タグ:車窓 ( 9 ) タグの人気記事
待つ人・行く私
outside of train window
(PowerShot S90 / 28mm 相当 / のぞみ99号@岡山駅)

PowerShot S90 / 現行S95 はコンパクトカメラの中では画質は良い方であり、特に高感度には強く、
ダイアルコントロールなど使い勝手も悪くなくて、PASM 各モードを始めコントローラブル、
AF は速く、AF-C もコンパクトにしては速くて実用になる上、
28〜105mm の通常使用域をカバーしていて、十分コンパクトなサイズ。
それでいて、今なら3万円強とリーズナブル。

といった、ある意味キヤノンらしい優等生機。
GXR や X100 といった APS-C 機と比べると、どうしようもない差があるけれど、
「コンパクトカメラ」としては、すこぶる優秀で気に入っている。
不満があるとすれば、レンズの歪曲収差くらいだろうか。

ぶっちゃけ、コンパクトカメラでここまで長く愛用したのは初めてだ。
だいたい、買った時には満足していても1年くらい経つと不満が出て、使わなくなって放置したり売ってしまったりを繰り返してきた。
1年半以上経っても、頻繁に持ち出して愛用しているのは PowerShot S90 が初めてだ。

昨年登場した後継機 PowerShot S95 は、S90 の不満点の多くを解消して、
さらに画質も良くなり、高感度に強くなってるし、ハイブリッドIS や HDR もあって、正直羨ましい。
が、マイナーチェンジなことはマイナーチェンジだったので、買い換えなかった。

それだけに今秋出てくるであろう新モデルには期待している。
撮影素子はきっと定評ある現行の 1/1.7 1,040万画素CCD を継承してくれるだろう(コンパクトカメラで現状これ以上に良い素子がないし)。
望むのはレンズの改良だ。明るい F2.0 スタートのレンズをこのサイズに収めてくれているのは良いが、
さすがにもうちょっと頑張ってほしいな、と思う。
もしくは望遠端を広げて欲しい(時流的には 24mm スタートだろうが、個人的には要らない)。

もちろん、画質の向上が望めるなら新素子を採用して欲しいところだけど、
下手に変更して「新モデルの方が画質が今イチ」なんてことは、コンパクトカメラでは往々にしてあることだからねぇ…

実を言うと、とある高倍率コンパクトカメラが欲しいとは思っているのだが、
画質でガッカリするのは判っているので、それを理由に衝動買いを押し殺している。
今秋の PowerShot S95 後継機を期待しながら…
[PR]
by dbl-h | 2011-05-30 23:36 | 昨日今日の1枚
特急「ふじかわ」車窓
train window@JR Minobu line (2)
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

盆に甲府へ出張した際、始めて旅カメラを E-P1 だけで運用した。
コンパクトデジカメを持って行くことを考えれば、E-P1 だけで十分なのは当然なのだが、今まで旅カメラだった DMC-G1 と比べると、どうしても撮れる範囲が狭まる。
高速な AF、ファインダーのある DMC-G1 に比べると、E-P1 は完全にコンパクトデジカメの代わりとしての撮影範囲に留まる。
とはいえ、DMC-G1 より少しでもコンパクトなのは事実だから、どっちを持ち出そうか、家を出る前まで悩んでいた。
が、結局 E-P1 だけを持ち出してみることにした。
DMC-G1 ではなく E-P1 だけを持って出て一番の心配事は、車窓がちゃんと撮れるか?というものだった。
DMC-G1 の高速かつ(照度があって AF-S なら)比較的安定した AF だと、車窓を撮る時でも安心して撮れていた。
問題は E-P1 の、コンパクトデジカメ並みに鈍重とは言わないまでも遅く、少しでも条件が悪いと迷いがちになる AF で、高速で走る車内からの景色をストレスなく撮れるかどうかだった。
結果は、まずまず不満ないものだった。
天気が悪く条件が良くないシーンも多かったせいか、DMC-G1 と違って AF が迷ったり遅い場面は少なくなかったが、新幹線からの車窓も含めて、実用上さほど不満はなかった。
デジタル水準器もあるし、コンパクトデジカメよりは満足して撮れたように思う。
ただ、やはり DMC-G1 との AF の差は感じる。
感じるけれど、とりあえず出張時の旅カメラなら E-P1 でも構わないか…というくらいには感じられた。
[PR]
by dbl-h | 2009-08-29 11:01 | 最近の1枚
瀬戸大橋線車中から (5)
the tanks of COSMO OIL Co.'s Sakaide oil factory

窓を通して(しかも電車やバスの窓はたいていキレイではない)撮ってることもあって、被写体ブレを避けられるシーンでも多少解像感は落ちるので、シャープ系のフィルター強めでレタッチしてしまうことが多い。
色補正も多めに入れることが多いし、気をつけていても車窓を撮る時には斜めって角度補正したり…
結果、レタッチ多め、線も太くなりがちになってしまうが、個人的には車窓機窓の場合、それはそれで仕方ないか、みたいに思っていたり。
じっくりというわけにもいかないし、見た目キレイに撮れればオッケーかな、と。
それに DMC-G1 は元々コンパクトデジカメみたいな絵だし、レタッチ耐性低めなので、多めに手を入れるとどうしても、よりコンパクトデジカメ風になってしまう…
写真は、コスモ石油坂出製油所を瀬戸大橋上から撮影。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-12 11:17 | ちょっと前の1枚
瀬戸大橋線車中から (4)
view from Great Seto Bridge

車窓を撮る時には、窓の外の風景にピントをきちんと合うようにすることが重要なのは言う間でもないが、その点においては DMC-G1 は扱いやすい。
一つは、照度のある中で AF-S にて撮っている限りは、コントラスト式AF とは思えないほど迅速で、なおかつ精度の高い AF があるということ。
車内機内からの撮影で、このコンパクト・軽量さで迅速かつ精度の高い AF を搭載しているのは非常に心強い。
もう一つは、光学ファインダーではなく EVF ならではの MF アシスト。
車内機内からの撮影の場合には、霞が強いなどの条件で AF が合い難い時がある。
その場合にはフォーカスリングを回すだけでファインダーが 10倍拡大してピントを合わすことができる MF アシストは、極めて便利に感じる。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-11 10:14 | ちょっと前の1枚
瀬戸大橋線車中から (3)
Yoshima Island and Seto Inland Sea

車窓を撮る際に気になるのが、自分や車内の蛍光灯などの映り込み。
条件によっては PL フィルターを使ってもある程度防ぐことができる場合もあるが、なかなか難しい。
また PL フィルターは1枚窓の場合には使えても、飛行機のような2重で特殊なガラスだと効果がない。
よって、愛用するのが以前も述べたラバーフード。
ゴム製のラバーフードを取り付けて、窓にレンズを押し付けて周囲の光が入り込まないようにして撮影する。
見た目は不格好だが、効果は絶大。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-10 20:33 | ちょっと前の1枚
瀬戸大橋線車中から (2)
Seto Inland Sea (Seto-Naikai) view from Great Seto Bridge

瀬戸大橋の上からの車窓。
冬晴れではあったものの、海上はそれなりに霞があり、また電車の窓を通してだったので、元画像からはそれなりに手を入れている。
DMC-G1 の画質は、フルサイズや APS-H のデジタル一眼レフの画質に慣れていると決して満足できるものではないが、元々高画質を望めない車窓機窓にはピッタリな感じだ。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-09 12:48 | ちょっと前の1枚
瀬戸大橋線車中から与島
Yoshima Island view from train window

ちょっと前の1枚、というには古すぎる今年初めの写真だが、冬晴れの日に日帰りで金比羅山へ行った時の一枚。
この頃はまだ DMC-G1 を使い始めて1〜2ヶ月といったところで、まだまだ使いこなせていなかったが、それでもかなりお気に入りになっていた。
飛行機からでも列車からでも、車窓機窓を撮るのが大好きな私だが、その時に使うのにピッタリなカメラが今までなかった。
車窓機窓を撮る場合には被写体ブレが起きやすいので、シャッター速度優先AE を使うことも多々あるのだが、コンパクトデジカメだとシャッター速度優先AE が使えるモノが少ない。
それにコンパクトデジカメだと、シャッター速度を稼ぐために少しでも感度を上げると画質が非常に悪くなる。
かといって、大きなデジタル一眼を常に座席に出しておくと、仕事その他でノートパソコンの一つも広げられず、そもそも出張などでデジタル一眼を持って行くのは微妙すぎる。
そんなエアポケットなところに上手くハマったのが DMC-G1。
デジタル一眼ほど大きくなく、標準ズームだけなら割と気軽に持ち出せるサイズと重量。
けれど、コンパクトデジカメとは違って撮影自由度はデジタル一眼並み。
動体相手は難しくとも、車窓機窓の撮影は被写体を追いかけるようなことはないから、まさに具合がいい。
今に至るまで、この半年、機窓車窓を撮るたびに DMC-G1 を買って良かったと思っている。
[PR]
by dbl-h | 2009-06-08 12:46 | ちょっと前の1枚
春真っ盛りなのに、季節外れな冬の写真を投稿してみる (4)
f0169811_23412178.jpg


1月中旬の富士山を新幹線車中から。
本当に今年の冬はどこの山も雪が少なかった…

ちなみに、今まで flickr にアップした画像を貼り込んでいたが、Excite Blog にアップして貼り込んでみるテスト。
最大 500KB だが、50% 縮小して JPEG 圧縮率を程々にすれば収まる感じですな。
今どき、最大 500KB というのも珍しいくらいだが…

なんだ、これ…
投稿時に表示サイズ指定しても、ブログ上では一定以上のサイズでは表示されないのか…
Excite Blog はホントに妙な制約とか癖が強くて萎えるなぁ…
[PR]
by dbl-h | 2009-04-12 23:45 | ずっと前の1枚
画質満足、操作性最悪
the Kofu basin view from train

DMC-G1 を買う少し前の昨年10月末、安売りしていた富士フィルム F100fd を買った。
F100fd は DP1 を買う前の昨春にも有力な購入候補だったが、店頭で触って操作性の激悪さに、ある程度対応力があるつもりの私も、これはムリ、と買えなかった。
それでも画質的には気になっていたので、発売当初4万円以上していたのが、半値以下になったので買ってみた。
そして実際に使ってみても、画質は(コンパクトデジカメとしては)満足、操作性は最悪すぎて、どれだけ罵詈雑言を並べても足りない。
特に露出補正のやり難さは最低中の最低だ。
でも、GR Digital → DP1 と続いてきた 28mm 単焦点から久しぶりにズームになって、これが持ち歩きカメラになってしまい、結局 DP1 を売ることにしてしまった…
[PR]
by dbl-h | 2009-04-04 11:37 | ずっと前の1枚