タグ:P10 ( 54 ) タグの人気記事
ガンバのシーズンはまだ終わらない
The last game of this year at Banpaku Stadium

まさにクリスマス寒波の名前に相応しい、今シーズン一番の寒気がやってきた昨日今日。
予想最高気温5℃という中で、そして時折粉雪の舞うほどの寒さの中で、天皇杯準々決勝は行われた。
浦和相手に、ガンバのホームスタジアムである万博でやれることは大きなアドバンテージではあるが、
この酷寒の日に千里丘陵の吹きっ晒しの中で試合を見るのは、なかなかの難行ではあった。

寒さに震えながらであるから、90分の試合を見るのでさえ大変なのに、あろうことか延長戦。
ヒートテックもホッカイロも関係ないよ!という寒さなのに…

とはいえ、何とか勝った。前人未到の天皇杯3連覇へまた一歩近づいた。
W杯の時を思わせるヤット(遠藤)の見事な FK ゴールに、日本代表の未来を背負うであろう宇佐美の決勝ゴール。
延長戦で何とか勝った試合だったが、ガンバらしい華麗なパスワークも多くて、見所のある試合でもあった。

ガンバ大阪のシーズンは、まだ終わらない。
またオフが短くなってしまうが、ここまで来たら何としてでも天皇杯3連覇の偉業を、記録を打ち立てて欲しい。

次なる準決勝は、エコパスタジアムで清水エスパルスと対戦。
敵地静岡のアウェイゲーム、ガンバの司令塔ヤット(遠藤)の出場停止に加え、けが人もいるようで、ここが正念場だ。

……
勝利の余韻に浸りつつ、スタジアムから自宅へ歩いて帰っていると、渋滞している幹線道路にいる車から「すいませーん!」と声がかかった。
道でも聞かれるのだろうか?と顔を向けると「ガンバ、勝ちました?」という声。
ガンバのタオルマフラーを顔に巻いたまま帰っていたから、それを見て聞いてきたのだろう。
声の代わりにVサインを送ると、相手もガッツポーズ :-)
そしてお互い手を振って別れた。
見ず知らずの人と一瞬ではあったが、心が通じ合った時だった。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-25 23:50 | 昨日今日の1枚
月夜のイブイブ
The moon over Osaka City

陽が沈んでから2時間後、高速道路を走らせていると、都市夜景の奥に何やらうっすら赤いものが…
なんだ?と思って、よく目を凝らしてみると、月だった。
満月を少し過ぎてるが丸く、そして薄く、赤い月だった。

まるで一昨日見られなかった、皆既月食中の月の出の時に見られると言われていた、赤く薄く丸い月。
しばらく車を走らせて、高速道路上のパーキングエリアに止めることができた時には、すっかり月は昇ってハッキリし、赤みは消えていた。

ま、それにしてもリコーは GXR 用の 105mm か 85mm の APS-C 単焦点ユニットを作ってくれよー!
ホント、何度も書いてるし、これから何度も書くと思うけど、85〜105mm 前後の中望遠ユニットがないのは困る。本当に困る。
50mm では寄れない時に、P10 ユニットに頼らざるをえないのは辛い。

来年これが解消されないと、苛々が募りすぎて GXR を売ってしまう可能性は大いにある。
いくら画質が良くても、GXR を使って数回に1回は、このことでイラッとする X-(
[PR]
by dbl-h | 2010-12-23 22:54 | 昨日今日の1枚
つかの間の広島散歩 #4 見つめるべき事実
Hiroshima Atomic Bomb Dome #1

Hiroshima Atomic Bomb Dome #2

Hiroshima Atomic Bomb Dome #3

私自身は理想論や空論を振りかざす政治を支持することはないし、
こと国際政治に関してはパラーバランスや様々な抑止力の存在を認めて冷徹に行うべきものだと考えているが、
だからこそ、時々はここへ来て過去の事実を見つめるべきだと、学生の頃からずっと思っていて、それは今でも変わらない。

少し前まで東京在住も長かったこともあって、近年はなかなか訪れることができなかった。
だからこそ、所用までの時間的余裕がほとんどなくても、ほんの少しの合間に、やってきた。
きちんと対峙して、色々なことを見つめ、思い、感じることは無駄ではないはずだという思いとともに。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-22 22:22 | ちょっと前の1枚
つかの間の広島散歩 #3 紙屋町西
Kamiya-cho - Downtown of Hiroshima

広島の中心地、紙屋町付近にて。
ホントにちょっとした時間の合間、10〜15分程度の余裕しかなかったので、紙屋町から原爆ドーム周辺に行くのが精一杯だった。
またそのうち、もうちょっと落ち着いて街歩きしたいね。

公私ともどもバタバタしていて、メインブログの方はなかなか更新できていない。
このところ、こちらのブログも毎日更新するようにしているので、あっちもこっちも更新というわけにはいかないのだが…
どっちも適当場末ブログではあるが、ユニークユーザー数が1日4〜50人レベルのこちらを毎日更新して、
1日800〜1000人レベルの向こうを放置プレイするのも何ではあるけどね(笑)

ちなみに来年はちょっと twitter の比重を下げて、ブログの比重を上げたいな…と、世の流れに反したことを思っていたりする。
あと、ホームページは完全放置プレイ状態なので何とかしないとね。リンク切れ多数で放置してあるのはマズすぎる。
どちらにしても、垂れ流すことより、作ることに比重を置きたいと去年今年を思って反省したり。なんてね :-)
[PR]
by dbl-h | 2010-12-21 23:15 | ちょっと前の1枚
つかの間の広島散歩 #2 在りし日の旧広島市民球場
the old Hiroshima Municipal Stadium

昼ごはんを食べながらテレビをなんとなく見ていたら、旧広島市民球場の解体が今日から始まった、というニュースが報道されていたので、思わずこの一枚。

旧広島市民球場:解体工事、本格的に始まる

2ヶ月ほど前に、ここを通った時には「まだ残ってるんだなぁ…大阪球場みたいに何年か放置プレイなのかな?」なんて思っていたが、
次に広島へ行く時には、この風景もなくなっているのかもしれない。
もう、在りし日の写真、になるのかもしれない。

旧広島市民球場での試合観戦は、20年くらい前に一度だけ行ったことがある。
広島へなんとなく観光しに来た時に、なんとなくその場で思いついて、試合をやっていた日だったので、思いつきで見に来た。
どことの対戦だったかは忘れたし、試合内容も完全に忘却の彼方だが、当日券で普通に入って空いていたから、相手も不人気チームだったのだろう。

今は広島ビッグアーチには来ても、球場には来なくなった。
そのうち一度くらい、新しい広島市民球場「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」にも行ってみたいね。
特に野球が見たいわけではないが、スタジアムでの生観戦は、何のスポーツでも楽しいしね。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-20 20:52 | ちょっと前の1枚
つかの間の広島散歩 #1 広電広島駅
"Hiroden" Streetcars at Hiroshima Station

載せるタイミングがなかった、所用前に一瞬だけの広島散策から。
今年は何回か広島に行ったけれど、この時以外は本当に乗り換えだけだった。あとは通過するだけ。
久しぶりに、もう少しゆっくり広島観光してもいいかもなぁ…とは思ってるのだが、今さら広島観光だけに行くのも躊躇ってしまう。

それは広島に限らず、日本全国各県各都市全てがそう。
ほとんどは少なくとも一度や二度、行ったことがあるから、どうしても今さら…という思いがある。
と同時に、多くの都市は久しくきちんと見て回ってないから、温故知新ではないが、きちんと再訪して観て回るべきかもなぁ…と思ったりもする。
来年は近場から、ひと月一都市的に見てまわるのも良いかもしれない、なんて。

まぁ金欠を解決しないと無理だけど(>_<)
[PR]
by dbl-h | 2010-12-19 23:08 | ちょっと前の1枚
釣り人たち
The fishermans

少し前に撮った写真から。
GXR で撮った写真の中では割と気にいってる写真なのだが、A12 系ユニットではなく P10。
画質が良いことに越したことはないけれど、自分が気にいる写真を撮るのに画質は大した問題じゃないよなぁ…と思う一枚。

もちろん、P10 ユニットでは撮っても話にならない状況は幾つも経験していて、その度に A12 系ユニットの良さ・優位性も実感するけど、
高感度その他のどうしようもない条件は別にして、画質の差を追い求めすぎるのは危険だな…と自戒する。

先日もマイクロフォーサーズ時代の写真を久しぶりにレタッチして GXR + A12 系ユニットの画質の良さを再実感したけれど、
それをカメラの良さと錯覚したり、自分が満足する写真が撮れるかどうかに結びつけそうになって、プチ反省した。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-17 23:33 | ちょっと前の1枚
特別塗装機記録三題
ANA's GUNDAM JET at RJOO 1

今日は久しぶりに、空港で打ち合わせ。
打ち合わせ直前に、ANA ガンダムジェットが伊丹空港に少々遅れて着陸。
天気が悪かったのでメインマウントの EF システムは持って出ず(一応仕事だし)、GXR 一式のみ。
水蒸気多めの条件では GXR + P10 では昼間でも歯が立たず、置きピンだの何だのしても無意味。
だけど、ブログサイズくらいなら何とか。

JAL's ARASHI JET (view from the restaurant)

滑走路の見えるレストラン「収穫祭」に入って、昼飯を食べながら打ち合わせ。
ANA ガンダムジェットに続き、JAL 嵐ジェットもやってきて 17番スポットに入ったので、レストランの中から一枚。

JAL's WAKUWAKU ALOHA JET at dusk

日没前後に JAL アロハジェットが来るのは判っていたが、GXR しか持ってこなかったので、打ち合わせが終わったら帰る…
つもりだったが、空港内のカフェで2時間弱ほど仕事してから到着を待って撮影。
このくらいの暗さになると、GXR + P10 での滑走路撮影は“飛行機が写ってる”程度になるので、スポットに入ってから A12 50mm で撮影。
17番スポットに入ってくれれば良かったが、18番だったので 50mm では少々トリミング。

記録写真ばかりだが、1日で特別塗装機3機まとめて見られたということで。
特に珍しいわけではないが…記録写真でも何でも撮れる時に撮っておかないとねぇ。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-11 22:34 | 昨日今日の1枚
晩秋清水寺散歩 #2 清水の舞台・秋
A lot of tourists and students at Kiyomizu-dera main stage

もう少し、ごった返しているかと思った清水寺本殿舞台、いわゆる「清水の舞台」。
背景の木々を見て判るように紅葉のピークは過ぎてるし、平日ということもあり、普通に混んでる程度。

さて、昨日 GXR のマイクロフォーサーズ・マウントユニットの情報・写真が再度、噂サイトに取り上げられていた
写真自体はフェイクっぽいが、twitter でも書いたように、個人的にはオールドレンズやMマウント用のユニットなんか出すより
マイクロフォーサーズ用マウントユニットを出してもらった方がずっと好ましいし、GXR の未来が広がると思っている。

マニア向け、雰囲気買い向けの GR Digital と、値下がりだけが取り柄の R (現 CX )シリーズを中心に細々とやってるリコーだから
今後も細々と最低限生き長らえる状況で GXR もやっていくのかもしれない。
が、少なくとも、いま示されてるロードマップを見る限り、他社マウントユニットで、Mだの、Kだの、Cだの、M42だの
そんなマニア向けマウントを出したところで、GXR ユーザーが大きく増えることがないのは明白。

反面マイクロフォーサーズなら、マイクロフォーサーズにおける主流のカメラになることはまず不可能でも
一定のシェアを持ち始めているマイクロフォーサーズにおける選択肢の一つには成り得るし、そこでのサブカメラとしての需要も生まれる。
それに GR LENS ユニットという武器を持ってるのだから、マイクロフォーサーズの中での差別化はアピールできる。

既存ユーザーからしてみれば、リコーが開発でき得ないレンズをマイクロフォーサーズ用で代用することが可能になるだけでなく、
ユーザーが広がれば、その分開発リソースに余裕が生まれるというものだ。

もちろん、マイクロフォーサーズ用マウントユニットが出るとは限らないし、大きな期待はしていないが、そうあればいいな、と思っている。
レンズと素子が一体化したマウントユニットの意義だの何だのと言ってる、視野狭窄なユーザーの目を覚ますためにもね。

【追記】万が一、マイクロフォーサーズ用マウントユニットが来るとすれば、来年出ると言ってる新ボディと同時じゃないかと思っている。
マイクロフォーサーズ用でなくても、他社マウントユニットとの組み合わせを考慮して新ボディを開発しているように感じるのだ。
[PR]
by dbl-h | 2010-12-06 23:13 | 最近の1枚
晩秋清水寺散歩 #1 人溢るる坂
the way to Kiyomizu-dera temple, Kyoto

数日前、所用ついでに寄り道をして、どれだけぶりかも思い出せないくらいの清水寺へ行ってみた。
視覚的には、終わりかけでも遠目には見られなくもない紅葉に期待し、写真的には(撮るとしたら)人混みを撮ってみるか、なんて思いつつ、まず一枚。

随分昔になってしまった学生時代は京都の大学に通い、京都駅から三十三間堂、清水寺、八坂神社などを通るルートのバスに乗って通学していた。
だから、「この時期近づくべからず」は身を持って、それこそ嫌悪感が身体に染み付いていた。
その後も東京在住時代を含め、ちょくちょく母校へ仕事で行っていたから、紅葉時期にこのあたりに来ようとは露にも思わなかった。

けれども、数年前に所用のある学部が京都市内でも極めて僻地へ移転し、東山の観光地付近を通ることもなくなった。
喉元過ぎれば熱さを忘れる、ということなのか、ふと「久しぶりに京都の紅葉でも見とくか」と思った。
別に懐かしさとかは全くないが、日頃見ているブログのオーナーが何人も、わざわざ京都へ来て紅葉観光してるのを見たり、
twitter で鎌倉へ毎週のように行っていたりしている人を見て刺激されたのかもしれない。

ま、それでも所用ついででもないと、わざわざ近づきたいとは思わないのだけどね…
[PR]
by dbl-h | 2010-12-05 21:51 | 最近の1枚