タグ:EOS 7D ( 120 ) タグの人気記事
街中のアプローチ
FDA's ERJ-100 approaching to Fukuoka
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM / 800mm 相当 / アクシオン福岡)

福岡の街をバックに着陸態勢のフジドリームエアラインズ (FDA) ERJ-170。
画面下に見える高速道路は、福岡都市高速2号線。
その奥、飛行機のすぐ下にあるフェンスの高架道路は、福岡都市高速5号線。

今や日本でこういった都市の街中を離着陸する空港を間近に撮れるのは、大阪/伊丹と福岡くらい。
こういう空港は(窓際で)乗っていても、撮っていても、ホント大好きだ。
ワンパターンでも、背景の都市風景を入れて撮りたい。

そして、この飛行機は関西では(首都圏でも)お目にかかれない FDA ことフジドリームエアラインズ。
静岡空港開港とともに設立された、新しい航空会社。
最初は静岡空港をベースに数路線のみ運行していたが、JAL が撤退した地方間路線を引き継いでいて、今や結構多くの路線を運行するになっている。
福岡空港への乗り入れも、静岡〜福岡、松本〜福岡を JAL から引き継いでいる。

FDA の機体は全てパステルカラーに彩られている。
1号機の赤に始まって、この2号機のライトブルー、3号機はピンク、4号機はグリーン、5号機はオレンジ。
日本の航空会社にはなかった派手さで、どれも小さな機体だけれども空港では目立っている。

ただ、目立つのは目立つものの、全機最新鋭とはいえ小型機の ERJ-170。
当然ロングショットでの狙いでは、超望遠力が必要になる。
大型機相手なら 400mm もあれば画面からはみ出るこの写真の距離でも、ERJ 相手では 800mm の超望遠でちょうど良い大きさになる。

飛行機にしろ、スタンドから撮影するサッカーにしろ、レンズを買い増して
望遠端を 400mm から 500mm に伸ばした 100mm の差、キャノン APS-C なら 160mm の差は、
思っていた以上に大きかった。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-27 23:22 | 最近の1枚
逢魔が刻を行く
fly into the dusk
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM / 390mm 相当 / アクシオン福岡)

曇り空ゆえに 18時半を回ってロングショットの撮影が厳しくなり、そろそろ撤収…の直前の一枚。
バックが綺麗な夕焼けなら…とは言うまい。
これはこれで、雰囲気的に個人的には嫌いじゃない。
ヒコーキ写真としては、箸にも棒にもかからないけれど…

しかし、こういうグレーな雰囲気は今の EOS Digital、DIGIC IV の絵作り的に、非常にノイジーになる条件でもある。
悩んだ挙句、ノイズリダクションのプラグインを使っているが、ISO 400 の条件で使うのは避けたいところだ。
通常の条件なら ISO 1600 までは全く余裕なのだけど、こういう条件は本当に苦手だ。

苦手といえば、最近主力レンズになっている SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM も、こういう条件の AF が頼りない。
条件が良いと AF の速度精度ともさほど不満はないのだが(デフォーカス時の AF やり直しの遅さは閉口するけど)、
条件が悪くなると、やはりお手軽超望遠ズームであることを露呈してしまう。
ま、安い超望遠レンズだから仕方ないけれど、こういう時は EF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM の方が AF の信頼性は高い。

ところで、いよいよボーイング 787 が試験飛行で日本にやってくることが決定したようだ。
「どんだけ待たせんだよ!」状態だったが、ファーストデリバリーは日本だから、試験飛行もとっとと日本でやるようだ。
伊丹や関空にも来るらしい。楽しみだ!!
[PR]
by dbl-h | 2011-05-26 23:29 | 最近の1枚
霞む街を発つ
ANA Wings's B737-500 in hazy dimmy sky
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM / 597mm 相当 / アクシオン福岡)

先日の福岡遠征時の撮影から。
まだ午前中の撮影なのに、陽炎と霞みで背景の福岡市街がドロドロ、ヒコーキもギリギリ撮れてる状況。
これからの季節は、ますます厳しい…

先週末から Adobe Photoshop Lightroom 3 を使い始めている。
Lightroom 自体は 1.0 になる前のβを長く試用し、その後も 2.0、3.0 になる際に試用しているが、どうも合わなくて買うには至らなかった。

今回、特別提供版というものが販売されて、Photoshop (Elements 含む) ユーザーには1万円強で販売されることになり、
そういう経緯を無視して、思わず買ってしまった。Adobe の思う壺である(^^;)

実際に数日使っているのだが、やはり自分のスタイルだと合わない部分が大きい。
といっても、現像に関しては非常に良いと思っている。
基本的に Photoshop の ACR (Adobe Camera RAW) と同じだが、より簡単にできる部分もあるので、楽といえば楽。

ただ、「写真の管理」という点で、私には合わない。
Lightroom は、写真の管理は全部俺に任せろ!タイプなので、
写真の管理は俺がフォルダ単位でやるから、お前は写真選択と現像だけやっとけ、という私とはぶつかる部分が出てくる。
Lightroom に依存すれば楽に使えるのだろうが、過去の経験上、Adobe に依存する部分はできるだけ少なくしたい(笑)

その点、Photoshop 付属の Adobe Bridge は、そういう人間に相応しい写真閲覧ツールである。
ただ、Bridge で写真取捨選択をするのは使い勝手がかなり良くないので、それだけに頼るわけにもいかない。
写真の取捨選択に関してはキヤノンの Digital Photo Professional が最も素早くできると感じているが、
キヤノン RAW 以外は非対応なので、今まで同時記録の JPEG を使って取捨選択→その後自作スクリプトで RAW ファイル処理、をしていた。

そのあたりを Lightroom で賄いたいなぁ…と思ってはいるのだが、相性の悪さは如何ともし難い。
ま、買ってしまったので、長く付き合って良い方法を見いだせたら、と思ってはいるけれど。

ちなみに、そんな Lightroom だが iPhoto で写真管理している人のアップグレード先には悪く無いと思っている。
特に iPhoto に加えて Photoshop Elements を買っていて、RAW 写真の管理・現像をもっと手際よく処理したい人には最適だ。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-25 23:57 | 最近の1枚
翌・青空だったらなぁ〜
ANA's B747-400D over Fukuoka City (Going around)
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM / 221mm 相当・若干トリミング済)

ゴーアラウンドで福岡市街地上空を南から北へ向かう ANA ジャンボジェット。
風が北向きの際には、サークリング・アプローチで福岡市街地上空を北から南へ飛ぶことはあるが、その逆は珍しい。
そして、そんな珍しい飛び方をしているのは、ANA ジャンボ。今日の狙い。

今日の行動は色々迷ったのだけれども、結局午前中2時間強は昨日と同じアクシオン福岡で飛行機撮り。
9時過ぎ到着、10時過ぎ離陸の ANA ジャンボを撮っておきたかった。
今春の JAL ジャンボ全機退役に続いて、ANA ジャンボももう長くはない。
撮れるときに撮っておかないと。そんな状態である。

そして、アクシオンにやってきて間もなく、ANA ジャンボはやってきた…が、いきなりゴーアラウンド。
アクシオンからは着陸機のアプローチが見えないため、山陰から滑走路上空にいきなり ANA ジャンボが出てきた時には驚いた。
(管制を聴くためのレシーバーは持ってこなかった)

驚いたけど、誠にラッキーだった。
迷っていたが、来てみるもんだ、と思った。
やはり行動を起こさないと、何も始まらない。

しかし、青空だったらなぁ…
薄曇りで霞んでいる状態では。証拠写真にしかならない。
残念すぎる…
[PR]
by dbl-h | 2011-05-16 23:42 | 昨日今日の1枚
青空だったらなぁ〜
ANA/ANK's B737-500 with Fukuoka City
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM / 460mm 相当)

今日は福岡に来ています。
朝イチの便で(というか JAL の伊丹〜福岡は朝晩1便ずつのみ…)福岡入りして、午前中はラウンジで仕事をして
昼に軽くヒコーキ撮りをした後、レベルファイブスタジアムでガンバ大阪 vs アビスパ福岡を観戦。
その後、日没前までまたヒコーキ撮りをしてから晩飯食ってホテル入り。

本当は日帰りしたかったのだけれども、一泊した方が6千円ほど安い!という事実があり、貧乏人はやむを得ず1泊2日のツアー2万円。
仕組みは判っていても、日帰りより一泊の方が断然安いなんて、まったく訳が分からないよ(by きゅうべえ)である。

そんなわけで、不本意ながら泊まっている博多の夜。
無闇に食い過ぎまして、胃が痛い博多の夜。
明日はどうしたものかと、悩む博多の夜。

本来なら、レベルファイブスタジアムの写真でも載せて、ガンバ大阪のことが中心になってもいい今日ですが、
まぁ色々ありましたので(ガンバは勝ったけど)そこらへんは、ほとぼりが冷めてからということで。

晴れ予報で、大阪出るときは良い天気、青空だったのに、こっち来たら薄曇りなんだもんなー。
がっかりだよ…
でも楽しい福岡空港ヒコーキ撮り :-D
[PR]
by dbl-h | 2011-05-15 23:59 | 昨日今日の1枚
陽炎、逆光…ええい、そこの VOR の丘、邪魔だ!(鳥取空港)
ANA's B737-800 @RJOR/TTJ
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OSM / 500mm 相当)

ま、判っていたけどね。ターミナルビルから RWY 10 着陸を撮影しようとすると、隣りの VOR の丘が邪魔だということは。
たぶん、ターミナルビルではベストポジションから狙ってもコレだから、VOR の丘の土手をクリアするのは難しい。

ターミナルビルからは夏場限定で別の狙いができそうなことは判ったし、全く別のポイントでのイメージもできたので、
それなりに収穫のあった鳥取空港ロケハンだった。
着陸機が20分ほど遅れたおかげで、とりスタへ行くのが予定より遅くなってしまったけど。

ちなみに鳥取空港は、零細地方空港なのに国内線ターミナルビルと国際線ターミナルが別れている、
思わず、生意気だなーとか思ってしまった(失礼!)。

実際には国際線ターミナルというのは、国際会館という扱いになっている。
でも、ちゃんと搭乗口もボーディングブリッジもあるのだから、気合入ってる。

もっとも、国際線はチャーター便しかないから(国内線も ANA の羽田便4往復のみだ)、普段は利用されていない。
それでも朝から夕方までは開いていて、送迎デッキにも行けるようになっている。
国内線側の送迎デッキは高いフェンスがあるが(撮影用の隙間はある)、国際線にはフェンスが殆どなく撮影しやすい(開放時間に注意)。

普段は何も利用されていない国際線ターミナル・国際会館は当然ガランとしているが、
微妙に蒸し暑い館内で何故か老夫婦がグルグルとウォーキングしていたり、
待合室的な場所のソファで本を呼んでいる人がいたり、なんとも微妙な空間を醸し出していた。

ともあれ、ガイナーレの応援にまた行くついでに、鳥取空港にも足を運んで撮影したいね。
といっても、飛行機の時間的になかなか難しいもんがあるのだけど…本気で撮るなら泊まりが必要だな。
[PR]
by dbl-h | 2011-05-09 23:33 | 昨日今日の1枚
the road under the summer blue sky
(EOS 7D + EF 24-105mm F4L IS USM / 38mm 相当)

アメリカにとっての 9.11 がそうであったように、日本も 3.11 が大きく変わる節目になる…かもしれない。
近年、諸手当のばら撒き財源の代わりとして、無駄な公共事業と切って捨てられた様々なモノの価値が見直される…かもしれない。

そう思いつつも、阪神大震災後の首都圏での忘れられ方は(2ヵ月後にオウム真理教事件があったとはいえ)酷いものだった。
今回は首都圏を大きく巻き込んで長期の影響が出ている分だけ違うだろうが、
事態が収束して数ヶ月、半年、1年、数年と経つうちに、喉元を過ぎれば状態にならなければいいのに、と今から思う。

日本の進む道は 3.11 で変わるのだろうか?
[PR]
by dbl-h | 2011-03-19 22:13 | ずっと前の1枚
ある夏の風景 - 2 / 行ったつもりで募金
in the Soya Hill #2 Windmill
(EOS 7D + EF24-105mm F4L IS USM / 64mm 相当)

昨日に続いて、夏の北海道・宗谷丘陵からの一枚。
モノトーンや暗い景色を載せる気になれないので、今日もこれでお茶を濁す。

プロ野球のセ・リーグは空気が読めないどころか、反社会的とも言えるナイター開催・ドーム開催を強行しようとしているが、
サッカーの方はJリーグ開催中止に続いて、首都圏での日本代表試合を中止し、代わりに大阪で29日のチャリティーマッチが決定済みだ。

さらに、J各クラブ同士のチャリティーマッチも決まり始めていて(練習試合をする必要もあるだろうし)、
ガンバ大阪も27日にヴィッセル神戸とのチャリティーマッチが決定、
加えて様々なチャリティー活動が行われることを本日発表した。

私自身、ガンバがチャリティーマッチを行うという話が出てきた時から色々考えていたが、
明日発売のチャリティーマッチのチケットを買う代わりに、募金することにした。
チャリティーマッチのチケット代とチャリティーTシャツ分、それらを合わせた金額を再び日本赤十字に寄付した。

既に日本赤十字やらiTunes Store 経由やら、ポイント、マイルの類も出来うる限り出しているので、
今の生活レベルだとそろそろ限界なのだけど、“ガンバは別腹”なので(笑)、どうせこういうのは行ってしまうから、
チャリティーで「収益」を寄付されるくらいなら、“行ったつもり”で直接寄付した方が良いかな、と。
そんな思いがずっと拭えなかったので、明日のチケット発売で迷う前に行動しておいた(^_^;)

もちろん、チャリティーマッチをやる意味はあるし、大勢の人が見に行ってチケット完売、満員となって盛り上げて欲しい。
過去に書いたように、非被災地ではできるだけ日常を行うべきだからね。

ただ、個人的に、まだ“サッカーを楽しむ”気分になりきれないのも事実。
先日の ACL のように、公式戦ならばサッカーを楽しむこととは別に、“ガンバを応援する”ことに迷いはない。

逆に言えば、“ガンバを応援”できても“サッカーを楽しむ”気分になれないので、チャリティーマッチなら“行ったつもり”で寄付することにした。
それに、直接寄付した方が、少しでも金額が多いのは明らかだからね。
今は自分の楽しみより、1円でも多く寄付したい気分だ。

Jリーグ再開後も、経済基盤が整ってるガンバ大阪はともかく、できるだけ J2 クラブのスタジアムへ足を運びたいと、より一層思う。
被災されているクラブはもちろんのこと、そうでない J2 クラブも、多くは経済基盤が弱いから、震災の影響は小さくないだろう。
京都や東京みたいな J2 でも大きなクラブはどうでもいいが、地方のおらが町のクラブが危機に瀕するのは哀しい。
私は、ガンバがずっと好きだが、それと同じくらい各地域に J クラブがあることが好きだから。
[PR]
by dbl-h | 2011-03-18 22:57 | ずっと前の1枚
ある夏の風景
in the Soya Hill #1 Windmills
(EOS 7D + EF 24-105mm F4L IS USM / 38mm 相当)

被災地にはあまりに辛い真冬の寒波。
大阪でも雪降る日であった。
そして地震に端を発する“災害”は終っていないどころか、先が見えない。

なんかもう、載せる写真くらいは、冬や陰々滅々さを感じないものにしよう。
そう考えて、いつかの夏の北海道写真を載せてみた。宗谷丘陵である。

地震発生当初から時間が経ち、影響のある地域の人々には疲れと苛立ちが積み重なっていく時期だろう。
そんなこともあって、地震・原発に対することや、それへの対応についての思いを Twitter その他で書くのは、できるだけ控えめにしようと思っている。
と思いつつも、ついつい言いたくなるようなことはあるんだけど…

原発のことについても、いま東電や政府を責めたところで、何の益もない。
以前から〇〇と言っていたのに云々…みたいなことをネットやテレビで訴えかけてる人やリツイートしている人も多いが、
現時点では「だからなに?」でしかなく、野次馬と変わらない。
責任問題、過去の追求は事象が収束して、次の段階に移ったときに行うべきことだろう。

残念ながら、今はまだ、災害は現在進行形だ。
復興段階でもない。
被災を少しでも減らすべく対処の時だ。


[PR]
by dbl-h | 2011-03-17 21:47 | ずっと前の1枚
シーズン開幕!そして久しぶりの文句なしの完勝!!
IMG_4768epss
(EOS 7D + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM)
※規定により試合写真ならびに選手写真の掲載はできませんので、パッチワークモザイク加工の上、イメージ写真として掲載しています。

(今日のブログは、写真記ではなくサッカー観戦記になります ^^;)

今週末のJリーグ開幕より一足先に、今日からアジアのチャンピオン、クラブワールドカップの出場権を賭けた「アジア・チャンピオンズ・リーグ」(ACL) が開幕。
日本からは昨年Jリーグ上位3チームと、天皇杯優勝の4クラブが出場し、我らがガンバ大阪は4年連続5回目の出場となる。

待ちに待ったシーズン開幕!なのではあるが、それと同時に、不安の募る開幕でもあった。
ここ数年のガンバ大阪のお家芸になっている、開幕時には故障者続出のパターンがまた今年も。
センターバックのレギュラー2人は怪我で、高木和道は未だに離脱中。
ガンバ大阪、守備の要であるボランチでありキャプテンである明神も怪我で離脱中。
ガンバ黄金の中盤を担ってきた橋本は全治6ヶ月の重傷。
昨年のシーズンから続いて日本代表でアジア杯優勝を勝ちとったヤット(遠藤)は、遅い休暇明けで本調子には程遠い…

などなど、どうなっていくのだろう?今年もまた開幕直後から転け倒すのだろうか?
そんな不安が否が応にでも出てきてしまう今季初戦であった。
唯一の望みは、新戦力が活躍してくれることだった。
ただ、ここ1〜2年は新戦力の活躍具合が今ひとつだったり、活躍するまでに長い時間がかかっていたから…

という不安をぶちのめすかのような、まさに完勝だった!
5−1という“夢のスコア”もさることながら、とにかく新戦力が活躍しまくってくれた!
FWアドリアーノは、ガンバ初戦にも関わらず完璧に、イ・グノや宇佐美、二川とマッチして素晴らしい動きだった。
大学からプロに入ったばかりの CB金正也は、プロ公式戦初戦かつ連携に時間のかかるDF だったにも関わらず、十分代役をこなしてくれた。
同じく大卒でプロ初戦の SB藤春は、今季レギュラー候補だった下平から途中交代したが、明らかに藤春の方が良い動きをしていた。
二人の大卒選手がここまでできてくれたのは、素直に驚きだった。ガンバで即レギュラー候補になれるとは…

また後半押し詰まってから途中出場した MFキム・スンヨンの動きも素晴らしく、同級生イ・グノとのコンビワークは目を見張った。
最後に交代出場した MF横谷は評価できるほどの時間もボールタッチもなかったが、個人的には今年本当に期待している。

結果、5点とった選手は、武井、アドリアーノ、イグノ、二川、キムスンヨンと、バラエティに富んでいて、
なおかつ FW の選手がキッチリ取れてるのが何とも嬉しい。このところ FW に泣かされていたからね…

とにかく、スコアだけでなく、控え選手、特に新戦力の選手が活躍して完勝。
こんな試合、もう長らく見てなかった。
去年はJリーグ2位と言っても、本当に“たまたまの2位”だった。
スカっとした試合なんてあったっけな?と思うくらいのシーズンだった。

今年は不安にかられていたのに、初戦からこんな最高の試合を見せてくれて幸せだ。

でも、この幸せも土曜日に勝たなければ、何も始まらない。
Jリーグ開幕。そして、いきなりの大阪ダービー、セレッソ大阪戦。
これに勝ってこそ、今日の勝利も本当に喜べるものだ。

そして、今日からまた、ガンバ大阪に一喜一憂する日々が始まる。
今日は心のそこから一喜であったし、今後もできるだけ多く喜べる日があって欲しい。

また ACL 優勝したい!
そして CWC の感動を味わいたい!
今年こそ、年末にはバルサとガンバで馬鹿試合したいっ!

ガンバ大阪のシーズンが今年もまた始まった。
[PR]
by dbl-h | 2011-03-01 23:42 | 昨日今日の1枚