タグ:美瑛 ( 13 ) タグの人気記事
夏の美瑛 by E-P1 (9)
E-P1 Test Shot @Biei, Hokkaido 15
(就実の丘から伸びる道 by E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

今月号のカメラ雑誌には、先月号に続いて E-P1 を大きく取り上げている雑誌がいくつかあった。
先月もそうだったが、その E-P1 に対する取り上げられ方を見るたびに、DMC-G1 発売の頃と比べて、なんだかなぁ〜な思いにとらわれる。
両方買って使ってみて思うのは、少なくとも技術的なブレイクスルーは、半年以上前にリリースされたDMC-G1 の方が多い。
技術的なブレイクスルーだけでなく、使い勝手も含めて多くの点で E-P1 は DMC-G1 に比べて半年以上あとに出たにも関わらず、後じんを拝していると感じる。
それでも E-P1 には本来マイクロフォーサーズに期待されたコンパクトデジカメ的なパッケージングと、オールドスタイルなデザインがあり、はっきり言えばそれだけで注目を浴びている。
にも関わらず、DMC-G1 よりずっと派手に取り上げられていることも多く、老舗のカメラ雑誌などは DMC-G1 に対してスルー状態だったのに E-P1 にはエラく力を入れている。
別にそれが悪いと言うつもりはないし、爺向けの雑誌と考えれば当然だとも思う。
けれど、両者を使って“デジタルカメラ”として考えた場合の DMC-G1 の先進さを十分感じる人間としては複雑だ。
私みたいな初心者に毛が生えているかどうかも判らない人間ではなく、カメラ雑誌の作り手ならば、そのことはもっと理解しているはずなのに。
そういうのを見ると、真面目にデジタルカメラを作っているわりには評価が低いパナソニックを応援したくなる。
そんな気がした、夏の午後。
[PR]
by dbl-h | 2009-07-18 13:36 | 最近の1枚
夏の美瑛 by E-P1 (8)
E-P1 Test Shot @Biei, Hokkaido 14
(これも有名すぎるセブンスターの木。何の変哲もない木なんだけどね… E-P1 + M.Zuiko Digital 17mm F2.8)

発売から2週間。
それなりに持ち歩いて、使ってきた。
使い方のパターンとしては2つ。
旅カメラとして DMC-G1 との2台体制が一つ、普段持ち歩くカメラとしてコンパクトデジカメ代わりに E-P1 だけの場合がもう一つ。
コンパクトデジカメ代わりに普段持ち歩くカメラとしての評価は、また項を改めるとして、旅カメラとして DMC-G1 との2台体制で持ち歩くのは、今まで書いてきた通りベストマッチであった。
ただ、旅カメラとしても、2台体制ではなく1台を選ぶとしたら…DMC-G1 を選ぶことになる。
E-P1 は選ばない理由は、やはり鈍重な AF や撮影スタイルから、確実に被写体が制限されるからだ。
もちろん、スローライフな感じで写真も撮る人にはむしろ E-P1 が良いのかもしれない。
けれど、私は違う。
撮りたい時に素早く、できるだけ撮りたいものを逃がしたくない。
そうなると E-P1 が1台だけでは心もとない。
撮影スタイル的に、望遠レンズを手持ちで使うのも難しく、その点が制限されることも含めて、やはり私にとってはサブカメラでしかない。
DMC-G1 や上級一眼レフとのペアだとキレイに使い分けができるので、すこぶる相性は良いのだけどね…
[PR]
by dbl-h | 2009-07-17 12:41 | 最近の1枚
夏の美瑛 by E-P1 (7)
E-P1 Test Shot @Biei, Hokkaido 13
(E-P1 + LUMIX G. VARIO 7-14mm F4.0)

DMC-G1 を望遠レンズ込みで三脚に据えていたので、全体的な雰囲気のスナップを E-P1 で1枚撮った時のもの。
夜明け前で暗かったが、E-P1 の強力な手ぶれ補正で、まずまずブレずに撮ることができた。
とはいえ、ISO400 &状況スナップなので黒潰れを避けて階調オートで撮ったため、等倍でみると暗部には酷いカラーノイズが浮きまくってる。
が、ここまで縮小すると目立たないので、プリントしても 2L くらいまでなら十分有りかもしれない。
ちなみに、この日の天気は良くないのが判っていたが、同行した友人がどうしても行きたそうだったので、午前2時半に起きて、夜明け前に美瑛の丘の上へ。
ご覧の通り、予想通りの曇り空。
ただ、水蒸気が多いせいか、丘の下には霧が溜まっていた。
初秋に晴れた時のようなクリアな感じ、夜明け後に霧が上がって行く感じは当然なかったけれど、何もみられないよりはマシだったかな、と。
どうせファーム富田へ行くのに早起きをしなければならなかったので、早起きするなら2時半でも4時5時でも大差なかったかもしれない。
(ファーム富田は一大観光地なので、ラベンダーの時期は朝から人が多いため、写真を撮るなら早朝に行くのがベスト)
[PR]
by dbl-h | 2009-07-15 13:30 | 最近の1枚
夏の美瑛 by E-P1 (6) 階調設定による暗部の変化比較
E-P1 Test Shot @Biei, Hokkaido 3 (gradatioin setting compare 1)

上の写真が、「階調設定:標準」による撮影である。
マニュアルによれば、この「階調設定:標準」は推奨設定となっており、通常は「標準」に設定下さい、と書かれている。
にも関わらず、E-P1 のデフォルト設定では「階調設定:オート」になっている。
E-P1 の初期設定では、手ぶれ補正が OFF であるなど数々の謎設定があるのだが(手ぶれ補正 OFF はオリンパスの伝統らしいが…アピール項目を出荷時で OFF とか頭おかしい?)、これも言ってることと、やっていることがチグハグで理解に苦しむ。
そんなデフォルトの「階調設定:オート」で撮った写真が、以下の写真。

E-P1 Test Shot @Biei, Hokkaido 4 (gradatioin setting compare 2)

暗部が補正されて、だいぶ浮き上がっていることが判る。
逆光のシーンでは効果的な場合もあるだろうが、この補正具合は一切調整できない。
まさにオートであり、良きに計らえ状態である。
そして、このサイズまで縮小すると目立たないが、補正によって暗部はノイズもかなり浮き上がっている。
下の草地よりも、雲の暗部にノイズが目立つようになってしまって、個人的には調整が利かないこの機能は(ごく限られた状況以外は)使えないと感じている。
もう少し大人しく補正してくれるなら(もしくは補正弱モードがあったなら)使うこともあっただろうが、結構効きは強い。
E-P1 は決して初心者用とは思えないどころか、どうみてもマニア向けなのに、この機能の調整すら許さないとは納得できないものだ。
ちなみに「階調設定:標準」でも、ごく弱く補正はかかるようだ(こちらは違和感ないレベル)。
[PR]
by dbl-h | 2009-07-14 10:44 | 最近の1枚
夏の美瑛 by E-P1 (5)
E-P1 Test Shot @Biei, Hokkaido 11
(四季彩の丘にて。E-P1 + M.Zuiko Digital 17mm F2.8)

E-P1 を語る時に、必ずと言っていいほど槍玉に挙がる M.Zuiko Digital 17mm F2.8 パンケーキレンズ。
E-P1 とペアで使われるべく開発された象徴的なレンズで、広告にも必ず使われているのだから、セットで語られても仕方ない面はあるが、17mm F2.8 パンケーキレンズで撮った画像で E-P1 の画質を語るのは本質的ではないと思う。
それに元々パンケーキレンズ自体が画質を追求するようなレンズでもないし、この M.Zuiko Digital 17mm F2.8 も周辺部の画質は結構厳しいとはいえ、中央付近はまずまずであり、軽量&サイズ重視のお気軽スナップ用として考えれば、目くじらを立てるほどのものか?と思う。
確かに過去のオリンパスのレンズ群からすれば落ちるものはあろうし、それを基準にしている人から見れば批判の対象なのかもしれないが、実用性との兼ね合いを考えれば、そう貶めるほどのものかは疑問だ。
もっとも、そうは言いつつも画質については、パナソニックのパンケーキレンズの方に期待を寄せたいと思っている訳だが…
むしろ問題とするならば、この程度のレンズを単品で5万弱の値付けをしたり、それがボディとのセットだと+2万という価格になり、さらにファインダーまで付くという、理解に苦しむ(おそらくレンズ単品で買わせない)価格設定だろう。
いずれにせよ、画質は決して褒められたものではないが、かといって用途を考えれば貶すほどのこともない、レンズ交換式カメラに使うものだという理性があれば、普通に使えるレンズだと思う。
[PR]
by dbl-h | 2009-07-13 12:34 | 最近の1枚
夏の美瑛 by E-P1 (4)
E-P1 Test Shot @Biei, Hokkaido 9
(四季彩の丘にて。E-P1 + LUMIX G. VARIO 7-14mm F4.0)

DMC-G1 と E-P1 の2台体制で旅した北海道では、
 ・E-P1 には、超広角ズーム(LUMIX G. VARIO 7-14mm F4.0)またはパンケーキレンズ(M.Zuiko Digital 17mm F2.8)
 ・DMC-G1 には、望遠ズーム(LUMIX G. VARIO 45-200mm F4.5-5.6)
というボディ・レンズ組み合わせがメインとなった。
標準ズーム(LUMIX G. VARIO 14-45mm F3.5-5.6)については、必要があれば E-P1 ないし DMC-G1 に随時付けて…という感じであったが、さほど標準ズームを付ける機会はなかったし、付けるとすれば DMC-G1 の方が多かったように記憶している。
購入前から E-P1 とパナソニックの 7-14mm F4 超広角ズームの組み合わせはマッチすると思っていたし、購入日のテスト撮影の記事でも書いたが、実戦投入しても使い勝手は良かった。
カメラバックを持っているということで、E-P1 にしてはアンバランスに大きく重めのレンズを付けても収納性を気にすることもないし、撮る時のバランスは左手でレンズを支えられるのでパンケーキレンズを付けている時よりずっと良い。
何よりパナソニックの現行レンズでは唯一レンズ内手ぶれ補正がない 7-14mm F4 だから、ボディ内手ぶれ補正のある E-P1 はそれを補ってくれるし、また水準器が内蔵されていることも更に 7-14mm F4 との相性を抜群にする。
超広角で撮ったことがある人なら、超広角域の画角では水平を出すのが非常に難しいと判っているはずで、それに対する補助があるのは本当に心強い(水平を出せば良いというものではないけれど…)。
[PR]
by dbl-h | 2009-07-12 19:00 | 最近の1枚
夏の美瑛 by E-P1 (3)
E-P1 Test Shot @Biei, Hokkaido 8
(四季彩の丘にて。E-P1 + LUMIX G. VARIO 7-14mm F4.0)

気軽な旅カメラとして愛用してきた DMC-G1 に、E-P1 という相棒を得て、気軽な2台体制で北海道へ向かった。
2台体制で気軽も何もないだろう、と思われる人も多いかもしれないが、EOS-1D Mark III に白レンズを持って行くことを思えば、E-P1 が増えたくらい誤差みたいなものである。
向かう先が夏の北海道となれば、どうせレンズは一通り持って行くわけで、パナソニックの LUMIX G. VARIO 7-14mm F4、14-45mm F3.5-5.6、45-200mm F4-5.6 の3兄弟が勢揃い(加えてオリンパス M.Zuiko 17mm F2.8 パンケーキレンズも)。
描写の質はともかく、35mm換算 14mm の超広角から 400mm の超望遠域までカバーするレンズ群をフルサイズで揃えて持って行くことを思えば、2台体制だろうが何だろうが気軽以外の何物でもなく、これこそマイクロフォーサーズならでは、だと感じている。
EOS 5D に Kiss Digital N の2台体制で、EF 17-40 F4L、24-105 F4L IS、70-200 F2.8L IS or/and 100-400 F4.5-5.6L IS を持って行ったことに比べるとね…(一人で写真を撮りにいくなら、今でも似た体制で行くのだが)
DMC-G1 と E-P1 の2台にレンズ4本、さらに予備バッテリー1本ずつにブロワーやフィルターなどのアクセサリー類、そして VAIO type P などを入れても、中型バックに余裕で収まる。
VAIO type P がなければ小型バックにも収まるくらいで、そのサイズにはいつもながらに驚いてしまう。
そして E-P1 のスリムなボディは、E-P1 だけを持ち出す時だけでなく、他のカメラ、レンズ群に E-P1 が1台増えても、収納を含めて気にならない、苦にならない。
そして2台体制で、レンズ交換の手間が省けたり、撮影状況によって臨機応変に使い分けることができる。
DMC-G1 と E-P1 の組み合わせは、レンズ交換式カメラの2台体制としてこの上なく気軽なコンビだ。
[PR]
by dbl-h | 2009-07-11 11:35 | 最近の1枚
夏の美瑛 by E-P1 (2)
E-P1 Test Shot @Biei, Hokkaido 1
(有名すぎるケンとメリーの木 by E-P1 + LUMIX G. VARIO 7-14mm F4.0)

E-P1 はパンケーキレンズとのセットで、シルバーを購入した(売れていて、どこもないとか言われているけど、7/10 午前現在 amazon だと在庫持ってる店もあるようだし、パンケーキセットでもホワイトなら amazon 本体が在庫ありになってる)。
パンケーキレンズと標準ズームのダブルレンズセットは、ボディがシルバーに対して標準ズームがブラックというチグハグさなので、パス。
標準ズームだけ別途シルバー単品で予約していたが、こちらの方は購入前にオリンパスプラザで散々試し、実写画像を持ち帰ったりして考えて悩んで、結局予約をキャンセルした。
その理由は、既に持ってるパナソニックの標準ズームと比べて、

  • 収納時に鏡筒の長さが3分の2と(2cm 短く)なるのは魅力的だったが、ロックしての収納が少し試しただけでもウザかったので、それについては利点欠点相半ばだった

  • ボディが E-P1 でも DMC-G1 でも、AF 速度がパナの標準ズームより確実に遅かった

  • 細かい点はともかく、全体的にパナの標準ズームに比べて描写の良さを実感しなかった


ということがあったうえ、いくら2台体制と言っても、同じような標準ズームを2台持っていても仕方ないかな?と思った次第(描写を比較して、あーだこーだと言うつもりもなかったしね)。
もっとも E-P1 を長く使っていく中で、見栄えを考えてシルバーの E-P1 にはシルバーのレンズの方が良いかねぇ…と思えば、いずれ買うこともあるかもしれない。
見栄えと収納時の 2cm の差のためだけに、3万近く出すのは微妙すぎるが…
[PR]
by dbl-h | 2009-07-10 11:25 | 最近の1枚
夏の美瑛 by E-P1 (1)
E-P1 Test Shot @Biei, Hokkaido 2
(E-P1 + LUMIX G. VARIO 7-14mm F4.0)

E-P1 発売直後に北海道へ行ってきた。
無論、北海道行きは(私の旅にしては珍しく)早くから決まっていたことで、E-P1 がその直前に発売されるということで、E-P1 を速攻予約・発売日購入した次第だ。
買ってすぐに持って行って試せる、と。
というのも、今回の旅は「夏の北海道が初めて」という友人を連れて行くのが目的だったから、そう真剣に写真を撮るということもないだろうし、飛行機写真を撮れるとは思ってなかったので、メインの 1D Mark III は持って行かず、DMC-G1 だけで行こうと思っていた。
そこに E-P1 が旅行直前に発売となれば、DMC-G1 & E-P1 の2台体制で行ける!と。
DMC-G1 & GH1 の2台体制も考えたことはあったが、やはりキャラが被りすぎだし、E-P1 なら G1 & GH1 よりコンパクトに2台体制ができる。
これはもう、旅カメラの2台体制としてはベストな組み合わせだと思った次第。
そして、まずまずその想定通りに“良い感じ”のマイクロフォーサーズ2台体制になったと思うし、E-P1 でもう少し撮るのが楽だったら…という点を除けば、うまく補完し合える2台だと感じた旅だった。
[PR]
by dbl-h | 2009-07-09 11:31 | 最近の1枚
LUMIX G Vario 7-14mm F4.0 テスト (5) 美瑛
view from Hokuei area in Biei town in early spring
(等倍画像は、こちらのページから「オリジナルファイルを表示」をクリック)

美瑛町北瑛地区をロケハン中、曇り空から晴れ間が見えたのでテスト撮影。
相変わらず風景を何も考えずに漫然と撮ったダメ事例。
とはいえ、DMC-G1 + LUMIX G Vario 7-14mm F4.0 は合わせて 700g 未満であり、コンパクトな一眼レフ+キットレンズと比べてもサイズ的に変わらない。
それでいて 14mm スタートの超広角が気軽に撮れてしまうだけに、お散歩超広角スナップなんていうことが可能な希有なカメラと言える。
[PR]
by dbl-h | 2009-05-08 12:22 | 最近の1枚