タグ:新千歳空港 ( 6 ) タグの人気記事
もはや貴重なランデブー
Two ANA's B747-400D @RJCC
(EOS 7D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)

4日間連続で、まもなく引退の JAL ジャンボジェットを掲載したが、今日は ANA。
新千歳空港ターミナルビル内3階で(窓越しに)撮影した写真。
新千歳空港の展望デッキは、冬の間は閉鎖されてしまうので、通常はここで撮影するしかない。なかなか厳しい。

それにしても、以前は何でもなかった、こんな2機のジャンボが交差するシーンも、今ではもう貴重と言える場面になってきた。
そして1年後には、こんな場面はもう見られなくなっているかもしれない。
JAL に続いて ANA もジャンボを全機引退させるべく、続々と機体の売却を進めている。

新千歳空港で駐機している飛行機の大半がジャンボだった、なんて時代はまだ10年も前ではなかった。
あの頃は「またジャンボか」という時代だった。
東京〜大阪を頻繁に往復していた頃でもあって、それすらもジャンボばかりだった。
時代とは言え、本当にあっという間であり、数年前には何でもなかった光景が貴重に思えるようになるとはね…

昨日発売された、月刊エアライン3月号は、そんな B747 ジャンボ特集。
手にとって読み、そして全機引退直前記念として企画された、JAL ジャンボのフォトコンテストに入選されている写真を見て、溜息をつく。

素晴らしい写真だと思ってため息をつき、
自分の写真の拙さを思って溜息をつく。

それでもヒコーキだけは、マイペースで撮っていくのだけどね。
凄い人達のパワーに圧倒されつつも、煽られないようにしながらマイペースで…
[PR]
by dbl-h | 2011-01-31 23:17 | 最近の1枚
さよなら、JAL ジャンボ #4 The 雪レフ
JAL's last B747 for domestic line (JA8084)
(EOS 7D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)

ザ・雪レフ、という感じで、横から見上げる形の一枚。
真っ青な空をバックに、本当に綺麗だと思う姿。
飛行機は人間が創りだした「人工鳥」ではあるが、それゆえの造形美はあると思うし、
その最たるものが他にない特徴的なシルエットをもつジャンボジェット Boeing 747 だと思う…

ということで、最後の JAL ジャンボ撮影時の写真シリーズも、ひとまず終了。
今日はまた広島往復で、ちょっとした合間に宮島フェリーに乗りに行ったが、写真撮影的行動は特に何もなし。
そんな時間もなかったし、半年前に行ったばかりだし。

もっとも半年前は、うだるような暑さで、厳島神社へ行く途中に食べた、かき氷が凄く美味く感じた記憶があるが、
今日は雪が降るほどの、まさに身が凍える寒さだった。
つい3日前まで雪の大地にいて、その数日前には稚内から利尻島へのフェリーにも乗っていたのだが、
喉元すぎてすぐであっても雪を見ると嬉しくなるし、ほんの少しでもフェリーに乗りたくなる。
満足というものから遠い私である…
[PR]
by dbl-h | 2011-01-30 22:56 | 最近の1枚
さよなら、JAL ジャンボ #3
JAL's B747 in the backlight @RJCC
(EOS 7D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)

2日連続でケツ写真だったので、今度は前方向からの写真で。
エアカーゴ前ポイントからの撮影だが、まだこの時間(11時半頃)は逆光なのと、
離陸直後なので、胴体下回りはまだ滑走路の色が写っていて、今イチ綺麗ではない。
一番見栄えのする?(ありきたりとも言う)な写真は、また明日(JAL ジャンボシリーズ最終回)にて。

ともあれ、この JAL ジャンボの離陸直前まで、離陸は 01R(奥の滑走路)を使っていたのが、この JAL ジャンボから 01L に変更となった。
おかげで少しでも近い位置で撮影ができてラッキーだった。
離陸もそこそこ引っ張ってくれたから、(本来着陸機狙いの)エアカーゴ前ポイントからでも悪くない感じになった。
管制官に感謝感謝である。
[PR]
by dbl-h | 2011-01-29 23:12 | 最近の1枚
さよなら、JAL ジャンボ #2
Good-bye JAL's B747 @RJCC (2)
(EOS 7D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)

またまた後ろ姿で。
前からでも後ろからでも、もはや貴重になりつつある4発機(エンジンが4つある機体)。
下が雪原や海面だと、ホント機体下部に良い感じに光が回る。
何度見てもいいもんだ。

4日間の北海道では、とにかく睡眠時間を削りまくって、なおかつ一人旅でしかできないような
「真冬の北海道、僻地をひたすら歩く」
という旅をしたから、正直なところ、昨日帰ってきた時にはヘトヘトだった。
日頃ヒキコモリで、んでもって歳も歳だからね…

とはいえ、仕事をしなきゃならない状況だったので、夕方まで何とか書類書きとアポをこなして帰ってきて、少し休むつもりが爆眠してしまった。
ので、ちょいと日付を回ってしまった…
[PR]
by dbl-h | 2011-01-28 23:58 | 昨日今日の1枚
さよなら、JAL ジャンボ #1
Good-bye JAL's B747 @RJCC (1)
(EOS 7D + EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM)

今日のターゲットは、コレだった。
3月1日で全機引退する JAL のジャンボジェット B747-400D、最後の国内線用ジャンボ JA8084。
さようなら、ということで、敢えて後ろ姿を。
そして、昨日と同様、中央 40% をトリミングしている写真である。
ゴマちゃんも遠かったが、飛行機の“ひねり”を撮るのにも、長い長い(高い高い)レンズが必要だ…

ともあれ、今回の北海道行きでは、この最後の JAL ジャンボを撮るかどうか?が、一つのポイントだった。
最後の JAL ジャンボは、毎日ではないものの、羽田から那覇や千歳を1往復している。
ただ、1月の陽のあるうちに千歳へ来るのは今日だけだった。
最後のジャンボを撮るなら、千歳で撮りたかった。
何故なら、雪の季節の飛行機は、雪原からの光の反射(俗に「雪レフ」と呼ぶ)によって、下面も含めて機体が綺麗に光るからだ。
雪原と青空と、雪レフで綺麗に白く光る飛行機の組み合わせは、本当に綺麗だ。

それゆえに千歳で、もちろん陽のあるうちに撮りたかった。
正月が明けてから、その機会は今日だけ。

だから、昨日のうちに千歳まで戻ってきて、今朝の JAL ジャンボを撮りたかった。
だから、昨日は抜海のゴマフアザラシを撮るのに、寝不足でも早朝出発して色々と無理なスケジュールになった。
だから、利尻島は一昨日になった。

3日前、札幌に来るまで何も行き先を決めてなかったけれど、一度決まれば、脳味噌全開でめいっぱいの旅をする。
ま、こんなのは一人旅だからやるわけだし、一人旅だからできることだけどね。
とりあえず、千歳で JAL ジャンボを撮るのは、もしかしたら JAL ジャンボを眺めること自体、最後になったかもしれない。
それでも満足だ♪
[PR]
by dbl-h | 2011-01-27 23:59 | 昨日今日の1枚
雲の合間から… (7)
New Chitose Airport view from the sky

眼下の新千歳空港。
飛行機の飛行ルートは決まっていて、空の高速道路とも言える決められた空路を通り、ポイントポイントで空の道路を乗り継いで目的地へ向かう。
そして各空港の上空というのは、たいてい飛行ルートになっている。北海道各地への便、特に西日本からの便は千歳上空を通過することが多い。
[PR]
by dbl-h | 2009-05-19 12:45 | 最近の1枚