タグ:梅田 ( 51 ) タグの人気記事
三分咲き?五分咲き
Cherry blossoms are full-bloomed shortly
(GXR + P10 / ソフトフォーカスモード)

パッと見の印象は五分から七分ほど咲いているかと思ったが、写真を見るとそうでもない。
とはいえ、満開も近い。
まぁ素直に花を愛でる気分には、なかなかなれない昨今ではあるけれど…

花を愛でる気分になれない理由の一つは、相変わらず仕事がテンパッてる状況なところであり、一山越えたとはいえ、もう一つ残ってる。
で、その作業が佳境に入ってるさなか、昨晩ふとメイン機 iMac のディスクユーティリティーを見ると、S.M.A.R.T. エラーの表示。
要は HDD が壊れ始めてるから速攻修理に出せ、という話。
この経過状況については、メインブログの方に書き記した。

iMac 27" (mid 2010) S.M.A.R.T. エラーで修理行き(>_<)

仕事も切羽詰ってる状況な上に、震災で修理が察度王している状況という、運の悪いタイミング過ぎた。
代替環境があるとはいえ、修理に出す前にバックアップを更に入念に取り直しておいたり、
日頃使ってない代替環境での調整も必要になってくる。

さらに修理に出す前にはフォーマットし直しておいたり、修理から帰ってきたら環境を戻さねばならない。
結構な時間は取られるし、精神的にも疲れる。
仕方ないとはいえ、余裕のない状態での故障だから、心の中での苛立ちが沸点ギリギリになっていたりする。

ちなみに、バックアップ環境は MacOS X ではお馴染み Time Machine が基本で、
仕事関連に関しては自作スクリプトで3台のマシンに(できるだけ)同じ作業環境が整うようになっている。

その Time Machine は MacOS X の素晴らしい機能の一つだと常日頃から思っている。
パソコンに詳しくない人がほとんど難しいことを考える必要もなく簡単にバックアップでき、なおかつリストア時も簡単であるのは本当に素晴らしい。
Windows 系でも“簡単バックアップ”を銘打つバックアップソフトは多いが、リストア時のことはしっかり考えられてない。

この TimeMachine は修理の時だけでなく、新しい Mac を買った時でも、その新しい Mac に、
古い Mac で Time Machine バックアップした HDD を繋いで起動すれば、ほとんど手順なしに以前の環境がほぼそっくり戻る。
全てが完璧ではないものの、これ以上簡単かつ便利なものは見当たらないように思う。

とはいえ、この Time Machine にお世話になるのは避けたかったものだ。
おまけに、修理に出してる間に Time Machine の HDD が故障する確率がないわけではないので、今もう1台の HDD にバックアップを行ってる。
いつでも何でも、常にデーターは二重。もはや癖になっている…
[PR]
by dbl-h | 2011-04-05 22:35 | 昨日今日の1枚
ホッとする空間
at the northeast area of Umeda, Osaka
(GXR + P10 / トイカメラモード?)

GXR で撮影したシーンモードの種類を取り込んでから判別する手段がないので、確たる自信はないけれど、たぶんトイカメラモードのはず。
コッテリになったり、浅くなったりのトイカメラモードを、マイナス露出で、コッテリ感満載で。

大阪駅や阪急梅田駅のすぐ近く、梅田の中心街と言えるエリアの中なのに、人通りがさほど多くなく、ポッカリと空いた空間がまだ残されている。
都心のこういう場所といえば、定番の元小学校であり、再開発がまだ決まってない場所でもある。
が、今のご時世を考えると、こういう場所が残っているのは“なにか”の際にも貴重な気がする。
[PR]
by dbl-h | 2011-04-04 22:45 | 昨日今日の1枚
大阪眺望・宵の口
Osaka City at dusk
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO)

引き続き、しばらく在庫から、になりそうな1週間。
サテンで仕事していて、久しぶりにふとタバコが欲しくなったのは、ストレスが溜まってきているからだろうな…
[PR]
by dbl-h | 2011-03-27 23:04 | ちょっと前の1枚
日常の有難味
the thankful for the living in daily life
(GXR + A12 28mm F2.5)

被災地の大学で使ってもらう連絡用システムも今朝から無事稼働、活用してもらえていたので、
午後から放置プレイしていた確定申告を提出し、その足で梅田で諸々所用をこなしていた。
所用終了後も夜までしばらく梅田界隈にいて、夜はスポーツバーで ACL ガンバ大阪 vs 天津の試合を見ようと思っていた。

が、少しウロウロしているうちに、鼻水ジュルジュル、クシャミはとまらず、眼も痒くてたまらなくなってきた。
もちろん、花粉症である。

私の花粉症歴は、そんじょそこらの人間と違って
「花粉症?ふざけんなよ、言い訳ならもっとマシなことを考えろ」
というくらい認知度が皆無な時代からの、叩き上げの花粉症だった(^-^)

しかし、2年前に突然全く症状が出なくなった。
何かのキッカケに治ったのか!?と思ったら、癌だった(^^;)
身体の免疫機構が変化して、花粉症も抑えこまれたらしい…

そんなこんなで、命の心配と引き換えに、ここ2年は花粉症から解放されて、春もスッキリだった。
しかし、一定の治療成果があがった今シーズン、先月までは何ともなかったのだが、先週くらいから「ん?」と思い始め、
そして今日、花粉症が完全復活した…orz

そんなわけで、久しぶりに GXR を持ち出してスナップしようかと思っていたが、これ1枚だけ。
もう鼻水ジュルジュル、クシャミ連発なのに、写真なんか撮ってられない。
そして、スポーツバーでガンバの試合観戦も止めて、用事を終えたら速攻帰宅した。

まぁ、ガンバは中国アウェイの魔境で敗戦し、その直後に、先ほど富士山震源で大地震がまた発生したわけで、
本当にこういう日常がいつまで続くんだろうね…なんて思ってしまうくらいの今日この頃だ。

それでも、もし非日常に押しつぶされてしまう日が来るとしても、
それならなおさら、この日常を、貴重な日常をきちんとこなしていくことが重要だろう。
[PR]
by dbl-h | 2011-03-15 23:27 | 昨日今日の1枚
黄昏時、大阪駅俯瞰
Brand-new Osaka Station at dusk
(GXR + A12 50mm)

新装間近の大阪駅を阪急グランドビル(阪急32番街)30階から眺める。
阪急グランドビル上層階には、大阪駅側に展望スペースがある(28〜31階)。
残念ながら反対側の景色が見られる展望スペースは、どの階にもないのが残念(レストランに入れば見られる)。
反対側に展望スペースがあれば、超望遠レンズでヒコーキが面白い構図で狙えるんだけどね…

今日は朝からガンバ大阪のサポーターズ・ミーティング→空港でAF微調整のチェック→一旦帰宅→夕方から大阪で買い物、と忙しかった。
が、本当に忙しいのは明日から。
といっても、1週間忙しいうちの半分以上は遊びだけど…

そのことを思えば、今日は朝からガンバ大阪のサポーターズ・ミーティングなんて行かなくても良かったかもしれない。
行っても大した話があるわけでもないのは判っていたし、実際のところそうだ。
新スタジアムの話は結局のところ、候補地が未だ決まってない、何も言えない。去年と大差ない。
完成目標は2014年3月であり、そこまでに作らなければならない理由は言っても、作れる根拠は何も触れられなかった。
去年の補強失敗に対して小学生並みの言い訳、さらに開き直り的発言をして失笑を買っていた強化部長にいたっては、よく言って給料泥棒だ。

社長の話も含めて雑談的なトピックはあっても、肝心なところは曖昧だったり、一般的な話で終わらせていた。
これもいつものことだ。ガス抜きでしかないからね。

まぁそれにしても、最後にセレッソを揶揄して、対抗心ばかりあるサポーターの溜飲を下げておき、
なんとなく良いイメージで終わらせた社長は、相変わらず曲者だ。
ホント、最後にプシューっとガスが抜かれているのが判って、笑いを禁じ得なかった。
仕事をするものとして見習いたいものだ。
[PR]
by dbl-h | 2011-01-22 22:58 | 最近の1枚
夕暮れ梅田望楼景 #2
the view at dusk from Hankyu Grand Building (2)
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO)


昨年10月に再び毎日更新しようと復活させた本ブログも、それから3ヶ月になろうとしている。
ぶっちゃけ、ここまで毎日更新が続くと思わなかった(^^;)
以前は、こんなに毎日更新記録は続かなかったし(笑)
毎日更新→1〜2日忘れる→更新が不定期になる→しばらく間が空いて思い出したように更新再開、の連続だった。

こんなに続けられたのは、ひとえに GXR を買ったからだろう。
何度も書いてるが、あらゆる不満はあるけど、ちょっとした時に、それなりに撮る気にさせてくれる。
GXR を買ってなかったら、またこんなに長く途切れずに、このブログを更新できてはいなかっただろう。

と同時に、毎日更新のためとは言え、しょーもない写真ばっかり載せていることに時々疑問を感じるし、
おおよそ糞写真の羅列で、罪悪感すら感じる時がある。

このブログが写真ブログなんて烏滸がましいことは言えないし、
だからこそ、こんな意味不明の雑記?が増えて、写真を毎日1つ載せるだけの雑記ブログにしてしまう。
写真で語れるほどのモノが撮れないしね。

正直、毎日更新するたびに、これで良いのか?とも思うが、
考えて立ち止まっても仕方ないので、ひとまずは、できるだけ毎日更新を続けていこうと思っている。
[PR]
by dbl-h | 2011-01-21 22:00 | 昨日今日の1枚
夕暮れ梅田望楼景 #1
the view at dusk from Hankyu Grand Building (1)
(GXR + A12 28mm F2.5)

梅田32番街からの梅田風景。
新しい大阪駅の外観は、新北ビル(NORTH GATE BLDG.)も含めて完成した。
あとは内装を中心に、5月の完成を待つばかりになっている。

そして、この後にはまだ梅田北ヤードという広大な空間の再開発が待っているし、
茶屋町地区もチャスカ茶屋町(安藤忠雄設計・日本最大級のジュンク堂書店入居)に続いて、まだ幾つものビルが建設されている。
大阪駅から北は、阪急3番街以外は何もなかった時代とは様変わりである…
[PR]
by dbl-h | 2011-01-20 23:10 | 昨日今日の1枚
the refrection of the building (2)
the wall reflection of the buildings (2)
(PowerShot S90)

年末撮影@大阪駅前第二ビルにて。
[PR]
by dbl-h | 2010-01-04 09:53 | 最近の1枚
梅田北側夕景 (2)
the twilight at Umeda one day (3)
(PowerShot S90)

PowerShot S90 の良さの一つは、普通のコンパクトデジカメの風体であるにも関わらず RAW で撮れて、なおかつ RAW で撮ってもストレスが全くないこと。
だから、余裕のある 8GB SDHC メモリーカードを入れておき、RAW + JPEG で撮ることも少なくない。
しかし、PowerShot S90 の JPEG はかなり優秀で、自分で RAW から現像するより結果が良い場合も少なくない。
というのも、コンパクトデジカメではもはやデジタル補正は当然のことであり、S90 でも大きく補正がかかっている。
その補正がまた結構優秀であって、色収差、歪曲収差などが上手いこと仕上げられている。
RAW 現像、特に純正の DPP 以外では、このあたりの収差補正が内部パラメーターを元にかけられないので、意外と労多くして得るもの少なしになりがち。
もちろん、ラチチュードの狭いコンパクトデジカメだからこそ RAW 現像する意味がある場合も少なくないのだが、その場合は DPP をベースにするのがベストのようだ。
というか、まぁ普段から DPP を使ってる私だが、たまに ACR で最初からやろうとすると、S90 本来の無理な部分が出てきてしまって、言わば化粧美人のスッピンを見てしまって、あぁ見なきゃ良かった…なんてことになったりする。
デジタル補正は悪いことどころか、もはや当然やるべきことと言っても良いのだけどね(特にコンパクトデジカメでは)。
[PR]
by dbl-h | 2009-12-28 11:58 | 最近の1枚
ビルの狭間から見上げる青空
Sky in the skyscrapers
(E-P1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6)

大阪・梅田、駅前ビル界隈での何気ない1枚。
E-P1 にはパンケーキレンズが一番−写りを考えずに見栄えだけなら、やはり純正 M.Zuiko 17mm F2.8−が似合うと思うが、最近はパナソニックの14-45mm と一緒に持ち出すことも多い。
ズームの便利さもあるが、街中でこういうビル群で撮るとやはり写りの違いが一目瞭然になってしまう。
と同時に、しばらく E-P1 と付き合って行くなら、やっぱりオリンパス純正 14-42mm を購入しようかな…と、何度目かの躊躇いがまた出てきてしまうのだった。
シルバーのダブルレンズキットなのに、そのズームレンズが何故か黒ということ、既にパナの定評ある標準ズームレンズを持っていたからパンケーキレンズキットにしたのだが、予約時からシルバーの標準ズーム単体を買うかどうかは迷っていた。
というか、発売前には amazon でシルバーの標準ズーム(14-42mm)を予約していた。
が、パナの標準ズームを使えば良いかと発売直前にキャンセルしたのだけど、やはり見栄えと、ほんの少しの(収納時の)短さを考えると欲しい気が今でもあったり…
amazon だと3割引と安いので、在庫が復活するたびに迷うのだけど、パナの標準ズームがあるのに敢えて2万6千円出すほどの価値があるのかどうか…悩ましい。
[PR]
by dbl-h | 2009-09-13 11:36 | 最近の1枚