<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
北アルプス中心部一望@空撮
the line of North Japan Alps mountain ridge
(GXR + A12 50mm F2.5 / 北アルプス上空@機窓)

昨日に続いて、先月搭乗した関空→稚内便の機窓から。
伊丹・関空から北海道や東北北部へ向かう便は、概ね北アルプス上空を通過する。
北アルプス上空といっても、どのあたりを通過するかはその時次第、機長次第。

この時はちょうど新穂高温泉のあたりから北北東へ抜けて行ってくれたようで、
右手の機窓からは眼下に北アルプスの中心部、穂高連峰から槍ヶ岳の稜線を見ることができた。
天気はイマイチで霞が強かったが、レタッチしてそれなりの“旅の記録写真”程度になる程度のものは撮れた。

ここに掲載しているサイズでは判りづらいが、一番手前の稜線が、穂高連峰〜槍ヶ岳の稜線である。
稜線の一番右、少し奥に入ったところの高い頂が、穂高連峰の主峰、奧穂高岳。
常識ではあるが、奧穂高岳は 3,190m、日本第3位の高峰である(富士山、北岳@南アルプスの次)。

その奧穂高岳から北(左手)へ円弧のような稜線が伸びている先にある次の高峰が、北穂高岳。
奧穂高岳と北穂高岳を結ぶ稜線の向こうに、7月にもかかわらず多くの雪が残る圏谷があるが、そこが有名な涸沢カールである。

北穂高岳から北(左手)の稜線をいくと、大キレットの凹みをはさんで、南岳、中岳、大喰岳と続き、
一番左の方(稜線が三方向に別れているところ)の高峰が槍ヶ岳である。
この小さな写真では判らないが、拡大すれば、槍ヶ岳らしい“槍”な頂きが飛行機からも判る。

槍ヶ岳の右側の谷は槍沢で、そこから下へ降りていき、
穂高連峰の向こう側の谷あいを右の方へずっと行くと上高地に出る。
ちょうど写真の右手、奧穂高岳の向こうから右へ流れている川が梓川で、写真の切れたあたりが上高地。

また、穂高連峰〜槍ヶ岳とは違う奥側の高い稜線は、一番左隅が大天井岳、少し離れて南側(右手)には常念岳も見える。
常念岳から北へ稜線を通り、大天井岳から手前側へ続く稜線を通って槍ヶ岳へ向かうルートは
通称「表銀座」と呼ばれる北アルプスの縦走ルートの一つになっている。

そして、それら北アルプスの山々の向こうに見える平野が、松本平野である。
梓川はグルッと迂回して、松本平野を通って北上し(写真左へ)、写真左上の谷あいを抜けて長野方面へと流れる。
松本〜長野間を結ぶ高速道路や鉄道も、そこを通って行く。
[PR]
by dbl-h | 2011-08-11 23:59 | ちょっと前の1枚
乗鞍岳と富士山
the aerial photos of Mt. Norikura and Mt. Fuji
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 機窓)

先月、ANA 関空→稚内便に乗った際の機窓から。
天気はイマイチで雲が多く、また霞も強かったが、北アルプス上空では少し雲が切れていたので、眼下の景色も見ることができた。
実際には霞が強くて、写真としてはイマイチだったけれども…

左下の山が乗鞍岳。その奥に中央アルプスの最北の稜線、そして雲がかかった南アルプスの山々があり、
一番奥にポッコリと山頂を出しているのは、もちろん富士山。
低い雲の向こうに富士山だけが見える、というのは日本の空ではお馴染みの光景だ。

ってことで、今日は日韓戦。日本が完勝。
今日は札幌ドームだったが、北海道のサッカーファンは U-22 も含めて堪能しまくったことだろう。
正直羨ましい。

守備には不安を残す部分もあったが、デフェンスだけの問題というよりも
後半ボランチが交代してからのバランスの悪さが引き出した問題と思えた。

U-22 で無双していた清武がA代表でもやれたように、攻撃の選手やサイドバックは駒が揃ってきたが、
ボランチの控えとセンターバックに関しては不安が残る。
長谷部、遠藤の2人、特に遠藤がいなくなると、途端にボールの収まりがつかなくなるのは今日もまた同じことだった。

ガンバファンの一人として、ヤット(遠藤)が代表に不可欠な存在として認められている状況は素直に嬉しいが、
反面、4年後を考えると本当に心配なことでもある。
今日も家長に代わっていたが、家長はもう代表レベルじゃないとしか思えないし、柏木もねぇ…

まぁ今日の日韓戦の勝利は非常に嬉しいが、所詮親善試合だしね。
というか、韓国に壊された選手がいなかったのが何よりもの勝利だよ!!
[PR]
by dbl-h | 2011-08-10 23:59 | ちょっと前の1枚
特に何事もない夏の日の空
blue summer sky
(PowerShot S90 / 35mm 相当)

全くもって最近は、腑抜けた意味のない写真の連続で申し訳ない。
今日もまた適当に撮った1枚でしかない。

で、相変わらず XPERIA Mini Pro を可愛がり(環境構築)しているわけですが、
Mini Pro は基本的に「iPhone と同じ使い方」をすることを念頭に構築しています。
iPhone が壊れた時というか、iPhone の代替機としての役割を担わせようと。

もっとも国際版の端末ですので、FOMA プラスエリアに対応していないという大きな欠点があるため、
SIM ロックフリーの iPad 2 みたいに「ソフトバンクが圏外になる場所での代替端末」的な使い方は、ほぼできません。
ソフトバンクが繋がらないような場所でドコモが繋がる場合の多くは、プラスエリアですからね…

iPhone でも自分なりの環境構築には悩みますが、Android の場合には更に幾つかの点で悩む点が増えます。
1つ目は、ウィジェットがあるので、それをどう活かすか。
2つ目は、iPhone に比べて内蔵ストレージ容量が極端に少ない分、アプリサイズも気になります。
3つ目は、何でもかんでもバックグラウンドで動かすアプリが多いので、ウィジェットも含めて負荷も考えなきゃなりません。
(バッテリー消費の問題にも大きく響いてくるので)

そういう意味では、環境構築が大好きな人、それ自体が目的な人には堪らない Android ですが、
つくづく iPhone のシンプルな設計や制限付きのマルチタスクは楽だな〜と思います。

まぁ「Android は使うのが楽しいのではなく、使えるようにするのが楽しい」なんて言葉もありますから、
ちまちまとやっていきますかね。

というか、8割方は終わってるのですが、イマイチ Twitter クライアントがしっくり来ないんですよね…
[PR]
by dbl-h | 2011-08-09 23:59 | 最近の1枚
大阪市街遠景
the distant view of Osaka City
(PowerShot S90 / 105mm 相当 / 大阪大学医学部附属病院)

家族が入院している病室からは、真正面、真南に大阪の高層ビル群が眺められる。
私が入院していた時にもお馴染みの後継だが、
先週土曜日の淀川花火大会は遠くながら非常に綺麗に見られたとか。

3週間ほどの予定で入院しているなか、検査にウンザリし、それ以外は退屈し尽くしているだろうから、
花火見物は何よりの気分転換になっただろう。
今夜はきっと正面玄関あたりまで出て、茨木弁天さんの花火を間近に楽しんだはずだ。


さて、昨日届いた XPERIA Mini Pro を今日から本格的にセットアップして使い始めているが、
これがもう結構お気に入り。

iPhone モドキじゃない特徴ある Android スマートフォンなら買う気になる、
そう思って買ったわけだが、とりあえずオモチャ的なつもりだった。
しかし、これが非常に自分の手に馴染む…

もちろん使い辛い部分を挙げていったら幾らでも出てくるし、
コンパクトで手に馴染む反面、3インチの液晶画面はスマートフォンとしてはやはり小さすぎる。
ハードウェア・キーボードも使いやすいわけではない(これは想定通り)。

でも、小ぶりだけど小気味よく動いてくれる感じがなんとも言えない。
(XPERIA arc や acro と処理速度は大差ない)
廉価機だからモロにプラッキーな質感だけど、このサイズと値段なら、むしろそれもアリ。

ホント、良い買い物をした。

もちろん、そこらへんに使っている人がいない、という
ヲタ心をくすぐる点も満足感に貢献していることは言うまでもない(笑)
[PR]
by dbl-h | 2011-08-08 23:56 | 昨日今日の1枚
蒼と黒と白
cumulonimbus over the stadium
(PowerShot S90 / 105mm 相当+若干トリミング / 万博記念競技場)

蒼と黒に染まる万博記念競技場の向こうに、白く立ち昇る積乱雲。
しかし今日は曇が流れてくることもなく、1日良い日和だった。
夕方からの試合は真夏にしては少し涼しめで、ちょうど良い観戦日和だった。

試合の方も 2-0 と完勝…と言いたいところだけれども、
実際には福岡のミスに助けられての勝利とも言える。
1-1 で終わっていたとしても何らおかしくなかった。
今季初の無失点試合なのに、イマイチ喜ぶ気になれない勝利であった。

この先大阪ダービー、名古屋、川崎、柏と難敵続きの正念場なのに、
最下位独走中の相手にこれでは思いやられる。

1試合少なくて首位と勝ち点2差なら、ホント良い順位のはずなんだけど…
まぁガンバの場合は、目指しているものは優勝しかないからね、厳しくもなる。

さて、ガンバの試合から帰宅すると、待望のものが香港から届いていた。

いいねぇ、いいねぇ。このサイズ感。日本で売れば馬鹿売れすると思うんだけど、なんで売らないのかねぇ。 ハードウェアキーボードは多分使わないと思うけど、付いてる方に。とにかくiPhoneモドキじゃないAndroid機が欲しかった。込み込み2万5千円ちょい。

明日にでもメインブログの方に書く…かどうかは、ちょっと悩み中。
この手の物はちょっと色々あるからね…
[PR]
by dbl-h | 2011-08-07 23:29 | 昨日今日の1枚
淀川花火大会がバッチリ見えそうだ…
panorama view of north of Umeda, Osaka
(iPhone 4 / AutoStitch アプリにて2枚パノラマ合成 / キヤノン梅田 EOS 学園・CPS@梅田ダイビル18F)

キヤノン梅田のショールームやギャラリーのある梅田ダイビル 18階からの景色。
北梅田が一望でき、眼下の大阪駅、梅田貨物ヤードやスカイビルはもちろん、
淀川から北摂、六甲の山々まで望める素晴らしいロケーション。

ここは EOS 学園の講習会場や CPS(キヤノン・プロフェッショナル・サービス)のサービスセンターがあるフロア。
普段はここへ立ち入ることもないが(私も2回目)、
今日は現在キヤノンギャラリー梅田で開催されている「キヤノンJリーグミュージアム in Osaka」の
スペシャルトークショーに当選したので、友人を誘ってやってきた。

トークショーのゲストが、モリシこと森島寛晃氏(元日本代表&ミスターセレッソ)と
秋田豊氏(元鹿島&日本代表、前京都サンガ監督)だったので、
ガンバ者としてはどうしてもアウェイ気分にならざるをえないと思っていたが、
司会がセレッソお付きのスタジアムDJ だったうえに、来場者も7〜8割はセレッソサポ。

というわけで、なんかもう殆どセレッソトークショーだったので、途中まではちょいと気分悪かったが(^_^;)
今のJリーグの話から離れてからは興味深く楽しい話も聞けたので良しとした。

私は別にセレッソが嫌いというわけじゃないけど、ああまでアウェイだとちょっと暴れたくなった(笑)
ってか、好き嫌いじゃなく、私にとってセレッソは J2 にいてくれる方が何かと都合がいい。
ガンバの試合がない時に J2 の試合を見に行きやすいからね。
京都だけだと、ふと観に行きたくなっても、対戦カード的に金を払ってまで行く気にならないことも多いし X-)

それはともかく、ここからの景色は良い。
今夜は淀川花火大会だったから、ここからなら特等席とは言えないまでも、暑い中、大勢の人ごみにうんざりして見るよりずっと良い。
ビールとつまみ片手に花火を眺められるなら羨ましい限りだ。

…って、まぁ大津の時には、借りてた部屋から琵琶湖の花火大会を見られていたし、
過去に似たような経験は何度もあるから、今更またそんなことがしたいというわけでもない。
またそんな機会があればいいねー、程度だ。

あちこちの夜景と一緒で、10代20代30代でやり尽くしてきた、遊び尽くしてきて
もう十分満足してるから、若い人達に任すわー気分(じじいモード)。

浴衣来て花火行く人達を見てると「いいねぇ」とは思うけれど
自分があの頃に戻れるわけでもないし、彼らの楽しさと同等以上には楽しんできた思いがあるから
さほど羨ましいという気分でもなく、また自分がしたいという気分でもなかったり。

だから、最初の花火が上がる15分前に大阪を離れて帰ってきた。
地元の駅につくと、花火の上がる音だけが遠くから僅かに聞こえていた。
[PR]
by dbl-h | 2011-08-06 23:39 | 昨日今日の1枚
そこにない国境
Kunashiri Island's distant view
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 知床峠)

先月の北海道行きからの一枚。
そこに国境はないんだよ。少なくとも日本としては。
たまに俺も間違えちゃうけどね。
忘れちゃいけない。

今日リコーから GXR 用Mマウントユニットの発売日その他の発表があった。
GXR 界隈、亀ヲタ界隈はその話題で盛り上がってるようだが、
自分の Timeline にはさほど GXR ユーザーがいるわけでもないし、
写真系ブログはあまり見なくなってるので、私の見える範囲では静かなものだ。

というか、何度も書いてるように GXR ユーザー層的にはドンピシャの製品かもしれないが、
自分的にはそんな過去を向いた製品には興味がないので、無関係だ。
皆さん、楽しく遊んでくださいね、と完全に他人事である。

むしろ、GXR はこの先どうなるのか?
それしか今は興味ない。

Mマウントユニットを出して、もうこの先のロードマップは何も無い。
ペンタックスの事業を手に入れたから、GXR みたいなキワモノはもう終わり
と言われても不思議じゃないが、それならそうと言ってもらいたいと思う。

GXR がこの先何もなくても、このサイズで今の GXR の画質を越えるものは当分現れないと思うし、
それ以前に今の画質が悪くなるわけじゃないから、この先も十分使っていける。

のだけど、やっぱり“オモチャ遊び”としては先のない製品を使ってても微妙だから、
別のモノを本格的に物色したい気はする。

オモチャと言えば PENTAX Q だけど、まぁ半額くらいになったら欲しい気はする。
オモチャに9万円も出せるほどリッチじゃないし、そこまで亀ヲタでもないからね…
[PR]
by dbl-h | 2011-08-05 22:58 | 昨日今日の1枚
ただそこにある日常の青い空
a scene in a summer day
(PowerShot S90)

今日も暑い夏の日だったが、夕方に一瞬黒い雲に覆われた昨日と違って、今日はずっと空は青かった。
2件のアポがなければ、軽く車を流しに行きたくなるような、そんな天気。

だけど今日は、一昨日倒れた松田直樹選手の訃報に接することになった。
サッカーファンなら知らない人はいないだろう日本の名選手であるし、
何よりも現役であり、つい倒れる寸前まで何の異常もなかったというのだから、あまりに衝撃的すぎた。

私にとって松田直樹という選手は、もちろんサムライブルーをまとった、かつての日本代表の名 DF でもある以上に
敵である横浜マリノスに君臨した「壁」だった。

ここ5〜6年こそ、対等に戦える相手として存在するけれども、
昔はケチョンケチョンにやられていて、ガンバが攻めてもガッツリ堅い守りで跳ね返されていた。
松田直樹という選手に対する私の思い出は、そこにいた「厚い壁」だった。

生え抜きの横浜マリノスを追い出される形になったあと、彼が選んだのは J1, J2 クラブではなく
Jリーグ (J2) 昇格を目指す JFL のクラブであったことは周知のとおりであるし、
そこに彼の男気をさらに感じた人は多かっただろう。私もそうだった。

いつか、今期のどこかのタイミングで、上高地ドライブに絡めてアルウィン・スタジアムへ行こう、
松本山雅FC の試合を、松田直樹の JFL でのプレーを見に行こうとは思っていた。
けれど、その「いつか松本山雅の松田直樹を見に行こう」は、永遠に実現しないことになってしまった…

願わくば、このことを契機に、全てのスポーツ施設に AED を備えるようになって欲しい。
松田直樹選手も、その日に練習していたグラウンドに AED があれば助かっていたかも知れない。
AED があれば、プロアマ問わず、これから助かる人が出てくるかも知れない。

文科省ないし厚労省などが援助し、指導する形で、全てのスポーツ施設に AED が備わる、
そんなキッカケになれば…と思う。

同じ悲劇が繰り返されないように。

そして、松田直樹選手のご冥福を心からお祈りします。
[PR]
by dbl-h | 2011-08-04 23:02 | 昨日今日の1枚
去年を思い出す景色
view from the hospital room of Osaka University Hospital
(PowerShot S90 / 大阪大学医学部附属病院)

入院している家族の病室から一枚。
1年半前は、太陽の塔の左手に見える万博記念競技場を見ながら
「シーズンインには退院したいっ…」と思っていたのを思い出す。

あ、いや、「シーズンインには退院したい」の前に、
「またガンバの試合が観たい」
「もう一度優勝する喜びを味わいたい」
だったな。

いやホント、生きてる限り、色々な時の移ろいを感じ取ることもできる。
歴史の流れも、技術の進歩も、ガンバ大阪の変化も。

まぁ、またそのうちに、同じような思いで、この景色を眺めることになるのかもしれんけど、
少しでも長く見ていければいいな、と思う。

さて、メインブログの方をまた更新。
1ヶ月前から使っていた b-mobile U300 (Light Tab 用) SIM の使い勝手についての記事を掲載。

イオン専売 b-mobile AEON プランAを使ってた俺が、ふと U300 (Light Tab用) を1ヶ月使ってみての感想

イオンの b-mobile AEON プランA のようなインパクトには欠けるし、まったくもって地味なプランなので、
たぶん記事へのアクセスはさほどないと思うけど、イオンのプランと比較しての雑感である。
[PR]
by dbl-h | 2011-08-03 23:49 | 昨日今日の1枚
夏空というよりは…
the sky at the northgate of Osaka Station
(GXR + A12 28mm F2.5 / 大阪駅)

8月に入ったばかりといえば、真夏も真夏。
盛夏お見舞い申し上げます、である。

だが、確かに昼下がりはウンザリする暑さではあるけれども、
朝晩の涼しさを思うと、どこか真夏というよりは残暑の季節を思わせる。
8月というよりは9月。
少なくとも8月上旬ではなく、9月上旬のような気候だ。

空もどことなく、夏の空というよりは初秋の空を思わせることが多い。
ピーカン夏空に入道雲もくもく、という感じがあまりない。

ま、個人的には「冷夏万歳!」「暑い夏なんてイラネ!」であるから、歓迎であるけれども、
それとともに、やはり微妙にどこか物足りない気はする。
いや、別に暑いのは全くなくても結構だし、朝晩くらいは多少涼しさがないと辛いのだが、
なんていうのかな、“夏空に入道雲”っていう空はキライじゃないからさ…見るだけなら :-D

さて、今朝メインブログの方でローソンの iTunes Card 割引の話を記事にしておいた。

ローソンで iTunesCard 取り扱い開始&ポイント20%還元中!

今ひとつメジャーではない Ponta カードでのポイント還元というせいか、あまり話題にもなってないし、ブログ記事へのアクセス数も少ない。
私自身、6月のキャンペーンでたんまり仕入れてチャージしてあるし、
その後 MacBook Air を買ったときにも2割引で更に買ってあるので、当面は要らないんだよね…
[PR]
by dbl-h | 2011-08-02 23:30 | 最近の1枚