タグ:M.Zuiko 17mm F2.8 ( 27 ) タグの人気記事
地震の朝
at predawn @Kofu City, after the earthquake's happening
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

盆に甲府へ出張中、東海沖の地震があった。
夜明け前の熟睡の中、ホテルの部屋も身体も大きく揺さぶられた。
夢か?と思いつつも、阪神大震災の時の経験があったために、瞼が開かず寝ぼけて頭が働かない中でも、これは現実の地震だ…と感じていた。
甲府は震度4だったが、ホテルの7回だったせいか、それなりに揺れた。
揺れが収まり、テレビを点けるとともに時計を見ると5時を回ったところだった。
あの阪神大震災を思い起こさせる時間だった。
当然、予測されていた東海大地震か関東大震災の再来だと思ったので、東海地方や数日後に行く予定だった東京の被害が気になったが、幸いにも大きな被害がなかった。
それでも、阪神大震災の時の記憶がまだ薄れ切っていない私には、もはや寝ることはできず、なんとなく窓から夜明け前の空を撮っていた。
[PR]
by dbl-h | 2009-08-30 12:30 | 最近の1枚
特急「ふじかわ」車窓
train window@JR Minobu line (2)
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

盆に甲府へ出張した際、始めて旅カメラを E-P1 だけで運用した。
コンパクトデジカメを持って行くことを考えれば、E-P1 だけで十分なのは当然なのだが、今まで旅カメラだった DMC-G1 と比べると、どうしても撮れる範囲が狭まる。
高速な AF、ファインダーのある DMC-G1 に比べると、E-P1 は完全にコンパクトデジカメの代わりとしての撮影範囲に留まる。
とはいえ、DMC-G1 より少しでもコンパクトなのは事実だから、どっちを持ち出そうか、家を出る前まで悩んでいた。
が、結局 E-P1 だけを持ち出してみることにした。
DMC-G1 ではなく E-P1 だけを持って出て一番の心配事は、車窓がちゃんと撮れるか?というものだった。
DMC-G1 の高速かつ(照度があって AF-S なら)比較的安定した AF だと、車窓を撮る時でも安心して撮れていた。
問題は E-P1 の、コンパクトデジカメ並みに鈍重とは言わないまでも遅く、少しでも条件が悪いと迷いがちになる AF で、高速で走る車内からの景色をストレスなく撮れるかどうかだった。
結果は、まずまず不満ないものだった。
天気が悪く条件が良くないシーンも多かったせいか、DMC-G1 と違って AF が迷ったり遅い場面は少なくなかったが、新幹線からの車窓も含めて、実用上さほど不満はなかった。
デジタル水準器もあるし、コンパクトデジカメよりは満足して撮れたように思う。
ただ、やはり DMC-G1 との AF の差は感じる。
感じるけれど、とりあえず出張時の旅カメラなら E-P1 でも構わないか…というくらいには感じられた。
[PR]
by dbl-h | 2009-08-29 11:01 | 最近の1枚
夏の終わり、秋の始まり
the dusk of a certain day
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

購入直後どころか、購入前から散々批判的に感じてきた E-P1。
今でも不満は多いし、どこからどう見ても良いと思えるカメラではないけれど、発売日から2ヶ月近くの間ずっと、頑張ってできるだけ使ってくると、さすがに少しは手に馴染むようになってきた。
この秋〜冬に出ると言われる、パナソニックのコンパクトスタイルなマイクロフォーサーズ機(GF1?)やオリンパスの2号機(E-P2?)が、どのようなものになるかは判らないが、少なくとも GF1 に画期的な何かがない限り、しばらくは E-P1 で行こうかな?と思っている(DMC-G1 は勿論そのまま所有)。
というのも、EVF は絶対必要だと思っているけれど、ホットシューに付けるような外付け EVF なら使わないことに気づいた。
過去に GR Digital にしろ、DP-1 にしろ、外付けビューファインダーを付けた試しがない。コシナの 28mm ビューファインダーは持ってるけど、全く出番がない(E-P1 パンケーキレンズキットのファインダーは一度も使ってない)。
EVF ならビューファインダーと違ってパララックスがないから有効に使えるだろうけど、実際自分がどれほど外付け EVF を使うか、冷静に考えると疑問になる。
ああいうオールドスタイルな見栄えが好きな人には良いかもしれないが、私には見栄えが良いとは全く思わないので(はっきり言えばヲタクっぽいだけ)、スタイル的に外付けファインダーが好きというわけじゃない。
そして何と言ってもホットシューにファインダーを付けると、バックへの収納性が一気に悪くなる。
外付け EVF を付けるくらいなら DMC-G1 の方が、ずっとスマートだ。
と考えると、別に外付け EVF はどうでも良くなった。
使い勝手とか AF とか不満は多々あるけど(デザインも好きじゃないし、持ち上げられ方はどうかと思うし)、もう一回りコンパクトになるとか、画質が目に見えて向上したとか、そういうのがあるまで待っても良いかな、と思うようになった。
ま、他にも色々と新製品が出て、出費が嵩みそうな秋だしね。
…E-P1 を使い続けるなら M.Zuiko 14-42mm を買おうかと思うのだけど、それと同時に「品薄の間に売っちゃった方がいいかも…」なんていう内なる声もあったりするが(笑)
[PR]
by dbl-h | 2009-08-28 22:55 | 最近の1枚
久々に興奮した夜
Three cheers of pleasure after the victory
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

昨年アジアチャンピオンチームになり、さらに大型補強で今期Jリーグ優勝候補の筆頭にも挙げられていた我らがガンバ大阪。
色々理由はあるとはいえ、不甲斐ない戦いが続いていた。
特にホームで勝てない日々が続いたのは、応援する方にもストレスが溜まっていた。
7月になってようやく少しずつ勝てるようになってきたが、スカッとできるような試合をホームで見せてもらえなかった。
そして先週末の浦和戦も、悪い試合ではないものの 0-0 のまま引き分けで終わってしまうのかと思ったら…
ロスタイムに、劇的なバンの決勝ゴール。
試合後もずっと興奮しっぱなしのガンバサポーター(自分含む)だった。
特に相手がライバル浦和であるからこそ、余計に嬉しかった。
久々にホームで興奮できる試合を見た気がした。
今夜は超苦手の新潟アウェー戦だから、その前に載せておこうかと :-D

ところで今気づいたのだが、すぐ前の人が写真を撮ってるケータイというか、スマートフォンは何だろう?
iPhone ではないようだが、アンドロイド T-03A でもなさそうだし…気になる。
(かく言う私は E-P1 より iPhone でちょくちょく撮っていたけどね。レッズ戦で激混み必至だから 1D3 &長いレンズは持参せず)
[PR]
by dbl-h | 2009-08-19 13:48 | 最近の1枚
真夏の白川郷 by E-P1 (4)
Shirakawa-go Historic Village by E-P1 (5)
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

出張から戻ってきてバタバタとしていたら、更新をすっかり忘れてしまった。
五箇山、白川郷行きももう1ヶ月近く前の話になってしまった。
けれど、E-P1 より遥かに多くシャッターを切った DMC-G1 で撮影した分は、まだ全く整理が終わってないし、その前に行った北海道行きの分もまだ全部整理を終えていないまま。
4月に旭川で飛行機撮りした分は、ザッと見て出来の悪さに泣けて(自分の技量の低さにも凹んで)放置プレイになっている。
やらねばならない仕事は山積しているが、一つ区切りもついたし、お盆期間の残りはちょっと写真の整理でもしようかね…
2週間もすれば、また北海道へドライブしにいくことが、数日前に急遽決まったしねぇ。
ここらで整理しておかないと、手がつけられないほど未整理分が増えそうだ。
[PR]
by dbl-h | 2009-08-16 11:14 | 最近の1枚
真夏の白川郷 by E-P1 (3)
Shirakawa-go Historic Village by E-P1 (2)
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

出張してから急に台風が発生してやってきたり、阪神大震災の時を思いださせる時間の地震があったりと、仕事以外のイベントも色々あったりするなか、暑さにやられ気味。
五箇山・白川郷に行った時も、特に小さな盆地の中にある白川郷は暑さ全開で歩く気がしなかったことを、いま写真を見て思い出した。
出張先も昨日までは盆地で、蒸し暑さ全開だった。
ちなみに今回の出張も、お供は E-P1。
1〜2泊の出張予定ではなかったので、E-P1 よりは撮影シーンを選ばない DMC-G1 にしようかと悩んだし、出かける直前までスーツケースの片隅に DMC-G1 ボディだけを入れておき、どうしても E-P1 がダメだったら DMC-G1 と入れ替えよう…なんてことも思ったが、結局 E-P1 だけで来た。
当たり前だが仕事しにきているのだからね…
結論から言えば、ロクに撮ってないので(撮ってもちょっとスナップ)、E-P1 だけで問題なかった。
暑すぎて写真を撮ろうと言う気にもなれないし。
そのあたりはまたいずれ…
[PR]
by dbl-h | 2009-08-12 15:13 | 最近の1枚
真夏の白川郷 by E-P1 (2)
Shirakawa-go Historic Village by E-P1 (4)
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

出張して客先作業しまくり中のため、更新がなかなかできない状態。
でも、予定より1日早く作業完了しそうな勢いなので、明日か明後日は、ちょっと観光がてらプチ旅行でも…という時に台風がきてるわけで(>_<)
[PR]
by dbl-h | 2009-08-10 19:25 | 最近の1枚
真夏の白川郷 by E-P1 (1)
Shirakawa-go Historic Village by E-P1 (3)
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

さて、所変わって…と言っても同じ合掌造り集落で世界遺産の白川郷。
合掌造りといえば白川郷。
世界遺産といえば白川郷。
というわけで、五箇山とは比べ物にならないくらいの人が押し寄せている。
なるべく、押し寄せた観光客の人混みでごった返した、有りのままの状況を“出さない”ように撮っているけれど、それでもなかなか難しい。
というか、人大杉!で白川郷では全く撮る気が起きなかった。
おまけに暑くて暑くて、それこそ写真を撮ってる場合じゃないわ…という感じではあった。
まぁ、合掌造りを見たことがないの友人を案内&一眼レフを買ったばかりの友人に使い方レクチャーをしに来たわけだから、自分自身は写真をあまり撮る気はなかったけれど…
それにしても人が多かった(>_<)
[PR]
by dbl-h | 2009-08-08 11:30 | ちょっと前の1枚
五箇山・相倉合掌造り集落 by E-P1 (6)
Gokayama Aikura historic village by E-P1 (6)
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

全く関係のない話なのだが、小さな頃から花の特定がほとんどできない。
花の名前をなかなか覚えられない上に、花の名前と花そのもののマッチングが全然ダメ。
今はともかく、小さな頃から十代の頃は記憶力も認識力も人並み以上だったはずなのに、何故か花だけは今も昔も覚えられないでいる。
だから写真で花を撮っても、ヒマワリだのチューリップだのアジサイだのといった、極常識的な判り切った種類のもの以外は、全然判らない。
いや、女性の一般的感覚からすれば、常識的なところすら判っていないレベルのようだ…
iPhone のアプリケーションには、midomi という鼻歌を歌うと、かなりの高確率で(初見の人は概ね驚く)鼻歌で歌った曲の曲名を探り当ててくれる。
同じく Shazam というアプリケーションは、FM や街で流れている曲を聞かせると、同じようにその曲のタイトル、アーティストを検索して教えてくれる。
だから、そう花の写真を撮って送信すると、花の名前を教えてくれるアプリケーションがあったら、私みたいな人間にはさぞかし便利だろうと思うのだ。
十分実用になるものだったら、きっと千円や2千円(iPhone アプリではかなり高額の部類)は出してしまうくらいに欲しい…
[PR]
by dbl-h | 2009-08-07 12:49 | 最近の1枚
五箇山・相倉合掌造り集落 by E-P1 (5)
Gokayama Aikura historic village by E-P1 (4)
(E-P1 + M.Zuiko 17mm F2.8)

ずっと曇っていた天気が、相倉合掌造り集落の中を散策している間に晴れてきた。
この日は全国的に天気が不安定で、日帰り圏内でどこか晴れる可能性があるとすれば…と考えた末に、五箇山・白川郷界隈へ来たわけだが、見事正解だった。
この頃から白川郷を出る午後3時過ぎまでは晴れていたが、その後また曇り空。
関西から西はかなりの雨模様だったようだし、北陸や東海も天気が不安定だったようで、ホントこちらへ来たのは正解だった。
おまけに、その後も一応梅雨明けした今に至るまで、なかなか良い天気には恵まれないしね…
[PR]
by dbl-h | 2009-08-06 12:22 | 最近の1枚