タグ:梅田 ( 51 ) タグの人気記事
E-P1 日常スナップ (6)
cloudy summer's dusk @Umeda, Osaka 2
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

晴れたり曇ったり、夕方局地的集中豪雨、そんな今日。
月末で仕事が忙しく、結局1枚も撮れず。
よって、これも数日前の、特に意味のない1枚。
8月になったら本気出す。
いや、たぶん無理だけど、できるだけ毎日更新したいものだ。
というか、本気出しても出さなくても、こんなショボい写真しか撮れないけど。
[PR]
by dbl-h | 2009-07-31 23:57 | 最近の1枚
E-P1 日常スナップ (5)
cloudy summer's dusk @Umeda, Osaka
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

今日は久しぶりによく晴れた、そして爽やかさすら感じる良い日和だった…けれど、写真を撮る機会/時間がなかった。
昨日も午後からずっと大阪市内をウロウロしていたが、昨日は朝から、できれば一歩たりとも外に出たくないような異常な蒸し暑さで、E-P1 は持ち歩いていたが、とてもじゃないが写真を撮る気になれなかった。
そんな一日中エアコンが効いた場所を探したくなるような気候から、一晩過ぎたらいきなり「日本の夏もずっとこんな爽やかな暑さなら、夏が好きになるのになぁ…」という日だったのに、写真を撮らなかった/撮れなかったのは、やっぱりちょっと後悔気味。
最近サボリ気味なココだが、できるだけ1日1枚投稿しようと思っているけれど、それ以前に1日1枚写真を撮るところから始めないといけないかもしれないと思ったり。
そんなわけで、上記の写真は一昨日の夕方の何てことのない写真…orz
[PR]
by dbl-h | 2009-07-30 23:33 | 最近の1枚
E-P1 テスト撮影 (3)
E-P1 first test snap 4 (@DIRMOR Osaka)

E-P1 とパナソニックの LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 を組み合わせての撮影。
E-P1 購入前からパナソニックの現行レンズで唯一レンズ内手ぶれ補正のない 7-14mm F4 を、ボティ内手ぶれ補正のある E-P1 と組み合わせるのは良いだろうと思っていた。
そして実際組み合わせて使ってみると、かなり良い感じで使えるように思う。
単に超広角レンズで手ぶれ補正が効くようになるだけでなく、もっとレンズヘビーというかフロントヘビーになるかと思ったが、E-P1 が意外と重いのでボディとレンズのバランスも悪くない。
もちろん、7-14mm F4 はコンパクトなレンズではないので、E-P1 に付けた見栄えは決して良くないが、標準ズームとは違って鏡筒が伸び縮みするわけではないので、妙なことになるオリンパス純正 14-42mm よりは、見た感じがマシに思える(自分的には)。
そして何よりも 35mm 換算 14mm スタートという超広角の画角が、さらにコンパクトになった。
問題は 7-14mm F4 の画質の良さを E-P1 が引き出せていないというか、色収差の多さが、超広角という焦点域で、さらに強調されることが多くなったことだろうか…

【7/11 追記】等倍画像ファイルを見られるようにした。等倍画像は、こちらのページの「オリジナルサイズを表示」リンクからどうぞ
[PR]
by dbl-h | 2009-07-07 12:43 | 最近の1枚
iPhone 3GS カメラテスト (5) flickr アップロードアプリとか
the north area of Umeda, Osaka

iPhone 3GS から flickr に直接アップロードするアプリを「貼る蔵」から「flickit」に変更したので(どちらも無料アプリ)、アップロードサイズが 1600x1200pixels まで可能になった(flickit では、3サイズ選べるうちの最大サイズ)。
フォト蔵、Pisaca へのアップロードが可能な「貼る蔵」と違って、「flickit」は flickr アップロード専用だが、シンプルで動作も遅くなく、「貼る蔵」同様に複数毎同時アップロードが可能なほか、デフォルトのタグ設定なども可能なので、flickr 使いには便利なアプリ。
mobileme にアップロードするのと違ってオリジナルファイルをアップロードすることはできず、最大 1600x1200pixels までだが、個人的にはそれで十分。
特に昨年 Pro Account を止めたので、どっちにしても flickr で見られる最大サイズは 1024x678pixels だ。
それに iPhone 3GS も含めてケータイカメラを等倍で見ようとは、さすがに思わないしね…
写真は今までの記事とは、別の日になる。
真夏日でうだるような暑さの天気だったが、このシーンでは少しアンダーな露出になった。
が、昨日も書いた派手目と言うか濃いめの発色が、意外と良いと感じたり…
なんというか、レタッチ要らず、なんだよねぇ。
[PR]
by dbl-h | 2009-07-02 19:14 | 最近の1枚
LUMIX G Vario 7-14mm F4.0 テスト (6) 大阪駅新北ビル建設中
The new north building of Osaka Station under construction
(等倍画像は、こちらのページから「オリジナルファイルを表示」をクリック)

長く続いているJR大阪駅全面改装工事(大阪駅開発プロジェクト)も、あと2年で完成。
目玉である新北ビルも基礎工事が終わってからは、どんどん上へ伸びていっている。
この写真も含めて 、LUMIX G Vario 7-14mm F4.0 テストとして載せてきた写真は全て RAW 撮影→ACR (Adobe Camera RAW) で現像している。
ACR 上で露出やトーンを若干弄っているが(Photoshop は不使用)、収差補正などは一切していない(デフォルトのまま)。
まずまずである中心部の解像感が周辺までビシッとしているわけではないが、色収差はほとんど目立たないし、歪曲もあまり目立たない。
DMC-G1 ボディの値段はもちろん、ダブルズームキットの値段をも遥かに上回るレンズ値段だが、10万で 14mmスタートの超広角レンズとしては納得できるレベルだと思う。

【追記】LUMIX G Vario 7-14mm F4.0 の雑感については、別ブログの「LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0:超広角を気軽にする only one な存在(前編)」という記事にまとめました。
[PR]
by dbl-h | 2009-05-12 13:09 | 最近の1枚
LUMIX G Vario 7-14mm F4.0 テスト (2) 梅田茶屋町
in front of Umeda LOFT
(等倍画像は、こちらのページから「オリジナルファイルを表示」をクリック)

デジタル補正を積極的に取り入れているマイクロフォーサーズ(パナソニック)なので、このレンズもそれなりのデジタル補正をしていると思われる。
それでも、オリンパス ED 7-14mm F4.0 やニコンの 14-24mm F2.8 のような収差の少なさ、周辺部の流れの少なさはなく、それらと比べると“それなり”。
もっとも価格は2〜3倍近く違うし、サイズ、重量もそれくらい違うから、それらのレンズほどの性能がなくても、十分納得できるレンズだ。
それに、同価格帯のキヤノン 17-40mm F4L と比べてみれば、画角がずっと広いにも関わらず収差は断然少なく、周辺部の流れも圧倒的に少なく、10万円の超広角ズームとしては破格とも言える性能に思える。
あとはボディ側で、このレンズを生かせるだけの画質を出せれば良いのだが…
[PR]
by dbl-h | 2009-05-05 23:57 | 最近の1枚
LUMIX G Vario 7-14mm F4.0 テスト (1) 梅田茶屋町
Chayamachi Applause tower and MBS Building
(等倍画像は、こちらのページから「オリジナルファイルを表示」をクリック)

35mm換算 14〜28mm という超広角ズームとしては信じられないくらいコンパクト&軽量なレンズ。
ミラーレスでフランジバッグが短い、マイクロフォーサーズの利点が十二分に生かされたレンズと言える。
オリンパスの ED 7-14mm F4.0 やニコンの 14-24mm F2.8 ほどの圧倒的な画質ではないけれど、まず満足できるもの。
むしろレンズに対してボディ側が負けている印象がある…が、このあたりはまた明日以降に。

【追記】LUMIX G Vario 7-14mm F4.0 の雑感については、別ブログの「LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0:超広角を気軽にする only one な存在(前編)」という記事にまとめました。
[PR]
by dbl-h | 2009-05-04 22:55 | 最近の1枚
ある日の梅田にて、日没
the sunset at the north of Umeda, Osaka
(等倍画像は、こちらのページから「オリジナルファイルを表示」をクリック)

LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 テスト撮影。
綺麗な夕陽がビルの谷間に消えて行く。
[PR]
by dbl-h | 2009-05-03 23:53 | 最近の1枚
そろそろ桜も終わりなので、遅ればせながら桜の写真でも… (1)
Cherry blossoms blooming in the area with large buildings

まだ咲き始めの頃、大阪梅田のビル群の谷間にて。
背景のビルは、大阪マルビル。
[PR]
by dbl-h | 2009-04-13 23:39 | 最近の1枚
梅新南交差点・昼休み時
at Umeshin-Minami crossing


ビジネス街の昼休みらしく、昼食にとりに外へ出たサラリーマンやOLが行き交う。
[PR]
by dbl-h | 2008-09-14 23:51 | 最近の1枚