェスタ2011」というのが開催されているようだったので、
10時過ぎにチェックアウトして、荷物をレンタカーに積んでから歩いて会場へ(徒歩2分くらいだ)。

着いてみると、カーフェスの方はクラッシックカーというよりも“昭和の懐かしの車”という雰囲気。
それでも「あー、高校生や大学生の時には、こういう車が…」という感じではあった。
ハコスカやケンメリもあったけれど、さすがにそれらになると自分たちの世代ではないし、Z31でも微妙だ。

そして、北防波堤ドームの先端では地方イベントらしい何とも言えない余興がステージで行われていて、ドームの脇には屋台が並んでいた。
また、フェスタの名前にもあるように「おおなご」をいただいて食した(美味かった!)。

それだけなら「地方のイベントを満喫して面白かった」というだけなのだが、
さらには海上保安庁の巡視船「れぶん」も横付けされていて一般解放されており、艦内あちこちを観て回ることができ、
説明をうけることもできたし、最後には記念品まで貰えてしまった。
艦内にある臨時ショップで思わずキャップを買ってしまったり(^^;

5日間の北海道滞在の最後に、たまたま楽しいイベントに出くわして、ボーナスステージを享受したような気分だった。
昨日に続いて今日も、朝のうちは雨が降っていたけれど、イベントを楽しんでいるうちに晴れてきて、
心地良い感じで北海道を離れることができた。

…なんてこともなく、今すぐ北海道に戻りてぇ〜〜〜
こんな暑いところで、ずっと過ごしてきたとは思えない。
無理だろ、こんな蒸し暑さ…

湿度と気温の差がありすぎる。
2時間半、ひとっ飛びするだけで十数度の気温の違い、そして湿度の違いは大きすぎる。
さっきまで半袖で少し涼しいくらいだったのが、関空に降りると半袖でも暑い。
一昨日の納沙布岬なんて 13℃でビュービュー風吹きまくって、長袖ジャンパー着ていてもガクブル、指先がかじかんでいたのにねぇ。

改めて……日本は広いわ。

P.S.
今年2月に来た時の北防波堤ドームは、こんな感じでした。
[PR]
by dbl-h | 2011-07-10 23:59 | 昨日今日の1枚
おぅおぅ、今日もようけな人がワイのこと見に来とるで
lesser panda @Asahiyama Zoo
(EOS 7D + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / レッサーパンダ / 旭山動物園)

連れの要望で、今日は開園から旭山動物園。
冬夏なんども来てるが、何度来てもいい。
夏でもグッタリしてる動物が殆どいない(ホッキョクグマとライオンはやむを得まい)。

ペンギンやオラウータンのもぐもぐタイムをはじめ、今年オープンのタンチョウ舎や両生類・爬虫類館など、概ね一通り回った。
土曜日で人多そうだから旭山動物園行くより、自分ひとりだけ美瑛でも軽くドライブしようかな…
と思っていたが、朝のうちは曇り空だったので、旭山動物園へ行ったが、やっぱりいいね。

去年来れなかっただけに、久しぶりで良さを実感。
また冬に来よう。夏もいいけど、冬はもっといい。
ペンギンの散歩は何度見ても癒される。

まぁ、それにしても暑かった。
途中から予報に反して日差しが出てきて、青空も見えてきたのはいいけど、暑すぎた。

なもんで、13時半に旭山動物園を出て、そのまま陽のあるうちに稚内へ…と思っていたのが、
少しでも晴れているならと美瑛を軽くドライブ。
花畑に行くのはもちろん、拓真館方面や北富良野方面へ回るのも時間がなかったので、北瑛エリアのみ。

それでも人や車が多いので、できるだけ車の少ない、でも景色のよい道を選んでドライブした。
まぁ、旭川〜北富良野界隈は、散々来ているから、そのあたりは何とでもなる。

15時半近くになってから美瑛から稚内へ向かう。
R40 をダッシュで北へ向かって、稚内まであと一息の幌別まで来たところで、曇り空の19時なのに、まだ景色が十分眺められる明るさだった。
ので、またまた大好きな道道 106号線へ。
曇天で暗くなりかけて、条件としては最悪だけど、でもまぁやっぱり稚内へ来たら走っておかないとね。

というわけで、今回の旅の最後は稚内。
ってか、稚内空港へ来て、稚内にはちょろっと居るだけかよ!という感じですな。
いやホント、こうなるとはねぇ…疲れすぎ。
[PR]
by dbl-h | 2011-07-09 23:14 | 昨日今日の1枚
緑濃い夏もいいよね(でもやっぱり私は冬が好き)
釧路湿原細岡展望台パノラマ3枚合成 by iPhone4 AutoStitch
(iPhone4 + AutoStitch / パノラマ3枚合成 / 釧路湿原細岡展望台)


今年2月にも来た釧路湿原・細岡展望台。
2月の時には、ここで釧路湿原に沈む夕暮れを見た(→その時の写真はこちら

あの時は幻想的な風景だったが、既に最寄りの駅での最終列車はなくなって(最終列車で駅を降りた)、
隣の駅まで30分以上、夜の湿原を歩いたのも、いい思い出。

そして夏。
緑濃い夏の湿原もいいけど、言っちゃ悪いがやっぱり普通。
もうちょっと霧があれば良いのだけど、今日は普通に雨だった。
また、冬に来たいねぇ。

さて、今日3日目は当初から雨予報だったので、休養日にあてるつもりだった。
当初は、昨日2日目の行動を知床から野付半島(トドワラ)回って、中標津空港で唯一自分のための旅(ヒコーキ撮り)を少ししてから、
層雲峡温泉まで行って、そこで昨日今日と連泊し、今日は完全休養日の予定だった。

が、昨日ふと「納沙布岬と温泉と、どちらがいい?」と連れに聞いてしまったのが運の尽き。
納沙布岬まで行くとなると到底層雲峡まで戻れないので、摩周温泉泊まり(それでも温泉にしたわけだが)。

さらに今日は、疲れだけでなく朝から体調が悪く、摩周温泉(弟子屈)から3〜4時間移動するだけにして、層雲峡温泉泊まりにしよう…
と思ったが、連れが明日は旭山動物園を見たいといので、旭川市内泊まりに。
おまけに単なる移動だけではつまらないから、軽く近場のどこか回ってもいいよ?と言ったら、釧路湿原。
逆方向じゃん…orz

結局、熱っぽいのを押して釧路湿原を軽くグルッと回って、2月に来た時との対比を見せてやり、
その後、釧路から5時間近く車を飛ばして、旭川駅前へ。
午後から熱が上がってきたのが自分でも判って、正直つらかった。

まぁ連れが喜ぶのはいいけど、今日はやりすぎた。
って、いつものコトな気がするけど…
[PR]
by dbl-h | 2011-07-08 22:54 | 昨日今日の1枚
リベンジの地
ANA's A320-200 @ RJCN with Shiretoko mountain ranges
(EOS 7D + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 根室中標津空港)

5年前に撮りに来たけれど、曇り空で遠くに見える知床連峰が見えなかったばかりか
帰りの階段でストラップが切れて、カメラが落下してレンズの修理代に 10万ほどかかった因縁の地。
予定がおして(一応連れの要望優先だからね)、撮るのは無理かも?と思ったけれど、
飛行機の時間が遅延していて、千歳便は撮り逃したものの、本命の羽田便をゲット。

まぁ満足とはいかなくても、当時思い描いていた構図に近いものは撮れたように思う。
陽炎がきついのは季節柄仕方ないし、霞んでるのもまぁ仕方ない。

季節の良い時にまた来よう!と言いたいところだが、ここも展望デッキに高いフェンスが作られてしまったので、
また来るテンションは殆ど無かったりする。

今日の行程。知床斜里のホテルを8時過ぎに出て…
オシンコシンの滝→知床五湖Uターン→知床自然センター→知床峠→野付半島・トドワラ
→中標津空港(昼食@15時)→納沙布岬(17時半〜18時)→春国岱(19時)
と来て、20時40分に弟子屈の摩周温泉に到着。

よく泊まる安い温泉ホテルで、定宿のひとつと言っていい。
主に一人旅の時に使う宿で、連れがいる時には川湯でゆっくりにしていたのだが、
なにせ今回は(主に連れの要望で)強行ドライブで、夕食時間には到底間に合わないので、素泊まりでも泊まれて激安いところへ。

といっても、気に入ってるくらいだから心地は悪くない。
エレベーターもなければ、暖房はあっても冷房はないし、床の間もあったりする見るからに昔の宿で古いんだけど、割と清潔感はあったりする。

というわけで、昨日今日と強行日程が続いたが、それも今日まで。
明日からは雨・曇りということなので、まったりします。

でもって、とりあえず温泉入ってくるっ!
[PR]
by dbl-h | 2011-07-07 23:33 | 昨日今日の1枚
イメージ通りにはいかない
ANA's B737-500 with Mt. Rishiri.
(EOS 7D + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 稚内空港)

今日は関空から久しぶりの ANA便で稚内へ。
第一の目的は、宗谷丘陵の風車群の上を飛んで、眼下にそれらを見ながらの着陸体験。
それはもうバッチリの絶景だった。
これで目的の7割は達成(笑) でも本当。

次にレンタカーを借りてダッシュで撮影ポイントへ。
今日午前中まで利尻富士は見てなかったらしいのだが、午後から良い天気になって利尻富士も見えてきた。
そこで、利尻富士バックでのヒコーキ撮り。

だが、何度かロケハンしていたポイントは、大ブッシュと羽虫の大群に遮られ、3分の1ほど進んだところで断念。
おかげで、フェンスがかぶって妙な構図にしかならない始末…
というか、離陸角度も考えると、もうちょっとポイントを考えなおさないと。
目安のポイントはあるんだけど、換算 800mm では足りないだろうし、何よりもまたブッシュ…

というか、取り込んでから見ると、思った以上に陽炎がきつかった。
サークリングアプローチのために、宗谷丘陵の風車の上を旋回して着陸態勢に入る機体も撮ったのだが、こっちは海越しだから酷すぎた…
でも、いつか、なんとか思い通りの写真にしていものだ。
下手くそは一度で決められないから困るね。

で、明日も晴れということで稚内滞在…と思っていたが、
宗谷岬で遅い昼メシを食いながら決めた今晩の宿は、知床斜里駅前のホテル。
はぁ?意味分からん。そんな声が聞こえてきそうな旅ですが、それが私の旅です…

まぁ、ちょっとやり過ぎたかな。
15時過ぎに宗谷岬を出て、知床斜里泊まりは酷いかも。
[PR]
by dbl-h | 2011-07-06 23:59 | 昨日今日の1枚
記念撮影で伊丹大集合!
Boeing 787 test flight @RJOO and many spectators
(EOS 7D + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM / 大阪空港)

噂の新型旅客機、ボーイング787 が日本へ初飛行。
3分の1が日本製というボーイング787 は、ローンチカスタマー(最初に受け取る航空会社)が 全日空ということもあり、
初の海外でのテストフライトは日本となり、一昨日羽田へ到着、今日は初めて羽田を離陸して伊丹空港へやってきた。

となれば、ヒコーキ屋のカメラマンはプロアマ問わず大集結。見物人も大盛況。
伊丹スカイパークも写真のように、鈴なりの人だった。
私はターミナルビルから撮影していたが、こちらも南ターミナルから北までガッツリ人がいた。

もっとも、今回は明日関空、明後日は岡山と広島、さらに10日はセントレアと行脚するので、これでもかなり少ない方である。
(各空港へ行くのは、あくまで空港設備が問題なく使えるかのテストのため)

来月になれば正式に ANA へ機体が渡され始め、1〜2年もすれば(今の B737NG みたいに)そこらに溢れかえってる機体になってるだろう。
だから、別にわざわざ今日撮る必要もないといえば、ない。

私も朝5時過ぎに目覚ましをかけて、着陸から撮ろうと思っていたが、なんか朝起きてテンションが上がらなかったので、止めてしまった。
離陸も別にいいや、と思っていたけれど、出かけついでにやっぱり、一発撮りに行ってしまった(^_^;)
本当に記念写真である。天気も微妙だったしね。

ちなみに B787 は前や横から見ても今イチというか、今までのボーイング機と大差なく見える。
が、後ろ姿は“らしさ”がある。
まさに鳥の翼らしい流線形とエンジン後部のギザギザが特徴だ。
あと、赤いランプ(ナビゲーションライト)は、他よりも点滅の周期が長くて撮りやすいね。

Boeing 787from behind @RJOO
(EOS 7D + SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM / 大阪空港)

とまぁ、そんなこんなな今日であったが、明日からはまた日本の最果てへ行く。
のだけれども、夜帰ってきてから用意し始めて(まぁパッキングは1時間もあれば終わる)、
何よりも明日からの宿は決めてない。
というか、空港降りてからの行き先も決まってない…

さて、どうしたもんかねぇ。
[PR]
by dbl-h | 2011-07-05 23:59 | 昨日今日の1枚
あの鐘を鳴らすのはあなた(違)
the carillon in Osaka Station
(GXR + P10 / 85mm 相当 / 大阪駅カリヨン広場)

さて、明日早起きすべき否か…それが問題だ。
ずっと悩んでる。

別に明日見なくてもいいというか、さほど強い興味はなかったりするんだよね、実は。
いわゆるスポッターじゃないので、飛行機そのもの、飛行機単体には大して興味がない。
情景写真には惚れるけど。

なので、どうせすぐにそこら中に溢れる機体だから早朝起きで見に行く必要はないかな、と思ってる。
と同時に、なんかさ、祭りに乗り遅れたら負けな気もするわけで…(^_^;)
[PR]
by dbl-h | 2011-07-04 23:26 | ちょっと前の1枚
ごちそうさま
at the starbucks
(GXR + A12 28mm F2.5 / Photoshop CS4 にてトーン調整)

夏場でもカフェでアイスドリンクはあまり飲まないのだけれども、蒸し暑さに思わずフラペチーノを注文。
レジの横にオススメ的に貼り出してあったものを「コレのグランデで」と注文したので、飲み物の名前は忘れた。
なんたらかんたらナニナニホニャララ・フラペチーノだった。

週5か週6でカフェには入るけど、スタバには(近所にあっても)あまり来ないし、
来てもカフェラテとかばかりだから、なんというか、スタバらしい飲み物を飲んだのは久しぶりだ。
600円以上もしやがるし、おまけにスタバらしくデブ一直線な飲み物だ。

とまぁ、そんな日だったが、メインブログの方を更新した。
金曜日に発表、サービスが開始された NTTコミュニケーションズのモバイル IP 電話サービス「050plus」を3日間試したので
あまり普通の人がやらないような“実験”も含めてやってみた。

NTT 謹製モバイル IP電話サービス「050plus」で疑問点を試してみた

無料サービス・無料通話を期待している人には向かないが、スタートとしては悪くないので、
3ヶ月間の月額基本料無料の間にどこまで自分にあってるか試してみるつもりだ。
[PR]
by dbl-h | 2011-07-03 23:59 | 昨日今日の1枚
夕暮れ近し街
in the evening light
(GXR + P10 / 28mm 相当 / ミニチュアライズモード)

ちょっと前に撮った一枚から。
もうね、うちのメイン機のピクチャフォルダが、未整理・未現像の写真で収拾がつかなくなって、どうしたもんかと。
写真、全部捨てちゃおうかな?と思うくらい。
どうせ、大した写真なんてないし。

写真は記憶・記録だけど、なんかそのことを微妙に思うこともあるんだよね。
振り返っても仕方ない写真ばかりだから、そう思うのかも知れないが。

ホント、どうしたもんかねぇ…
[PR]
by dbl-h | 2011-07-02 23:24 | ちょっと前の1枚