<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
霧雨の新宿(9月20日更新分)
Shinjuku in fog
(iPhone 4 / 新宿エルタワー 28階)

沖縄で停滞・迷走していた台風が急速に日本に接近してきた、シルバーウィーク前半の3連休明け。
東京も朝から小降りの雨が降ったり止んだり。
それでも帰宅するまで殆ど傘を差さずに済んだのは、日頃の行いのせいか。

昼前の神田でのお仕事アポの前、開店?一番にリコーの銀座サービスセンターへ。
もちろん一昨日に背面液晶が突如割れた GXR の件であるが、修理依頼のつもりはなく、液晶の修理値段を聞くため。

GXR は即日修理対象ではないので、直すにしても大阪へ戻ってからまた江坂のサービスセンターへ持ち込むつもりだったし、
修理値段によっては GXR をこのまま売ってしまおう、と本気で思っていた。

それくらい私の GXR への信頼度は地に落ちていたし
パナソニックから出るXレンズに、今週にも発表されると判っていたニコンのミラーレス機を思えば、
「これは GXR を売却するいいキッカケ、神の啓示?みたいなもんかも」と、違った意味で前向き?になっていた(笑)

リコー銀座サービスセンターでは、受付のお姉さんに事情を話し、
少し突っ込んだところを聞いたところで技術の方が出てこられて、それから 30分少々お話をさせていただいた。
過去にもリコーのサポートの丁寧さ、親切さには感じ入っているが、今回もまたそれを実感することになった。
(ぶっちゃけ、リコーのカメラにおける長所はカメラそのものよりサポートだと思っている)

液晶が割れたという事象に対して、いくらこちらに過失がないと思っていても修理は有償になると思っていたのだが、
結果的には無償修理になり(保証期間内だけど)、銀座で預かって送料リコー持ちで送ってくれることになった。
そのことについては非常に有り難いことだった(有償での液晶修理代は1万2千円ほどらしい)。

ただ、リコーとしても原因は面圧力がかかって割れたとしか言えないし、解析したところで変わらないだろう、という。
そしてまた、今後気を付けるべき点や対策といっても特にアドバイスできることはないという。
まぁ、技術の方がそう言われるなら、そうなんだろう。
カメラに関して素人のこちらが、どうこう言えるようなことはない。

とはいえ、リコーの対応に関しては 100点どころか 200点を差し上げたいところなれど、
やっぱり GXR を安心して使うという点においては、修理の有償無償云々より原因が判りたかったし、
安心して使うための今後の対策が欲しかった。

が、なければ仕方ない。
運が悪かった、たまたま、と思うしかない。
運が悪いで終わらせるのは納得しかねるし、それがずっと引っかかりそうなのだが…

ともあれ、その後お仕事アポを片付けてからは、昨日に続いて新宿西口をウロウロ。
今日は再びカメラ屋、同人誌関係をチェックしつつ、写真展を2つほど。
さらに、つけ麺屋への行き来の途中で新宿西口 LABI にも初めて立ち寄ったりするが、LABI はどこへ行っても同じだからねぇ。
東京時代に淀っ子になった私としては、ヨドバシも西口本店の方が好きだが、梅淀もあるし、ヨドは軽く見てまわるだけだった。

で、今日の写真はニコンサロンのあるエルタワーの 28階から。
銀座にいる時から細かい霧雨が降ったり止んだり。
そんな新宿を上から見下ろす感じで一枚。

GXR は修理に出してしまったので今日も iPhone 4 で。
銀座でスナップしていた時も思ったが、やっぱりデジカメが1台ないと寂しい。

最近は「カメラは一眼レフだけで良いかもなー。スナップ写真はスマートフォンだけでも良いかもだし…」なんて思うことも多かったが、
いざ、デジカメなしで動いていると、やっぱり寂しいものだ。
それが実感できただけでも、今回の GXR 故障の価値?はあったかもなぁ…と、本気で思っている。
失って初めて判ること。
別に GXR じゃなくても良いとは思うが X-)

新宿の後は、秋葉原を久しぶりにくまなく巡回。
2時間ほど歩き通した最後の30分ほどになって雨がきつくなってきて傘をさした。
結果、傘を使ったのはこの時だけ。

川崎にも寄りたかったし、いま品川キヤノンへ写真展を見に行くのを忘れたことを思い出したが、
朝からダイヤが乱れていたこともあって、早めに羽田空港へ戻ってラウンジでマッタリし、
朝から雨がきつかったという大阪でも、私が伊丹空港から家に戻るタイミングでは雨は止んでいてラッキーだった。
1日違っていたら、エラいことになっていた。

とまぁ、そんなことで色々あった東京・横浜行きだった。
反省すべき点も、考えさせられることも、ちょっぴり楽しいことも、色々あった3日間だった。

修理に出した GXR は今週末には戻ってくるようだ。
今後、どう使っていくかな…本当に迷う。
[PR]
by dbl-h | 2011-09-20 23:59 | 昨日今日の1枚
物足りない一日(9月19日更新分)
shopping mall called "Nakano Broadway"
(iPhone 4 / 中野ブロードウェイ)

元々雨予報だった3連休。
最終日は完全に雨予報だったのに、曇り時々晴れくらいには天気がもってくれた。

天気が快晴ならレンタカーを借りてドライブに行こうと思っていたし、
これくらいの天気でも GXR 持って箱根か鎌倉へ写真を撮りに行こうと思っていた。
が、GXR は壊れた。

ノーファインダー&お任せで撮れば撮れなくもないとはいえ、昨日の横浜港クルーズと同じで、せっかくなのにカメラが…という気持ちは避けたい。
というわけで、すっかり写真撮り旅に行くのは萎えてしまった。

そしてホテルに引きこもりで仕事をしようと思ったが、今度はノートパソコンの AC アダプターを忘れてきている。
にっちもさっちもいかない。

というわけで、翌日の予定からできるだけ予定を前倒ししてこなすことに。

カメラも iPhone 4 しかない状態になって、身軽だけど物足りなかった。
この日は都内をあちこち動くことになったので、さほど写真を撮る感じはなかったから iPhone でもあまり撮ってなかった。
それでもなんとなく物足りない気はした。

なので、今日の一枚は中野へ行ったついでに、中野ブロードウェイでの一枚を。
ここは独特の雰囲気があって好きだ。

でもまぁ、凹むと言うか怒りを禁じ得なかったことがあったので、中野へ来る頻度も減るかな。
フジヤカメラに来ることはあるだろうけど(笑)
[PR]
by dbl-h | 2011-09-19 23:59 | 最近の1枚
横浜で No finder、東京で No AC adapter...(9月18日更新分)
Yokohama Bay Bridge (view from the ship)
(GXR + A12 28mm F2.5 / 横浜港クルーズ「マリンシャトル」)

色々ありまして、毎日更新のはずのこの写真雑記ブログを3日間お休みしていましたが、3日前の内容から補完しつつ再開したいと思います。
昨日までの3日間は公私絡めて東京・横浜へ行っていたわけですが、まぁ凹むことが多くて大変でした。
と言っても、がん告知というものがあって以来、いくら凹んでも(前向きか逃避は別にして)立ち直れるようになっていますが…

ともあれ3日前の日曜日、3連休の中日に羽田へ。
リムジンバスで横浜へ入って、みなとみらい在住の超ジモティーな友達と合流して、まずは昼飯(もちろん中華)。
と、そこまでは良かったのですが…

何もしてない、ぶつけてないのに、いきなり GXR の液晶が割れた。

何を言ってるのか、わからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった…(AA略)
いや、マジで…
俺自身、訳がわからなかった。

昼飯を食ってから友達と超久しぶりに山下公園へ行ってみると(東京在住時は1回くらいしか来なかった気が…)、
トライアスロンの大会が開かれていて海側は通れなくなっていたが、
走り終えた選手が休憩したり、自転車のメンテナンスしているエリアを時々写真を撮りつつ、大桟橋の方へ歩いていた。
GXR はストラップを肩から掛けていたが、基本的に手で持っていた。

そして、ある場所で1枚撮って、そのまま十数m 移動して、また一枚。
…と思ったら、背面液晶の画面が乱れていて「あーなんか暑すぎて暴走したかなー」とか思って、電源を ON/OFF。
でも直らない。
んで、よーく液晶を見たら少し割れている加減!?

は?まさか!?ですよ。
ぶつけても当ててもない(人にも物にも接触ないし、アクセサリー類も付けてない)
まさに

「わけがわからないよ」~`( ◕‿‿◕ )´~

きゅうべえじゃなくても言いたくなる。
自分の過失なら自分の責任だから諦めもつくし、何か不可抗力で割れたなら、それも仕方ないと思える。
でも、全く訳がわからない 30秒か1分の間に割れてしまったのでは、どうしようもない。

(リコー銀座へ持ち込んだ際に技術者の人とお話ししたところ、ぶつけたのではなく、面圧力がかかって割れたとしか考えられない、とのことでした。暑さとかは関係なく、あり得るのは自分の身体と液晶面が接触した際に割れたと…)

この GXR の背面液晶破損の件については、GXR が戻ってきてから改めてメインブログかココかに書こうと思っています。
リコーの対応は親切なものでしたが、原因については判らないので、今後気をつける方法も判らないので困っています。
(リコーの方に気をつける点を聞いても、困っていたくらい)

どんなによく写るカメラであっても、どんなに操作性の良いカメラであっても、突然壊れてるようでは…
というのは、リコーに最大限親切な対応をしてもらっても(無償修理を求めてないけど無償修理になった)あります。不安です。

というか、横浜についてすぐに背面液晶が壊れて、あっという間に8割以上が視認不能になってしまったので、
GXR で撮影しようにも困難を極めることになってしまいました。

一眼レフなら光学ファインダーと上面の設定パネルがあるので一定の撮影は可能ですが、
コンパクトデジカメ同様 GXR も背面液晶がないと、構図も設定もできない状況になります。
外付け EVF があれば良いのでしょうが、そんなものは持っていませんしね…

ということで、その後初めて横浜港クルーズを体験したのですが、GXR での写真撮影はノーファインダー状態。
それでも 28mm や 50mm という画角は、それなりに使ってきて身体にある程度は染み付いているせいか、大きな破綻なく撮れていた気はします。

とはいえ、ちゃんと合焦しているかどうかはイマイチ判らず、
構図やタイミングは殆ど判らないので、上記の写真も太陽がベイブリッジの橋脚にかかる瞬間からズレているし、
水平が狂っていたりなんてのもありました(下記写真はまだマシな方)。

そして、何よりも露出ミスが多かった。
一応アンダー目に撮ったつもりだったのですが、それでもシーンによってはダメダメ。
とにかく設定関係は全然確認できず、適当に撮るしかなかったですからね…

Yokohama City view through Bay Bridge
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 横浜港クルーズ「マリンシャトル」)

とにかく、旅の出鼻でこうなってはガックリもいいところ。
今まで数多くのデジタルカメラを使ってきましたが、こんなことは初めてでした。
否が応でも GXR に対する信頼感は失墜です。
少し前に、やはり別の原因で背面液晶が見づらくなって修理したばかりですからね。
写真なんて、まず撮れてナンボです。
それ以外は二の次ですから。
カメラヲタなら触ってるだけ見てるだけでも良いのでしょうが、私にそんな趣味はないですし。

後日のリコーの対応もあって、GXR はしばらく維持する方向で思い直していますが、この時は「窓から投げ捨てろ」な気分でした。
もっとも GXR に対する信頼感は今でも落ちたままですから、今後使う機会は減っていくような気はします。

というわけで、横浜港クルーズのあとは、日産スタジアムへ移動してガンバ vs 横浜Fマリノスの試合を観戦。
今日の横浜行きの主目的はコレ、首位決戦。
横浜の友人がサッカーを観戦してみたいけど一人では…というので、アウェイ横浜戦へ行くことにして誘った次第。

結果は 1-1 の引き分けだったけれども、内容はそこそこ濃かったので、結果以外は満足。
サッカー初観戦の友人も満足してくれたようで何より。

特にマリノスが毎度の引きこもりカウンターワンパターンな糞サッカーだったのでガンバのパスサッカー、攻撃サッカーが際立っていた。
特に後半はガンバらしい華麗なサッカーだったので、友人にもガンバ大阪の魅力が存分に伝わっただろう。
だからこそ、勝てる試合を勝てなかったのは痛いけれど、マリノスも守備だけは素晴らしいから仕方ないし、2位クラブ相手のアウェイで勝ち点1なら文句は言えない。

そんなこんなで東京へ戻ってきて、ホテルにチェックイン。
そして MacBook Air を取り出して… AC アダプターを忘れた! orz

さすがにコレは自分の落ち度。だけど、GXR のこともあって凹みまくり。
メールやウェブなどは iPad 2 があれば、ある程度のことはこなせるので問題ない。
有線→無線LAN コンバーターも持って来てなかったが、iPad 2 は 3G モデルだから問題なかった。

なので、4時間ほど稼働できる MacBook Air のバッテリーは、仕事でどうしても必要になった時のために待機させることになった。
ただ、有線→無線LAN コンバーターだけではなく、iPad 用カメラコネクションキットも持ってきてなかったので、
この日撮った写真を取り込んでブログ更新はできなかったので、帰ってきた翌日の今、こうやって更新しているのでした…
[PR]
by dbl-h | 2011-09-18 23:59 | 最近の1枚
アストラムライン一風景
rainy Otagawa river at Hiroshima City
(PowerShot S90 / 50mm 相当 / 太田川@広島)

今日は所用でサクっと福岡往復して…の予定だったが、
あれこれ止むを得ない状況などがあって予定変更となって、帰りの費用を少し節約したこともあって、帰宅したのは23時近く。
写真も殆ど撮ってなくて、広島の奥のほうでようやく帰路についたあとにアストラムラインで一枚。
なんてこともない、ただの車窓一枚。

先ほど twitter でも呟いたけれど、今日はやけに移動時間が長くなってしまい、
かといって青春18旅行のように、のんびり&ちょくちょく止まる鈍行列車の旅ではなかったせいか、
帰宅してこうやってコンピューターに向かって座っていても、なんか自分が前へ前へと移動している錯覚に陥る。

とか何とか書いているのが、既に日付が変わった0時半だが、一眠りしたらまた明朝からお出かけ。
今日は西だったが、明日は東。
昨日届いた「スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX」は、まだ当分見られそうにない。残念…
[PR]
by dbl-h | 2011-09-17 23:59 | 昨日今日の1枚
no look, no finder
one shot at Oharai-machi street
(GXR + A12 28mm F2.5 / おはらい町通り@伊勢神宮(内宮)前)

数日前に伊勢神宮へ行った際、おはらい町通りを歩きながら、首からぶらさげた GXR をノーファインダーで何枚かパチリ。
ただ、それだけの写真だけれども、たまにやると構図が新鮮だったりして、普通に撮るより気に入ったりする。

とはいえ、いつも思うんだけど、ノーファインダー撮影ってのは、どこかしら盗撮っぽい感じがある。
公序良俗に反する写真を撮ってるわけでもないし、犯罪および類する行為をしているわけでもないが、
決して公序良俗に反しない写真を意図して撮ってないだけに、逆に微妙である。

などと書くと、スナップ撮影をする方々などから文句を言われそうだけれども、
本人がどう思ってるかの問題じゃなくて、傍から見た場合の問題だからね。
ノーファインダーで撮る、というのがカメラ好きの常識としてあっても、一般世間的にどうか?という問題はある。

そして、何が写ってるか撮影者本人がしっかりと把握できないということは
被写体となってしまった人・物の所有者から糾弾を受ける可能性は常にあるとも言える。
知らないで撮ってしまっていた、などというのは、この場合通用しない可能性もある。

それと似たようなことで、もう一つ。

カメラ関係の雑誌やウェブ媒体、さらには個人ブログの記事などを読んでいると、
角度変更可能な外付けファインダーを付けて、ローライやアングルファインダーのように
上から覗き込む形で撮影すると目立たないだの、さりげないだのと書かれてる記事を見ることがあるが、
それを見るたび、どんだけ自分基準なんだよ…と失笑したりする。

この日もオリンパス PEN に VF-2 らしきファインダーを付けて、上から覗いて撮っていた人がいたけれど、
普通の写真の撮り方と違う分、逆に目立ってたように思う。

まぁ上から除いて撮るってのは、意外と楽な条件も多いというのは、私も感じているけど、
目立たないとか、さりげないというのは有り得んだろ〜と、いつも思う。
[PR]
by dbl-h | 2011-09-16 23:52 | 最近の1枚
甘酸っぱい街
Senri Chuo Selcy Park
(PowerShot S90 / 28mm 相当 / 千里中央セルシー広場)

梅田からの帰りに、久しぶりに千里中央でウロウロと所用をこなし…
いや、結局こなせずに晩飯を食べただけだが、
千里中央で数時間過ごしていた。

空港への行き来などで、モノレールに乗って千里中央を通ることは多けれど、
千里中央に降りることは少ない。
年に数回あるかないか程度だ。

距離的時間的には梅田へ出るよりも近いのだけれども、
出かけるメリットや費用的に梅田・大阪へ出てしまう。
なにせ初乗り最低 200円、歩いていける距離の隣の駅まででも 240円という大阪モノレールである。
最寄りの JR駅から大阪までの方が安い。

そんな千里中央だけれども、たまに行くと今でも、こう何とも言えない記憶が、つい思い起こされてしまう。
東京在住の 10年でだいぶ忘れたつもりであっても、きっと死ぬまで忘れ得ぬ思い出がある街である。

今さら行ったからと言って感傷に浸るようなことはもうないけれど、
滅多に来ることのなくなったセルシー広場1階からの景色を見上げると、
何とも言えない思いが心の中をフッと駆け抜ける。
記憶の底に押し込んでいる、忘れたかった、でも大切な思い出が。


ところで、愛機 PowerShot S90 の後継機であり名機だった S95 の後継機が、よおおおおおおやく発表になりました。
といっても、米国での発表ですが、速報として一応ブログにまとめておきました。

キヤノン USA、新 DIGIC 5 搭載 PowerShot S100(S95後継)SX40(SX30後継)発表!

某所ではレンズが従来の焦点距離では暗くなったことや、撮影素子が CMOS になったことから
画質は絶対に悪くなってると決めつけて批判的な流れになっていたりするけれど、
実写もないうちから相変わらずだなぁ〜という感じだ。
撮影素子が CMOS になったといっても、最近よくあるソニーの 1/2.3" 裏面照射 CMOS じゃなく自社製 1/1.7" CMOS なのにね。

ま、そういう私も画質には期待してない。

まるっきり新型の撮影素子に新世代の画像エンジン DIGIC 5 というのは、新しいもの好きには飛びつきたくなるが、
だからといって画質に好影響があるとは限らないし、熟成が足りない部分は大いにあるはず。
新世代のファーストリリース機だから、色々と足りない部分はあるはずだ。

でも、やっぱり新しいものには飛びつきたくなるのが、オイラなのよねぇ〜(∩´∀`)∩
[PR]
by dbl-h | 2011-09-15 23:51 | 昨日今日の1枚
清めの柄杓
the dippers in the temizuya (at Ise Grand Shrine)
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 伊勢神宮・内宮)

清めの水を掬う手水舎の柄杓。
パッと構図が浮かんで1枚撮ったけれど、なんか今ひとつに感じて、人がいなくなった瞬間にもう1枚。
見切れてたので、再び人がいなくなった瞬間を狙ってまた1枚。
間の抜けた構図になってしまって、混む人の途切れた瞬間まで待ってさらに1枚…

それでもイマイチ思い描く感じにはならず、連れも待っていたので終わりにした。
帰宅して見返してみたら、結局まだ一番最初の写真が一番まともだった。
思い描いたのは、こういうのとはちょっと違うのだが…

さらに粘れば撮れたかも知れないが、こういうスナップ写真というのは、やはり
「サッと撮って、サッと立ち去る」
そういうスマートさが欲しいと思う。

というか、最初から自分の思い描く構図や撮り方に、サッと撮れるようにならなきゃと思う。
モタモタと何枚も撮らなきゃダメな時点で、終わってる。
ホントこの点については、いつまで経っても進歩してないなぁ…と毎度凹む。

絞りやシャッター速度、ISO感度などの数値的な部分に関しては、特にまごつくこともなく、
ある程度イメージさえあれば、すぐに適切な設定ができるとは思っているが、
構図に関してはサッと構えた瞬間にピタっと決まることがない。

このあたりは観察力とか想像力とか、そういうものに欠けているのかも知れないが…
どうしたもんかねぇ(´Д`)
[PR]
by dbl-h | 2011-09-14 23:14 | 昨日今日の1枚
一夜遅れの月
the rising moon over sea
(GXR + P10 / 135mm 相当 / パールロード@鳥羽市国崎付近)

黄昏時から闇夜に変わる直前、太平洋から丸い月が昇ってきた。
昨日は中秋の名月であったが、今日もほぼ満月。なにせ、月齢は15。

今日は久しぶりにちゃんと GXR を使った。
といっても 230枚程度だが。このところ真のコンパクトデジカメである PowerShot S90 の持ち出し頻度が増えて、
なかなか GXR を持ち出す気力が湧いてこなかった。
暑いと少しでも荷物減らしたくなるしね。

A12 28mm、A12 50mm、P10 の手持ち3ユニットをそれぞれ使い分けたのも久しぶり。
まぁ面倒くさくなると、どんどん P10 ユニットの出番が増えるわけだが(笑)
もちろん、望遠が必要になると、やっぱり P10 になる。

パールロードからの景色は多くの場合、山からのパノラマ光景になるから、どうしても切り取りたいことも多い。
もちろん、こういう光景も望遠が必要になる。
85mm と 135mm くらいは本当に欲しい…

P10 ユニットは所詮、廉価コンパクトデジカメと大差ない画質だし、こういう暗いシーンでは特に厳しい写真になる。
これくらいに縮小すると大して判らないから、ブログ用と思えば十分なのだが、
マイクロフォーサーズの望遠システムを持って行けば良かったかな?と、ちょっとだけ後悔。

とはいえ、できるだけコンパクトな組み合わせなマイクロフォーサーズの望遠システムでも、やっぱりデカいし、
GXR のボディを使って 300mm まで(記録用レベルの画質でも)ちゃんと撮れるというのは便利である。
裏面照射CMOS の割には、暗いシーンでのノイズはそれなりに多いと思うけど…

ちなみに今回の写真は、さすがに手持ちで撮れるような状況ではなかったので、マンフロットの「POCKET三脚L」を使いました。
遊びに出かける時には、この POCKET三脚Lか、もっと小さな「 Modopocket」の、どちらかをポケットに忍ばせています。
今回は超小型三脚の「POCKET三脚L」を持って行っていたので、それを GXR に取り付け、円柱の上に置いて撮影していました。
小型でも三脚がなければ、135mm の画角をシャッター速度 1/7秒で、まともに撮ることはできませんしね。

これらについては、メインブログの方で以前取り上げてあります。

夜桜・夜散歩のお供に… Modopocket の進化版、超小型三脚 Manfrotto POCKET三脚L

ともあれ、軽く 500km ほど車を流して、まぁ悪くない気分。
もっとも主目的だった、つけ麺を食えずに帰ってきたのだけれども…

P.S. おっと、月も一応撮ってみたんだ、P10 の 300mm で。

f0169811_0333164.jpg

(GXR + P10 / 300mm 超トリミングしまくり等倍)

等倍画像でここまでトリミングしないと…って感じですな。
[PR]
by dbl-h | 2011-09-13 23:59 | 昨日今日の1枚
とある我が街の夕暮写真
today's sunset in my town
(PowerShot S90 / 105mm 相当)

中秋の名月なので月の写真でも〜、というのが定番なのでしょうけど、とりあえずスルーで平凡な夕暮れ写真で一枚。
日没頃に上がってくるお月さんを撮ろうと思ったら、雲に思い切り隠されてしまっていた。
8時頃には雲の合間から見えていたけど、なんかもう撮る気なくしてた。
まぁ元より気合い入れて撮るつもりゼロだったけど…

今週は PowerShot S90 の後継機が出る…はず…たぶん…出て欲しい…
という状況なわけだが、今ひとつリーク情報に乏しい。

G12 後継機は全くの音沙汰なしでスルーがほぼ確定らしいし、
キヤノンは一眼レフの発表が年内なしという噂も流れているので、
やはり震災の影響が色濃いのかもしれない。

ニコンは月内に一眼レフのレンズも使用可能なミラーレス機を出すようだし、
D700 後継機もいよいよ来月末という話だから、
EF マウントユーザーとしてはジリジリとしてしまう。

ペンタックスやオリンパスが何を出そうと「ふーん、動体相手の AF が話にならないカメラは俺には関係ねぇ」だし
ソニーのα新機種も興味はあるが購入を検討するところまではいかないし、
元よりミラーレス機はサブマウントだから別次元。
だけど、ニコンだけはやっぱり気になる。元ユーザーでもあるし。

ま、そうはいってもユーザーは指をくわえて待つしかないんだけどね。

話は変わって Twitter でも文句たれたけど、また Flickr で「うちが作ってる書籍に写真使わせてくれ」DM が来た。
しかしまぁ、酷かった。

俺の名前は間違えてる(知らない名前。たぶん何通も同じメールを送ってるんだろう)
自分の名前や所属会社は名乗らない(姓だけ、連作先メアドもなし)
どこの発行元のどんな書籍に利用するか一切書いてない(どんな本に使うか判らなかったら許可の判断ができるわけなかろう)

こんな調子で「写真をお貸し下さい」とメールしてくる馬鹿編集者だった。
どこぞの底辺編プロ所属なのだろうが、社会人として礼儀がなってないにも程がある。

俺の写真はどうしようもない糞写真ばかりだが、だからといって
「安く制作するために、掲載する写真を Flickr で検索して無料での使用許可もらえばいいや」
とか思ってる輩に、ふざけたメール送られて許可できるほど器はデカくない。
だいたい、人の名前を間違って無料で写真を使わせてもらおうとか、ふざんけなwww
当然思い切り拒否メールを送ったら「後から言おうと思ってました」だって。

Flickr は割と早い時期から使っていて、昔はプロアカでオリジナルサイズの写真も載せていたせいもあり、
内外問わず年に何度かは掲載依頼がくる。
たいていは(権利譲渡や鬱陶しいことを言ってこなきゃ)許可しているのだけれども、
年に1回くらいは、こういう馬鹿が現れる。

いやホント、この御時世、安く本をあげたいのが判るが、
Flickr で素人写真を引っ張ってきて無料で使うことばっかり考えてる編プロは潰れたら良いのに。
まぁ Pixiv で見つけた素人に巧いこと言ってタダでイラスト書かせたりするのと同じ感覚なんだろうな。

今年になって Getty Image に招待されて商業利用契約も結んでるし、
写真使いたいならそっちで金払って使ってくれよ、って気分だわ。

そんな大層な写真でもないんだけどね。

あ、そうそう、メインブログの方を更新した。

百均で買えるデジタル製品向け便利アイテム

以前書いたつもりでいた内容だけど、参考になる人は結構参考にできると思う。
[PR]
by dbl-h | 2011-09-12 23:59 | 昨日今日の1枚
ネタがない
Osaka Monorail at dusk
(GXR + P10 / 85mm 相当 / 大阪モノレール)

この写真雑記ブログの写真も、メインブログに書くネタもない昨今。
特にメインブログの方はネタがなかったら書かない方針なので、更新ができない。

ネタがない→更新がない→アクセス数減る、となるわけだが、まぁ仕方ない。
別にブログ書いてメシ食ってるわけでもないし、アクセス数が増えたところで何の得にもならんし。
つーか、このブログなんか毎日更新していても一向にアクセス数が増えるわけでもないのだが(笑)

まぁこんな意味なしチラ裏ブログのアクセス数が増えても困るけどね。
[PR]
by dbl-h | 2011-09-11 22:31 | ずっと前の1枚