<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
久しぶりに竹富島行きたい感じ
Taketomi Island (view from the ship)
(GXR + A12 28mm F2.5 / 竹富島@安栄観光高速船中)

数日前に、ふとテレビで竹富島の紹介をやっているのを見て
「そういや、久しく竹富島に行ってねーなー」
と懐かしく思って、行きたいと思い始めた。

ので、この春、竹富島の横を高速船で駆け抜けた時に撮った一枚を。
ホント、平べったい島だ(黒島とかもそうだけど)。

竹富島には何度か行ったことがあって、でもまぁそうそう観光する所があるわけでもないし、
何度も行ってるうちに、しばらくは来なくていいや的に思って、
最近石垣島に行っても竹富島には足を運んでいなかった。

最後に行ったのは、5〜6年前に日帰りで竹富島へ行った時だろうか。
あの頃はまだ JAL/ANA にバースデー割引なんてものがあって、石垣往復2万円で行けたりしたのだ。
ホント、あの頃まではバーゲンフェアとかタイム割とか色々な割引があって、飛行機旅大好きな身には良い時代だった。

で、この春も、目の前に竹富島を望むリゾートホテルに滞在していたから
行こうと思えば行く時間はあった。
が、完全スルーだった。

ってか、沖縄も観光的なところは既に何度も足を運んでいる所が多いので、
観光よりはゆっくりしたい気持ちが強い。
だから3泊程度とかだと、できるだけ動かずマッタリという気分になる。
まぁ、歳を取ったということだが(>_<)

そんなわけで、久々に竹富島に行きてーなー、という気分になっていて
今日はその思いからの一枚だった。

あ、そうそう GXR の機能拡張ファームウェア第4弾が来たので、それについてメインブログの方に書いといた。

再び神アップデート キタコレ! GXR 機能拡張ファームウェア第四弾

素晴らしいアップデートだけど、上記記事にも書いたが、個人的には「あそこを直さんかー」みたいなところがあったりして、
ちょっと喜び半分みたいな部分もある。
フォーカスアシストに関しても、ぶっちゃけ NEX のピーキング機能の方が俺は好きだし、判りやすいとは思おう。

まぁ、条件によっては全くアテにならない GXR の AF を MF で補わなければならないことを思うと、
私みたいに MF からっきしダメな人間には、こういったサポート機能はほんとうに有難いけどね。
[PR]
by dbl-h | 2011-08-31 23:46 | ずっと前の1枚
ホッと一息、ドッと安堵感
a waiting room of the university hospital
(iPhone 4 / Photoshop CS4 で白黒化・周辺減光・ノイズ付加 / 大阪大学医学部附属病院)

Twitter でも午前中ちょっとツイートしまくったが、今日は半年に一度やってくる、人生の関所であった。
手術から1年半、ちょっと項目を増やされた検査結果の告知。
転移・再発が見つかるとすれば、そろそろである。

というか、手術時に若干の転移が認められていた経緯もあるので、いつアウト宣告が来てもおかしくないだけに
その後放射能を飲み込んでの治療を受けて改善されたとは言え、検査のたびに戦々恐々、
項目数が増やされれば、それだけ覚悟もきつくなる。

そんなわけで、検査結果がアウトならちょっと傷心旅行にでも出て気分転換しようと思っていた。
だから朝、家から出る時には MacBook Air や iPad など以外に、2泊分くらいの着替えや一眼レフなども持って出ていた。
ダメなら、沖縄へ飛ぼうか、秋葉原へ行って紛らわせようか、友達のところへ行って吐き出すか…

まぁぶっちゃけ言うと、私はつくづく弱い人間だから、検査結果のことばかり考えて、悪い方ばかり考えるから、
その先に旅にでも出ることにして、その行き先に頭を悩まして、検査のことを紛らわすしかなかったのである。
一種の逃げであるが、別段それを恥じてはいない。
もっとも、大学病院の玄関をくぐると、全てが吹き飛んでしまうわけだが。

もう、あそこの玄関をくぐるとパブロフの犬のように、条件反射で胃が痛くなる(^_^;)
どうしても2年前のことが思い返されるし、その後今までの、診察のたびの胃の痛くなるっぷりが蘇るから仕方ない。
とにかく、今日も検査結果を聞くまでの待ち時間は、胃と心臓が締め付けられる思いだった。

が、血液検査もレントゲンもエコーも問題なし、ということで、今回はひとまず助かった。
これで半年は“普通に生きていける”可能性が大きくなった。
相変わらず声は出にくいし(多分もうこれは治らない)、色々副作用やら大量の薬やらはあるけど、生きてるだけで丸儲けと思っている。

でもって、旅の用意をしていたが、何事もないとなると、傷心旅行の必要性もなくなった。
しばらく無事な体なら、改めて旅行の計画を立てることができる。
今はまだ8月、夏休み料金だし、無理して行くこともない、と帰宅した :-)
なので、特に写真がなくて、こんな写真になったわけだが…

また半年後には、何がどうなるかは判らない。
夕方からまた出かけて、さっき家に帰ってきた直後に、向かいのお婆ちゃんが玄関先で倒れて救急車で運ばれるようなこともあったし
転移や再発以外に、自分がどうなるかは本当にわからない。

というか、検査に関しては、どれだけ切り抜けてもいずれ引っかかる“一人黒ひげ危機一髪”みたいなもんだから、覚悟はしている。
けれど、やっぱり、できるだけ先であって欲しいと思う。
つーかね、仕事の話がきても、長期的な仕事は受けにくくなってるのが辛い…

とまぁ、愚痴ってしまったけれど、とりあえず今回は切り抜けた。
これでガンバのJリーグ優勝も CWC 出場も心置きなく見届けられるので、あとはガンバに頑張ってもらうだけだ!(笑)
ガンバ vs バルサの試合と、ガイナーレが間違ってでも J1 に昇格してしまう瞬間は見届けたいね。

f0169811_23534196.jpg

(検査結果がアウトだったら、こんな視界になっていたかも…と冗談を言える幸せ :-)
[PR]
by dbl-h | 2011-08-30 23:54 | 昨日今日の1枚
飛んで火に入る夏の虫
Marks with which insect collided (Shinkansen N700-7000 Series)
(PowerShot S90 / 50mm / 広島駅)

火にいるじゃなく新幹線にぶつかってるわけだが、まぁ汚ちゃないですな。
車も夏場、特に夜の高速を走ると、翌朝フロントバンパー付近を見てゲンナリするわけですが、
新幹線もまた同じということで。

この新しい N700系 7000番台(山陽・九州新幹線乗り入れ用編成)を見るのももう5度目くらいで
別に写真を撮るつもりもなかったのだけど、この虫の跡が気になって、ちょっと1〜2枚シャッターを切ったのだけど、
その直後に、近くにいた鉄ちゃんから話しかけられてキモかった。

「い、いま、撮りましたよね?撮りましたよね!?」
「は、はぁ?」
「撮りましたよね?九州新幹線撮りました?」
「…(なんだ、こいつ)」
「と、撮りましたよね?撮ってましたよね?」
「あぁ!?(-_-#)」
「ど、どこまで、どこまで行くんですか?」
「はぁ!?(このキモいのどうしたろうか…)」
「撮りましたよね?どこまで行くんですか?」
「はぁ!?なんや!(ちょっとキレた)」
「あ、いいです…」

立ち去っていたキモい鉄ちゃん。
でも彼の手には携帯電話しかなかったから撮り鉄ではないはずなのだが…まぁキモかった。
私自身、ヲタを否定しないから、あまりキモヲタ批判はしたくないが、あれは筋金入りすぎた。無理。
ってか、日本語しゃべれ。意味分からん。

まぁ、そんなことがあった昨日の広島駅のヒトコマでした。
[PR]
by dbl-h | 2011-08-29 22:45 | 昨日今日の1枚
広島のち神戸で快勝!
Astram Line's train at the north area of Hiroshima City
(PowerShot S90 / 105mm 相当 / 広島市安佐南区)

昨日、長良川競技場へガイナーレの応援をしに行った疲れもあまり取れないまま、朝から広島へ。
所用を終えて2時すぎには帰路についたのだが、まずは灼熱の太陽の下、電車に乗るまでに急坂を登って汗だくに(>_<)
上の写真までに下って少し登ってるのだけど、実はここからまた下って、見上げるような斜面を登って駅へ行くのだ…orz

ともあれ、同じ広島市内でも山の裏側から広島駅まで1時間強、そしてこれまた新幹線も1時間強で広島から新神戸へ。
そこから地下鉄を乗り継いで御崎公園球技場、別名神戸ウイングスタジアム、またの名をホームズスタジアム神戸に到着。
疲れた…三宮での市営地下鉄どうしの乗り継ぎ(いったん改札を出て地下街を10分歩く)は初めてだったけど、最低最悪だな。
都営と営団地下鉄ですら、こんな酷い乗り継ぎはないよ。

と思うが、神戸市らしいといえば、らしい。
みかけだけは良くても、中身はセコい、快適さの欠片もない、というのは神戸市の得意技だろう。
ポートライナーしかり、ホームズスタジアムしかり…

ホームズスタジアムも一見立派な屋根付き球技場だけど、席は狭いわ、換気が悪くて蒸し暑いわ、
交通の便は一極集中で帰りは悲惨だし、なによりも芝がいつもダメダメ。
今日はプロのサッカーの試合をするような芝生じゃないと言えるほどに酷かった…

after the victory at Home's Stadium Kobe
(PowerShot S90 / 105mm 相当 / ホームズスタジアム神戸)

のだけど、ガンバは 4-0 の快勝!
内容は色々あっても、この夏場の強行日程を思えば、選手に試合内容の文句なんてつけられない。
とにかく首位をキープしていくだけの結果がついてくれれば、何も言うことはない。
まぁ、他の上位クラブも取りこぼしせず、ガッチリと僅差でついてきてるけどね…

レイソル戦で左SB の下平が怪我して当分戦列を離れることになり、SB 不足に悩むガンバとしてはどうなることか?と思ったが、
今日は代役で入った新人の藤春が、まあまあ無難にこなした感じだった。

決して良いとは思えないし、物足りなさは非常にあるけれど、90分ピッチに立って試合を壊さないだけでも貴重だ。
春に匠が故障した時にも初スタメンに抜擢されていたが、あの時(福岡戦@レベスタ)は本当に酷かったからねぇ。
その時は前半だけで交代させられていたけど、それでもよく我慢したと思ったくらいだ。

それに比べれば、今日の藤春は随分とマシになっていた。
良くなっていた、というにはまだまだ足りないが、中位下位クラブ相手なら何とかなりそうだ。

本来なら守備を考えると高木和道が左SB に入っても良いのだろうが、
CB も聡太が怪我して復帰未定となれば、本業の CB に和道が入ることになるし、
連戦で中盤のベテランを休ませたりすることを思えば、武井を簡単に SB へ持っていくのもできない。
(実際、今日は2列目で使われてゴール決めてるし)

となれば、匠が怪我から復帰するまでは今後も藤春が使われる機会も多いはずだ。
上位クラブ相手には正直不安だが、とにかく新人なのだから、ガンバの高いレベルの実戦で力をつけていって欲しい。
ホント、SB が薄くて困ってるんだから…藤春頼むで!
[PR]
by dbl-h | 2011-08-28 23:59 | 昨日今日の1枚
元気な鳥取、元気になったガイナーレ
a windbreaker painted "vigorous Tottori"
(DMC-GF2 + M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F4-5.6 / 83mm 相当 / 長良川競技場)

今日は迷った末に、岐阜・長良川競技場へガイナーレ鳥取の応援へ行った。
ウチ(吹田IC 至近)からならば長良川競技場は、ガイナーレのホームスタジアムであるとりスタへ行くのと同程度である。

出るのが遅くなり、連れと合流して大津を出たのが2時半だったから櫃まぶしを食うのは諦めたが、
その分、長良川競技場でのスタジアムグルメに舌鼓を打った。
ぶっちゃけ言うと、頑張っているけれど美味いのは割と限られている、と思う。

ただ、ここはチケットゲートの中にスタジアムグルメの店が並んでいるので、再入場云々がなくて良い。
他もできるところは少し考慮して欲しいと思うところだ。

ちなみに長良川に来たのは3回目だが、去年は長良川競技場が改修工事をしていたため、
少し離れた長良川球技メドウでの試合だったので、長良川競技場は2度目になる。

改修後は初めてで、オーロラビジョンができていたり、長椅子シートの座席席が増えてたり、色々違いはあるが、
トラック付きのスタジアムの中では割と見やすい方のスタジアムだと思う(まだマシという話であるが)。
座席部分の傾斜がきついことや、メインやバックの上段は屋根があるので雨の時に退避できる余地があるのは良い(万博記念競技場比)。

もっとも、3万1千人収容の長良川競技場で FC岐阜の試合をやるのは、なかなか侘しいものがある。
今日は3千5百人ほどが入ったようであるが、2千人くらい?と思うほどに閑散としていた。

隣りに名古屋グランパスエイトという超有名なビッククラブがあり、去年は J1 初優勝しているのだから
J2 参入以降低迷とクラブ存続の危機が続いて、今年も最下位独走中のクラブに人が来ないのも当然だろう。
だから、むしろ3千5百人定員のメドウでやった方が良いと思うのだけど、まぁそうもいかないJリーグ規定ではある。

長良川競技場 iPhone4 3枚合成パノラマ
(iPhone 4 + AutoStitch / 3枚合成パノラマ / 長良川競技場)

で、試合はというと、キックオフ直後から FC 岐阜が押しまくり。
幸運にも助けられて何とかしのいでいたが、早い時間に失点。
ここ5試合得点のないガイナーレだから、今日もまた…と思ったが、前半のうちに同点に追いつく!
6試合ぶりの得点!!
と思ったら、また失点…

1-2 で前半折り返し、今日も厳しいかなぁ…と思っていたら、なんとなんと後半に2点を入れて逆転勝ち!!
結果的には素晴らしい試合になったし、私はガイナーレ観戦初勝利。長かったわー
おまけにガンバも含めて今季アウェイ観戦で初めてスッキリした?ゲームを見た気がする。
(福岡でも試合は勝ったけど、福岡の民度の低さに観戦中およびその前後に迷惑千万被って最悪だった)

まぁ内容は正直良くなかった、先週負けた試合の方が内容的には良かった、と思う。
しかし、結果が内容と必ずしも比例しないのがサッカー。
ラッキーな部分も少なくなかったし、最後は相手も1人退場になったけれど、
それを引き寄せるのもまた実力。

前半の FC 岐阜を見る限り、え?これで最下位??と思うような寄せの速さとカウンターの鋭さであったが、
後半に足が止まり始めると攻守がバラバラになって勢いが全くなくなってしまった。
岐阜側からみれば、前半に何度もあったチャンスをあと1〜2点決めていれば、余裕の試合だっただろう。

反面、ガイナーレからすると今日は攻撃の速度が少なかった分、結果的にハメドが生きたような印象がある。
ぶっちゃけ最下位相手だから何とかなったような感じはなくもない。
ガイナーレの試合はまだ観戦数も少ないので、これ以上細かく言及するのは避けたいと思うが…

でもまぁガイナーレの応援に関しては、基本的に心穏やかに、楽しくなんだけど、
ガンバがダメダメな時のサッカーと似ているだけに時々マジギレしそうになる(笑)

今日もペナルティエリアのちょい外で、ボール持った選手に誰もプレッシャーかけずにいてミドルシュートをバッチリ決められた鳥取。
おいおい、ガイナーレでも万博でお馴染みのシーンを見せられるのかよ…と正直思ったり(^_^;)
まぁ今日は勝ったからいいけど(^o^;)

ともあれ、次はいつ行けるかなぁ…
Jリーグだけでなく、ナビスコ杯、天皇杯と入ってきて、ガンバも予定が立て込んでくる秋。
とりスタは遠くないけど、ちょいと交通費はかかるからねぇ…
今季あと1〜2回は行きたいんだけど、どうかなぁ。

そういや、最近カンスタに行ってないから、岡山戦アウェイも行きたいな。
隣県同士の中国ダービー。そこそこ盛り上がるんかな?
あとは J2 探訪で富山に行こう行こうと思っていて行ってないので、富山アウェイには行きたいね。
白エビバーガーを食べに(笑)
[PR]
by dbl-h | 2011-08-27 23:59 | 昨日今日の1枚
もくもくモッくーん 積乱雲3題
Today's cumulonimbus (1)
(PowerShot S90 / 50mm 相当 / イオン茨木)

Today's cumulonimbus (2)
(PowerShot S90 / 85mm 相当 / 阪急グランドビル31階)

Today's cumulonimbus (3)
(PowerShot S90 / 50mm 相当 / 大阪駅アトリウム広場)

今日は iPhone で撮った写真を Instagram & Twitter へリアルタイムで掲載していたものと同じものを
コンパクトデジカメ PowerShot S90 で撮ったものをここに掲載。

PowerShot S90 の RAW 現像写真といっても別に作品作りにするわけでもなく、
こうやって適当ブログに垂れ流す程度なら iPhone でも大差ない気は、毎度のことながらする。
特に S90 には HDR がなくて iPhone 4 には HDR があるから、コントラストの強いシーンでは意外と iPhone 4 の方が(内容は)よく写る。

といっても、やっぱり PowerShot S90 には光学ズームがあるのと RAW 撮影ができる点で断然有利だし、
時には S/A/M 各モードで露出コントロールなのは、もしもし写真(ケータイ写真)ではないことだ。

最近は再び GXR より PowerShot S90 を持ち出す機会が多く、
GXR を持ちだしても「S90 を持ってくれば良かったかなぁ…」と思うことも増えていたりする。
やっぱりある程度の画角の種類がないのは辛いし、中望遠がないのは私には痛い。

というようなこともあって、メインブログの方にこんな他愛もない記事を書いた。

ミラーレス陣営大攻勢で、誘惑の秋

手持ちのミラーレス機を色々再編したいのだが、なかなか全てを満たすことはできない…ということである。
動体対応、高感度、コンパクト。
この3つが最優先なんだけどね。これらが満たされるなら多少の画質は目をつぶってもいいと思ってる。
まぁ、GXR + A12 ユニットより格段落ちの画質だと、すぐに萎えるかもしれないが。

でも PowerShot S90 の画質は大して良くなくても、これはこれで良いんだよね。
中途半端に大きくも小さくもない小さなミラーレス機と違って、本当の“コンパクト”デジカメだし、
コントローラブルで、RAW 撮影ができて、高感度もそこそこ強い。

これを越える後継機に期待しちゃうが、難しいとも思う。
楽しみだが、不安でもある…
[PR]
by dbl-h | 2011-08-26 23:59 | 昨日今日の1枚
牛肉サミット2011 PR トレイン
Keihan Gyuniku Summit Train
(GXR + A12 28mm F2.5 / 唐橋前)

けいおん!ラッピング電車が話題になっている京阪石山坂本線であるが、
以前も書いたようにこの路線では数多くのラッピング電車が走っている。

今日、友達から「牛肉サミット 2011 PR トレイン」の写真が送られてきたけれど、
私も撮っていたのを思い出して、他にネタもないので、その「牛肉サミット 2011 PR トレイン」で一枚。
まぁこの写真は速攻ボツ写真だったんですけどね(^_^;)

あ、メインブログに他愛もない雑文記事を載っけてます。
当初、別記事の枕のするつもりの話だったんですが、全く関係ない話を記事の枕に持ってくるのもどうかと思って独立記事にしましたが…

Jobs 氏、Apple CEO 退任について徒然

メインブログの方は毎回ある種の経験記事レビュー記事で長々と書いているけれど、
本当はもうちょっと短めの記事で雑文でも何でも更新頻度を上げたほうがいいのかな?
と思ったりするけど、まぁ無理かな。
文才もないし、ネタもないしね…
[PR]
by dbl-h | 2011-08-25 23:45 | 最近の1枚
首位キープだから帰りの駐車場渋滞も我慢できるよね?(たぶん)
a traffic jam of the parking exit
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 公園東口駅)

いつもならスタジアムから歩いて帰るのだが、あまりの蒸し暑さに冷房の効いた中で帰りたくて、
思わずモノレールで帰ってしまうところで一枚。
車で来る人は毎度帰りの駐車場出口渋滞は大変ですよねー(半分棒読み←完全他人事 ^^;)

まぁ私もモノレールで帰ったところで、歩いて帰るのと時間的に変わらないので、お金が勿体ないだけですけど、
誘惑にまた負けてハーフタイムに、くくるのたこ焼きとビールを飲んだのに、
帰りにまたたこ焼きを買ってたので、それを持ってちんたら歩くのもねぇ…

ってなことは良いとして、今日はJリーグ頂上決戦、J1首位のガンバ大阪 vs 2位柏レイソルの一戦。
結果だけ見ると 2-0 と快勝のようなのだけど(今期2回目の無失点完封だしね!)、
実際はジリジリとした展開で「今日は引き分けかなー」という感じであった。

正直なところ、ラッキーな面もあっての勝利だったが、
そのラッキー具合を引き寄せたのは、珍しく積極的に選手を交代させ、それも若手に全部チェンジした西野采配だったかもしれない。
途中出場の3人、大塚、平井という若手 FW が得点し、アフォンソがベストプレー賞をもらうくらいだから、采配はズバリ!と言えよう。

けれど、夏場なのに中2日、3日の連戦続きでレギュラーメンバーは前半から足が止まっていた。
何度もチャンスを作るけれど決めきれず、でもそれを責める気にはなれない状況でもあった。

今日の他の試合の多くが引き分けだったように、
この試合も引き分けでも仕方ないかな、首位陥落でも仕方ないかな、
そう思ってしまった私を叱咤するような最後の2点だった。
いやはや、反省。

それにしても、ラフィーニャの献身的な動きには参る。
1ヶ月前に加入して7得点、このまま行けば突き抜けて、後半戦だけで得点王になってしまいそうな勢いであるが、
実際には前線からのチェイスもするし、時には自陣ゴールライン近くまで下がってディフェンスをする。
とにかく、単なる点取り屋、FW ではなく、本当によく動いて器用にこなしてくれる。

1ヶ月前までは J2 草津にいたわけだが、きっとそこでは持てる力を生かせる周囲のサポートが無理だったのだろう。
ガンバというレベルの高いパスワークをこなして攻撃的な戦術をこなすクラブに来て、彼の才能は完全に開花したのだと思う。
時折、J2 の試合を見ているだけに、そういうことが痛切に感じられる。
きっと、ラフィーニャも今はサッカーが凄く楽しいだろうと思う。

今日も彼の頑張りが勝利に結びついたことは間違いない。
いつまでいるのか判らないが、きっと来季はいない気がするから、何とかこのまま6年ぶりの優勝を彼とともに勝ち取りたいと思う。
[PR]
by dbl-h | 2011-08-24 22:58 | 昨日今日の1枚
日の丸構図でゴメンナサイ
the road sign of the old Tokaido street
(GXR + A12 28mm F2.5 / 唐橋前)

う〜む、酷い日の丸構図。
と思ったので、反省のために晒しておく。

なんで、こんな写真になっちゃたのか。
たぶん何も考えてなくて、面倒くさくてパッと撮っただけだから以外にない。
最近、そういう写真ばかり…

機材が勿体ないよね。
そう思う。
写真にも人生にも覇気というものがないな、最近。
困ったもんだ…(´・ω・`)
[PR]
by dbl-h | 2011-08-23 23:33 | 最近の1枚
ラッピング・トレイン(モノレール)
wrapping ad. painted monorail
(PowerShot S90 / 50mm 相当 / パートカラー的レタッチ / 大阪モノレール)

今日は一部方面で、京阪大津線(石山坂本線)で今日から走り始めた「映画けいおん! ラッピング電車」が話題になっていたが、
なんとなくそれにちなんで、近所を走る大阪モノレールのラッピング・モノレールから一枚。
ちょい地味な阪急電車のラッピング広告だけど、パートカラー的に色を抜いてみた。

今回、けいおん!ラッピングで話題になった京阪大津線は元々ラッピング電車を色々走らせているところだけれども、
大阪モノレールも最近は本当にラッピング広告が多くなった。
通常車両の方が少ないのでは?と思うくらいだ。
個人的にはその方が面白くていいけどね。

派手な大阪王将のラッピング広告は以前に載せたと思うが、最近はコカ・コーラも走っている。
(コカ・コーラは日本のラッピング電車がまだ珍しい頃 JR にラッピング広告を出していた)
もうちょっと鉄ヲタ成分が多ければ、全部記録してきちんと写真にでも収めていたのだろうが…

けいおん!に関しては制作している京都アニメーション(通称京アニ)が京阪宇治線沿いにあるし
けいおん!アニメの舞台は叡山電車沿い(修学院その他)だから、
叡山電車で特別ヘッドマークを付けたり、京阪でラッピング電車するのは納得できる。
でも、ぶっちゃけ、ちょっと羨ましいかな…大阪モノレールは関係ないし(笑)

それにしても、色々なラッピング電車を走らせてきた京阪石山坂本線でも、今回のけいおん!ラッピングは随一の凝りようのようだ。
とにかくド派手で、フィルムの使い方、使っている量が半端じゃない。
窓まで仕掛けている上に、内装も、扉の内側も、運転席の後ろも、全部けいおん!仕様のようだ。

誤解している人もいるようだが、ラッピング広告というのは塗装じゃなく、フィルムを貼っている(だからラッピング)。
フィルムに予め印刷して、それを車両の外側に貼っていくので、塗装と違って安上がりであり、
現在はバスや電車の外装広告では主流となっている。

ちなみに、飛行機も塗装は少なくなりシールであることが多い。嵐ジェットなんかはそうである。
ポケモンジェットは塗装だけれども、塗装は塗装する時や剥がす時に時間と費用がかなりかかるし、
塗装分だけ機体重量が重くなって燃費が悪くなるので、昨今は余計に敬遠されている。

そんな塗装よりは手軽なラッピングフィルムではあるものの、それだけに「どれだけ凝るかは予算次第」である。
それを思えば、今回のけいおん!ラッピング電車の凝りようは、映画の宣伝でガッツリ費用をかけたんだな〜と感じられる。

日曜日には記念きっぷも発売されるが、3千円のものが700セットなんて一瞬で完売必至。
(叡山電車の時は6千枚が2時間半で完売して始発から2時間後に到着組は買えなかった)
京阪京津線・石山坂本線は大赤字で捨てたいくらいのなか、ラッピング広告をやっているわけだが、今回は色々とメリットはありそうだ。
まぁ、俺もちょっと見に行きたいし、乗りに行きたい(笑)

京阪大津線を走る映画「けいおん!」ラッピング電車の外観はこんな感じ - GIGAZINE
[PR]
by dbl-h | 2011-08-22 23:30 | ちょっと前の1枚