タグ:錦帯橋 ( 5 ) タグの人気記事
錦帯橋を歩く #2
walking in the arch (Kintai Bridge)

GXR を使ってきて、色々と“本来こうあるべき”“これくらいあって然るべき”と思う不平不満は多けれど、無闇に多機能を望むことはない。
が、唯一「GXR に似合うかどうか判らないけど、あれば良いのに…」と思うのが、バリアングル液晶。
たぶん GXR を使い始めて1ヶ月で、「バリアングル液晶があれば…」と思ったのは、10回や20回ではない。

別にローアングル大好きでもないが、いつも持ち歩いてる超小型三脚代わり「Modopocket」を使うと、バリアングル液晶が欲しくなる。
錦帯橋の上では Modopocket を使ったわけではないが、やはりこういう構図を考えたら欲しくなる。
というか、こういう構図は誤解されやすいゆえ、一瞬かつ一発で撮りたいから、ちゃっちゃと、でもファインダーをパッと見て決めたいのだ。

DMC-G1 と E-P1 両方を持ち歩いていた経験からすると、バリアングル液晶はコンパクトの方がより使い勝手が増すように思う。
でも、バリアングル液晶にすると本体が重たくなって分厚くなってしまうから…
というのは SONY NEX が打破してくれた。
期待してないが、リコーにも頑張ってもらいたいものだ。
[PR]
by dbl-h | 2010-11-25 22:40 | 最近の1枚
錦帯橋を歩く
walking in the Kintai Bridge

どうにか工夫ある錦帯橋写真を撮ろうとして 30分、河原で格闘しつつも制限時間で断念し、300円払って錦帯橋を渡る。
橋のたもとの料金所は長蛇の列であった。
橋上の人数制限をしているわけではなさそうだが、結果的に料金所が関所となって、その役割を果たしていた。
といっても、橋の上では人の多さにウンザリした。

そして、外から見れば美しい錦帯橋も、橋の上を歩けば、ただの歩き難い橋。
あまりの人の多さもあって、情緒も何もない。
足下の階段が変則的な分、気をつけないと軽く踏み外してしまいそうだ。
[PR]
by dbl-h | 2010-11-24 20:33 | 最近の1枚
木造連続アーチ橋「錦帯橋」
Kintai Bridge over the Nishiki River

錦帯橋を見て、一工夫ある写真を撮ろうと思いつつも諦めてきた図。
時間もなかったし(それでも1時間もいてしまった)、センスもないし、考えもないし。敗退。
岩国城は敢えて隠れるように撮っているが、山の左手にはロープウェイ乗り場が見える。

木造連続アーチ橋である錦帯橋を見て、写真の構図を考えるとともに、頭に最初に浮かんだことは
「え〜と…どういうパターンで人が乗ると、アーチに応力が一番かかるんだっけ?」
という、むかし橋梁力学の習ったことを思い出そうとしたことだった。

思い出せなかったけど(^^;)
[PR]
by dbl-h | 2010-11-23 22:17 | 最近の1枚
ここにあると見映えするだろ?と復元された岩国城
Kintai Bridge and Iwakuni Castle

錦帯橋に着いて、最初に撮った写真の一枚。橋のたもと近くから。
錦帯橋も良いけど、気になったのは錦帯橋の背後、山の上にある岩国城(横山城)。
最初に撮りなくなった構図。GXR + P10 で 135mm。
せっかく連続アーチが綺麗な錦帯橋に来ているのに、いきなり縦構図で望遠切り取りするのは、善くも悪くも自分だな、と思う。

おまけに、岩国市の思う壷、である。

この岩国城が復元される際に、錦帯橋からの見映えを考慮して、本来城があったと推察されていた場所から少し違う位置に建てたことは有名だ。
しかし、そういうことが判っていたとしても、在り来たりな写真だとしても、やっぱり錦帯橋と岩国城の組み合わせは良いね。
[PR]
by dbl-h | 2010-11-22 21:31 | 昨日今日の1枚
錦帯の影
the shadow of Kintai Bridge

今日は所用で広島の先、山口県は岩国のもうちょっと先…に行く途中に、プチ観光ということで、錦帯橋に。
20年ぶりくらい2度目。カメラを手にするようになってからは当然お初。
限られた時間で、何とか自分なりに納得する構図でも見つけるかと思ったが、討ち死に。
最後に、こういう感じが唯一写真になりそうで、もうちょっと形を付けたかったが時間切れ。

それにしても凄い人出だった。
橋のたもとで撮っていた時から人あたりしそうだったが、橋を往復する間の人の多さにウンザリした。
といっても、今日は日曜、行楽日和、飛び石連休…条件が揃いすぎるほど揃っていたのを忘れてた。
[PR]
by dbl-h | 2010-11-21 23:13 | 昨日今日の1枚