タグ:お初天神 ( 2 ) タグの人気記事
お初天神
A scene at Ohatsu-Tenjin Shinto shrine (2)
(PowerShot S90)

お初天神境内から、お初天神通りの商店街を撮影。
これも何気に ISO 800。
曇り空の夕刻で、ビルの谷間だったから感度自動で ISO 800 まで上がるのは当然とも言える。
個人的に ISO 800 は PowerShot S90 の実用上の上限感度だと思っているが、それはデジタル一眼と変わらない基準で見ての判断。
人によっては ISO 1600 でも今までのコンパクトデジカメに比べれば…と思う人も多いだろう。
ただ、私はあくまでデジタル一眼系の基準を元に判断したいと思っているし、逆に言えば、一眼に近い基準で見ても ISO 800 は使える画質になりつつあるというのは、素直に凄いと感じている。
もちろん、APS-C 以上のデジタル一眼とは雲泥の差があるが、マイクロフォーサーズの ISO 800 と比べると(ラチチュードなどの点は別にして)高感度のノイズ感はあまり差がないように思えるほどだ。
[PR]
by dbl-h | 2009-12-24 11:23 | 最近の1枚
ビルの谷間のお初天神
A scene at Ohatsu-Tenjin Shinto shrine (1)
(PowerShot S90)

PowerShot S90 の利点の一つは RAW で撮れること。
気軽にスナップしてパッと見できるのがコンパクトデジカメの良さであり、RAW 撮りしたいならデジタル一眼を…という意見もあるし、そういう考えは自分の中にもなくはないのだが、それでもやはり RAW で撮れるのは有り難い。
また、単に RAW で撮れるというだけでなく RAW + JPEG で撮れること、このことはコンパクトデジカメだからこそ重要。
気軽に使える JPEG 画質がパッと見重視で、きちんと追い込みたい or 好みに応じて絵作りしたい場合は RAW、というのはコンパクトデジカメでは理想的に感じられる。
加えてキヤノンのコンパクトデジカメは RAW + JPEG での撮影画像を削除する際、RAW だけを削除、JPEG だけを削除、両方削除が選べる。
こういった細かい配慮は有り難いもので、RAW 撮影と言ったら RAW でしか撮れないカメラや RAW + JPEG を一体扱いできないカメラ、個別削除ができないカメラといったものが多い中で、コンパクトデジカメなのに RAW が扱いやすい。
そして何と言っても、RAW + JPEG で撮っても JPEG だけで撮る場合より書き込み時間が極端に長くならないことが嬉しい。
コンパクトデジカメで RAW 撮りすると JPEG の2倍3倍の時間がかかるカメラが結構あったけれど、S90 は3割増し程度。
RAW + JPEG で撮っても、JPEG で撮る時とそう変わらないレスポンス感覚で撮れる。
だからこそ、RAW で撮る気になるというものだ。
[PR]
by dbl-h | 2009-12-23 10:55 | 最近の1枚