タグ:A12 50mm F2.5 MACRO ( 59 ) タグの人気記事
知床斜里駅・斜里町・斜里岳
Shiretoko-Shari Station and Mt.Shari-dake
(GXR + A12 50mm F2.5 / ホテルグランティア知床斜里駅前)

先日の北海道旅行2日目、宿泊したホテルの部屋の窓から。
すぐ前に知床斜里駅の駅舎(の上半分)と、斜里町の街並み、そしてその奥には斜里岳がそびえる。

オホーツク側から見える斜里岳は、いつ見ても美しい。
この稜線を眺めると、あ〜知床近くに来たなぁ…と、いつも思う。
夏も冬も、本当に綺麗な稜線だ。

さて、1週間ぶりにメインブログの方の記事を更新した。

iPad 2 を 3G モデルに買い換えて良かった唯一絶対の理由

このところメインブログの更新頻度が落ち気味だが、まぁそうそうネタがあるわけでもないので仕方ない。
なでしこ優勝の記事をよっぽど載せようかと思ったが、なんか最近雑記みたいな記事を書けない雰囲気になってきたからなぁ…
ガンバが優勝したら一も二もなく、全てのブログで喜びを書くけど(笑)
[PR]
by dbl-h | 2011-07-19 23:59 | 最近の1枚
コマーシャル写真のような子猫たち
the kittens
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / トリミング)

ある日、家を出ようと思ったら、門柱に子猫が2匹。
まるでコマーシャル写真のように並んで、座っていた。

思わず、おおおおお!?という感じで、とりあえず持っていた GXR + A12 50mm で一枚。
もうちょっと近寄って撮りたくて、ゆっくりゆーーーっくりと近づこうとしたが、半歩踏み出したら半身になり、
もう半歩静かに近寄ろうとしたら逃げていった。
なんだよ、ったく…

近所で飼っているのか野良なのか知らないが、最近うろついている黒猫の子どもっぽい。
元々猫には懐かれない属性のようで、親猫は全く近寄ろうともしないし、近寄ってこなくて問題ないけれど、
ちょっとこの子猫たちは反則すぎて、懐かれたいぜ…無理だけど。

で、もう一度くらい見てみたいと思ったけれど、
動物嫌いのうちの家族は、さっそく門柱に剣山みたいな猫避けグッズを置いたので、
もう二度とこういうシーンは撮れないだろう。まぁ別にいいけど。

猫は別に嫌いではないし、こういう写真のような子猫を見ると可愛いことこの上ないのだけど、
犬と違って避けられ属性があるようで、常に逃げられるから、逆に何かムカつくんだよね。
だからこそ、向こうも「ヤツに何かされる」と思って逃げるんだろうけど。
まぁこれは、猫と相性の悪い私が、奇跡的に撮れた一枚だろう X-)
[PR]
by dbl-h | 2011-07-18 23:21 | 最近の1枚
釣り人
the anglers near Echizen Cape
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 越前海岸 潮吹岩 銭ヶ浜駐車場)

なでしこTV観戦のために仮眠して、それから素晴らしい試合を観戦していたら、すっかり昨日のブログ更新を忘れていたので
朝になってしまっているけれど、昨日付で更新。

ちょっと琵琶湖畔あたりでお茶をするつもりが、海を見たくて敦賀まで来てカフェへ。
となれば、その後は夕暮れ近い越前海岸を軽く流しつつ北上。
そして、越前岬近くの潮吹岩まで行って休憩。

写真はその潮吹岩で釣りをしていた親子。
豆アジが入れ食い状態だったようだ。

しばらく潮吹岩にいて、その後は越前そばを食べるべく、日没を待たずして越前海岸を離れた。
武生近くのそば屋で越前そばを食して帰路についた。
予定外のドライブになったが、気分転換になる 300km ほどの軽い半日ドライブは楽しかった。
[PR]
by dbl-h | 2011-07-17 23:59 | 昨日今日の1枚
♪シーサイド・ロード
Echizen-Kohno Shiokaze Line (Road)
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 越前・河野しおかぜライン@喫茶 翌檜)

今日は元々青春18きっぷでも使って、甲府へガンバ vs ヴァンフォーレを観戦しに行く予定だった。
が、北海道行きが ANA のストのおかげで1週間強延期になって、先日帰ってきたばかりだったので、今週末は自重することにした。
甲府へ青春18きっぷで行けば、最低1泊することになるし、まぁサッカー観戦だけでは終わらないことになるのは明らかだったし。

と思いつつも、ウダウダと朝まで迷っていたけれど、あーだこーだ言いつつも午前中は自宅で作業していて、
それでも真っ青な夏空が見えている上に、twitter のタイムラインやリスト上では
甲府への遠征ツイートや、ほうとうその他の写真が乱舞し、その他の人たちもあちこち出かけているツイートが並んでいた。

となると、意志の極めて弱い私は、ちょっと気分転換にお茶するくらいは良いだろうと、午後から出かけることにした。
まぁ琵琶湖畔でちょいと友達とお茶して、んでもって宵の口には戻ってくる…そんなはずだったのだが。

気がつけば敦賀の先でお茶していた。
まぁたしかに湖じゃなくて海を見ながらお茶したいとは言ったけれど…
敦賀や越前あたりなら、ちょいと午後からドライブするのに適度な距離ではあるのも事実だが…

というわけで、写真はその喫茶店「翌檜」から。
敦賀から越前海岸へ向かってすぐの、旧・河野海岸有料道路(一昨年に無料化されて現在は越前・河野しおかぜラインと呼ばれる)沿いにある高台のカフェ。

まぁ眺望は抜群。敦賀湾から越前海岸方面が一望でき、高台にあるから本当に文句なし。
夕陽が沈んでいくのも見える(けれど、店は午後5時まで)。

ただし、全くやる気が見られない店員の態度とか味とか、そういうのは全く期待しない方がいい。
驚くくらいの愛想とやる気の無さを受けるから、嫌な感じにすらならない(^^;)
眺望だけでなく、建物もログハウス造りで洒落てるから、これで普通にやる気を出せば完璧なんだけどねぇ…

とはいえ、眺望だけでも素晴らしいので、そこらの越前海岸沿い(R305) の昔ながらのショボい喫茶店に入るよりはマシだろう。
越前海岸は関西からは手軽な距離なので(ドライブに慣れてる人なら半日ドライブ、そうでない人なら軽い一日ドライブ)
機会があればお勧めしておきたい。
[PR]
by dbl-h | 2011-07-16 23:59 | 昨日今日の1枚
酷暑への飛行
flying over the side of the cumulonimbus
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 機窓@稚内→関空 / 兵庫県上空)

酷暑の大阪へ帰ってきた。
今日は夕方、祇園祭本番近し京都へ行ってきたが、京都はさらに蒸し暑い。
大学時代に通っていたから十分判っているが、夏の京都は地獄だ。

で、写真は昨日の帰りのフライト途中の機窓@兵庫県上空。
北海道から大阪への便は、伊丹行きだと北海道へ向かう過程と同じく北アルプスを越えるコースを取ることが多いが、
関空行きは日本海をずっと西へ行き、岡山県境に近い兵庫県西部を縦断して瀬戸内海へ出てから東へ向かう、そんな大回りコースを取る。

そして、夏の午後の兵庫県山中は積乱雲が多いエリアでもある。
ある程度の距離を飛ぶジェット機は成層圏に近い高度1万メートル付近を翔ぶが、積乱雲もまた成層圏あたりまで発達するので、
あちこちに沸き立つ入道雲を避けながらのフライトになる。
見てる方はちょっと楽しいが、パイロットは非常に気を使うフライトになる。

ちなみに、これがプロペラ機だとずっと高度が低くなるので、
積乱雲を避けて旋回を繰り返していくフライトの中、入道雲を上に見上げる形になる。
それはそれで結構楽しいフライトだ。

関西だと、伊丹〜但馬間の小型プロペラ機は、この積乱雲の巣の中を通って行くので、夏場はそういったフライトが楽しめることが多いが、
反面欠航することも間々あるので、軽々しくオススメはできなかったりする…
[PR]
by dbl-h | 2011-07-11 23:33 | 昨日今日の1枚
エブロ ノーザンロード・カー&おおなごフェスタ2011 @稚内北防波堤ドーム
EBURO Northern Road Car & Oonago Festa 2011 @Wakkanai
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO / 稚内・北防波堤ドーム)

昼過ぎの稚内空港発の飛行機で大阪へ戻ってきた。
ということで、今日は稚内のホテルをチェックアウト11時までいて、そのまま空港へ…のつもりだったけれど、
稚内港に面するホテルの部屋から眼下に見える北防波堤ドームを見ると、なにかイベントをやる雰囲気。

ググッてみると「エブロ ノーザンロード・カー&おおなごフェスタ2011」というのが開催されているようだったので、
10時過ぎにチェックアウトして、荷物をレンタカーに積んでから歩いて会場へ(徒歩2分くらいだ)。

着いてみると、カーフェスの方はクラッシックカーというよりも“昭和の懐かしの車”という雰囲気。
それでも「あー、高校生や大学生の時には、こういう車が…」という感じではあった。
ハコスカやケンメリもあったけれど、さすがにそれらになると自分たちの世代ではないし、Z31でも微妙だ。

そして、北防波堤ドームの先端では地方イベントらしい何とも言えない余興がステージで行われていて、ドームの脇には屋台が並んでいた。
また、フェスタの名前にもあるように「おおなご」をいただいて食した(美味かった!)。

それだけなら「地方のイベントを満喫して面白かった」というだけなのだが、
さらには海上保安庁の巡視船「れぶん」も横付けされていて一般解放されており、艦内あちこちを観て回ることができ、
説明をうけることもできたし、最後には記念品まで貰えてしまった。
艦内にある臨時ショップで思わずキャップを買ってしまったり(^^;

5日間の北海道滞在の最後に、たまたま楽しいイベントに出くわして、ボーナスステージを享受したような気分だった。
昨日に続いて今日も、朝のうちは雨が降っていたけれど、イベントを楽しんでいるうちに晴れてきて、
心地良い感じで北海道を離れることができた。

…なんてこともなく、今すぐ北海道に戻りてぇ〜〜〜
こんな暑いところで、ずっと過ごしてきたとは思えない。
無理だろ、こんな蒸し暑さ…

湿度と気温の差がありすぎる。
2時間半、ひとっ飛びするだけで十数度の気温の違い、そして湿度の違いは大きすぎる。
さっきまで半袖で少し涼しいくらいだったのが、関空に降りると半袖でも暑い。
一昨日の納沙布岬なんて 13℃でビュービュー風吹きまくって、長袖ジャンパー着ていてもガクブル、指先がかじかんでいたのにねぇ。

改めて……日本は広いわ。

P.S.
今年2月に来た時の北防波堤ドームは、こんな感じでした。
[PR]
by dbl-h | 2011-07-10 23:59 | 昨日今日の1枚
九州のちガンバ
Today 1: boarding to CRJ

朝5時半に起きて、早朝便の福岡行きに乗る。
また CRJ。
このところ結構 J-Air 便に乗ってるが、CRJ ばかりで E170 にあたらない。
早く乗ってみたい。

Today 2: the pylons - a country scene in Kyushu, Japan

福岡空港からは、郊外の辺鄙なところへ行ってました。

Today 3: shouting "Banzai !" three times after Gamba Osaka win
(全て GXR + A12 50mm F2.5 MACRO)

夕方18時からの、ガンバ大阪 vs サンフレッチェ広島@万博に間に合うように、大ダッシュで帰ってきました。
なんとかキックオフ 10分前に着席完了。
前節の 4-2 に続いて、今夜も 5-3 というガンバらしい馬鹿試合スコア(サッカーらしくないスコア)でしたが、とりあえず勝てて良かった。

そんな一日でした。
写真日記ブログらしい?今日の更新ということで。
さすがに眠さ Max でございます…
[PR]
by dbl-h | 2011-06-26 23:53 | 昨日今日の1枚
またまた京都(駅)
JR Kyoto Station today
(GXR + A12 50mm / 京都駅)

3日前に京都へ行っていたのに、今日もまた。
というのも、その3日前に京都へ行ったついでに買った WiMAX ルーター WMX-GWMR がイマイチ調子が悪く、
初期不良対応してもらおうということで、購入店の京都ヨドバシへ。

結果的に、その WMX-GWMR は昨日から販売停止になるほどの初期不良まみれだったらしく、
私の WMX-GWMR も交換ではなく返品、WiMAX の契約自体もなかった形で全て白紙撤回な感じに。
まぁ初物を買う人間の宿命、仕方ないとは言え、なんだかなーである。

んでもって、初期不良交換のためだけに京都へ行って、今回は久しぶりに GXR を持ち出した。
持ち出しただけ、適当に駅前で何枚か撮っただけ、であるが。

東本願寺あたりまででも散歩するかな?と一瞬思ったが、蒸し暑かったので止めた。
駅前ですら修学旅行生でごった返す季節だしね。
206系統に乗って大学まで行くのに修学旅行生でバスが満員でウンザリしたことを思い出す…
[PR]
by dbl-h | 2011-06-03 23:58 | 昨日今日の1枚
浜辺に咲く花と城
the flower blooming on the beach (with Karatsu Castle)
(GXR + A12 50mm F2.5 MACRO)

自慢にもならないが、花の名前に関してはサッパリ判らない。とにかく覚えられない。
ので、まぁハマヒルガオ?とか思うが、全く自信がないので、はてなマークでお茶を濁す…

昨日は午前中、福岡空港近くで飛行機撮りをした後、午後は迷った挙句、唐津へ散歩にしいった。
唐津城を見てサクっと帰ってくるつもりでいたが、結局市内練り歩きのあとに虹ノ松原まで行って、電車3駅分を大迂回しながら歩いた。
街を知るには歩くのが一番…だけど、さすがに車で回るようなコースだった。
ヒキコモリには、なかなか頑張ってしまった1日となった。

大きなレンズ&カメラやノートPC などは空港のコインロッカーに入れ、薄いレザーバック一つで散歩にしいったのだが、そこで思ったのは
iPad2 はやっぱり 3G が必要ということと
軽装時の旅カメラに GXR はちょっと合わないなぁ…ということ。

先日も少し書いたけれど、一眼レフなどに比べれば遥かに小さな GXR であるが、コンパクトカメラ1つに比べると、やはり大きい。
写真を撮ることが目的ならともかく、旅をすること、散歩が目的だから、どれだけカメラを気軽に出し入れして撮れるかは、大きなポイント。
特に暑くなってくると、あらゆる面倒になってくるから、GXR でも大きいなぁ…と思うことが出てきた。
(GXR を買ったのは昨秋だから、初めての夏、である)

先日 GF2 + M.ZUIKO 40-150mm F4-5.6 を購入したけれど、当初は高倍率コンパクトデジカメを買おうとしていた。
GXR に APS-C 素子採用の望遠・中望遠ユニットがないため、望遠用にコンパクトデジカメ画質の P10 ユニットをを持ち歩くくらいなら、
いっそ単体の高倍率コンパクトデジカメを持っていった方が効率的じゃね?と思ったわけだ。

一般的なコンパクトデジカメより GXR + P10 の方がコントロールの自由度、操作性は上だが、画質は差がないし
動体相手などに関しては GXR + P10 の補完になる部分もあるはず、と考えたのだ。
ついでにいえば、GXR と一緒に持っていった場合に、P10 にユニット交換しなくて済むメリットもある。
(一眼レフの2台体制と同じ)

結局、「どうせコンパクトデジカメだと画質で嫌になって使わなくなるだろうなぁ」と思い直して、マイクロフォーサーズに出戻ったわけだが、
GXR でもデカいと感じているような時にマイクロフォーサーズの出番もない。

そう思って、再び高倍率コンパクトデジカメを物色しようかとも思っているのだが、理想に近いのは手持ちの PowerShot S90 / S95 である。
このサイズ、機能、画質で高倍率コンパクトデジカメがあれば…と思うのだが、当然無い。
というか、1/1.7インチ CCD の高級コンパクトカメラは何機種も出ているが、300mm クラスまでカバーした機種はない。
S90 / S95 は 28〜105mm。もうちょっと望遠側が欲しいんだよねぇ…

などと思いつつも、今日のような写真を小さなサイズで撮れるのは、やはり GXR。
コンパクトデジカメでは、こんなボケにはならない。
まぁ最近は色々とカメラ内加工できるし、写真を撮るのが目的じゃないから、カメラ内加工でも問題ないのだけど…

GXR が自分の中での基準になってしまっているのも、また事実。
(だからマイクロフォーサーズの画質には旧来以上に不満を感じる)
困ったもんだなーと思いつつ、夏の旅カメラに相応しいものを探したくなった昨日の唐津散歩だった。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-17 23:52 | 昨日今日の1枚
とりぎんバードスタジアム
Torigin Bird Stadium
(GXR + A12 28mm F2.5)

Twitter でも iPhone から散々載せた写真なので、改めてここに載せるかどうかは迷ったが、
やはり今日の一枚といえば、これになるかな、と。
ここへ行くために、今日は午後から軽く鳥取までドライブしてきたのだから。

あ、今日と言っても既に日付は変わっているので、例によって昨日付の今日です。
現地で試合が終わったのが 21時前、シャトルバスに乗って駐車場へ行って、駐車場から出られたのが21時35分、
そこから大阪へ戻ると2時間ほどかかるので、厳密に当日の間には投稿できなかった。

今日はノートPC(主にMacBook Air)を持って行ってなかったが、先日 Eye-Fi Pro X2 8GB という、無線LAN 内蔵の SDHC カードを手にいれたので、
それを使って GXR の写真を iPad 2 なり iPhone なりに転送し、そこから Flickr へアップロードして本ブログに投稿する、
ということはできるのだけれども(似たことはテスト済み)、とっとと帰るのが先で全くやる気も起こらなかった。

そもそも、iPhone への転送はともかく iPad への転送なら Camera Connection Kit で SDHC カードを読み込ませた方が簡単確実だし、速い。
判っていて手に入れた Eye-Fi だったが、いざ使ってみると、色々とややこしいかったり、面倒だったり、鬱陶しかったり
なんというか使いどころが難しいというか、
「どこにどう使うと(一番)便利になるのだろう?」
なんて思案投げ首な状況である。

悪い製品ではないのだが、なかなか最適解が見いだせない。
自宅で物撮りなどをした際に自動転送させるのが一番便利なのかも…と思ったりする。

などと書いていたら、すっかり、とリスタのことやガイナーレのことを書く余裕が無くなってしまった。
それらについては、色々(特にガンバを取り巻く現状やクラブ運営との対比も含め)思うことは多々あるのだが、
それはまた別の機会に…
[PR]
by dbl-h | 2011-05-08 23:59 | 昨日今日の1枚