タグ:大沼公園 ( 3 ) タグの人気記事
小沼 秋色
Lake Konuma with autumn color

今日の関西は、小春日和な一日だった。
けれど写真の大沼公園@北海道は、もはや冬の訪れの中にいて、白く染め上がりつつあるのだろう。
1ヶ月前、ここにあった色が、いま京都に、大阪に、ある。

キヤノンが EOS 5D MarkII / 7D のモードダイアルをロック機構付きにする公式改造受け付けを発表した。
デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark II」、「EOS 7D」をご使用のお客さまへ

モードダイアルのロック機構に関しては必要不要が各自意見が分かれるようで、私が twitter でツイートした後も両方のレスポンスをいただいている。
個人的にはモードダイアル自体が不要派なのであるが、あるなしで言えば、あった方が良いので、申し込むつもりだ。
料金も1万円と良心的。

色々言われるし、私も言い倒すキヤノンではあるが、時折こういう有り難いこともやってくれる(7D だけならやってない気もするが :-)。
何度もメインブログで取り上げてる Digital Photo Professional はメーカー添付ソフトとしては No.1 と言っていい。
それなりに良いこともある(笑)
[PR]
by dbl-h | 2010-12-01 23:42 | ちょっと前の1枚
紅葉の駒ヶ岳、大沼、そして二人
Mt.Komagatake, Lake Onuma and an old couple

良い雰囲気だったので、遠くから一枚。
霞が強くて、普通に撮っても駒ヶ岳が霞むくらいだったので、写真っぽくなったのはこれくらいだった。
ま、ネイチャー撮りに関しては、写真を撮るより記憶に焼き付けておく、という写真嫌いの頃に戻りつつある。
それは、愛すべきガンバ大阪でも同じことだけれども。

昨日一昨日書いたように、GXR を割り切って買う以前に、一眼レフでも被写体を自分の好きなモノ限定と割り切ったこともあり、
EOS DIgital 中上級機+望遠レンズに、広角〜標準域は GXR + A12 2本に任せるのも悪くないと落ち着きつつある。
少なくとも、EOS 7D + EF 70-200mm F2.8L IS USM 1本に GXR + 3ユニットで初めて行った、この北海道行きでは色々な点で満足した。

EF レンズが時には望遠レンズ2本になったり、望遠1本+予備の軽い標準ズームを加えるようなことはあっても
メインの旅カメラが GXR、旅のヒコーキ撮り+αに EOS Digital という体制は、しばらく自分の基本になりそうだ。
[PR]
by dbl-h | 2010-11-30 21:43 | ちょっと前の1枚
晩秋の中を行く馬車
the covered wagon goes in colored leaves

11月も、もう終わり。秋も、もう終わり。
ということで、今月最初の北海道行きで撮った紅葉写真に戻ってみる。
しばらく続いた GXR からも離れて、メインマウントの EOS Digital + EF レンズに。

昨日ここで「GXR は割り切った使い方を念頭に買った云々…」と書いたが、今は EOS Digital でも割り切って使っている。
以前と違って、主たる被写体、自分が撮りたいと思う被写体が決まっているから、である。
撮りたいものは、ガンバ大阪を始めとするサッカー、スポーツ写真、そして飛行機写真。
だから、ほとんど望遠系のレンズに絞って所有して、稼働率の低い標準〜広角系の高価なレンズは売却した。
(飛行機は標準〜広角系も使うが、それは別のレンズで最小限のレンズで賄えている)

一眼レフを使い始めた直後は、風景写真も何もかも撮りたくて、撮ってるのが楽しかったが、そのうち壁にぶち当たった。
数年悩んで出た結論は、単純なこと。
別に大して撮りたくないものを撮っても、自分が満足する写真は決して撮れない、ということ。
いくら良いレンズで撮ろうが、撮りたいものを撮ってこそ、である。

当たり前のことを気づくのに、結構時間を要したし、お金も要した。
でも今はスッキリしている。

とはいえ、こういう写真は GXR では撮れないし、たまたま飛行機用に持って行ったカメラ&レンズがあって良かった、とも言える。
[PR]
by dbl-h | 2010-11-29 23:19 | ちょっと前の1枚